更新日2021年2月26日

ページID882

 

ここから本文です。

「幼稚園入園!」(3歳2ヶ月、2016年4月)

4月に幼稚園に入園して約1か月が経ちました。親子ともにやっと慣れてきたという感じです。それはそれは予想していたのとは全く違って毎日がドタバタ(笑)。


無事に入園しました!

入園式では前を向いて座っていられないし、私が隣にいないと泣いてしまうし、しまいには「眠い・・」と横に寝転んでしまう始末。スタートからびっくりの連続でした。保育園の一時保育で親と離れることには慣れているし、楽しく通っていたので、「ママと離れる」のは大丈夫だろうな、と思っていましたが全然ダメ。登園から1週間は朝から泣いて家を出て、わたしから剥がされるようにして園に入っていく毎日。「○○先生のとこ行きたい」と保育園の先生の名前を毎朝言ってみたり、「幼稚園は嫌い!」と言ったり・・・。たくさん悩んで選んだ幼稚園だったのに、息子には合っていなかったのだろうか?と悩んでしまうこともありました。

少人数に2人の先生がついていた保育園とは違って、幼稚園の集団生活は今までとは環境が全く違います。また、保護者がいっせいに子どもを送り届ける風景も初めてで、息子だけでなく私自身も戸惑うこともありました。親子ともに保育園体質になっていたので、幼稚園という新生活に慣れず毎日クタクタ・・・一緒にお昼寝してしまう日も。こんな毎日、心身ともに親子で参ってしまうのではないかと考えてしまうほどでした。

1週間たち、2週間たち、3週間目くらいには、息子も泣くことはなく担任の先生のところに走っていくようになりました。自分の下駄箱に靴を入れ、自分のクラスに入っていく後ろ姿に毎日感動してしまいます。私も、毎朝、同じ顔に会い、なんだか私自身が新しい学校に入学したようで楽しい毎日です。朝と帰りの送り迎えは少し大変ですが、園の先生に会って話したり、いろんなママとお話ししたりするのは想像していた以上に楽しく、送り迎えありの幼稚園は、私たち親子には合っていたみたいです。


ますます食欲旺盛に。

真新しい、ちょっと大きめの園服に袖を通し、目が隠れてしまいそうなほどの帽子をかぶる姿は本当にかわいいです。「あのね~今日ね~」といろんなことを報告してくれます。「ママに見せたかった!」と小さな葉っぱをたくさんポケットに入れて帰ってきたこともありました。日に日に成長、毎日感動です。

やっと慣れてきた幼稚園生活、ここからが本番なのかもしれません。たくさん笑って時には泣いて、泥んこになって遊んで、思う存分楽しめますように!!

フリーアナウンサー・岡田 亜紀 記(2016年4月)


サッカースクールに通い始めました!


ママのハッピーバースデー。


動物も大好き


今年もプラレール博にいきました。

お問い合わせ先

所属課室:こども部子育て支援課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館3階)

電話番号:04-7168-1034

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています