更新日2021年2月26日

ページID864

 

ここから本文です。

「石垣島旅行へ行って来ました。」(1歳8ヶ月、2014年10月)

先日、2泊で沖縄の石垣島へ家族旅行に出かけました。
実は2年前に1度計画していたのですが、妊娠出産で行けなくなっていたのです。今回は息子も一緒、そして私の妹も加わり4人旅となりました。子連れ旅行には何度か出かけているものの、今回は今までより遠いこともあり少し心配も…。

海も怖がらずに楽しめました!

1番心配だった飛行機は、見てる分にはとても喜んでいたのですが、いざ飛ぶときは怖がり泣いてしまい、また落ち着くと今度は動きたくで仕方なく、相手するのがとても大変でした。息子の負担を考慮して、行きは直行便にしたのですが、動きたい遊びたい盛りの息子にとって、那覇乗り継ぎで1回外に出られる方が良かったようです。帰りはそれで少し助けられました。2歳前後のお子さんの場合、直行便より乗り継ぎ便をおすすめします。

大好きなプールでは大はしゃぎ。

とはいえ、今回の旅行で大変だったのは飛行機くらいで、あとは楽しくてくるくる回ってしまったりするほど、1番旅を満喫しているようでした。水遊びが好きなので海やプールでははしゃいでいたし、青い海、青い空、大自然の中で大きな声をたてて笑いながら走りまわっていました。息子が楽しんでくれることが1番!!見ているこちらも幸せな気分になりました。

リスザルとも触れ合いました♪

竹富島では自転車デビュー

また、この旅行で驚いたのが、ほとんどずっと歩いていたことです。しっかり歩けるようになった今でも、長い距離は歩かずに途中で抱っこやベビーカーになるのに、旅行中はほとんど自分で歩きたがりました。そうさせるなにかがあったのでしょう。びっくりです。ずっとご機嫌で楽しかったのは、石垣島という場所もありましたが、何より、パパ、ママ、私の妹と、大好きなみんなと一日中ずっと一緒だったからなのだと思います。そんな単純なことが、息子にとってこんなにも幸せで嬉しいことなのだということを改めて感じました。とてもシンプルなことで大切なこと。だから必要以上に甘えることもなかったのかもしれません。

星の砂も見つけたよ!


またみんなで来たいなぁ

きっと、1歳のときの旅行のことなんて大きくなったら忘れているのでしょう。でも、こんな経験の積み重ねが、息子のこころを豊かにしてくれるはず。毎日それぞれ忙しいけど、家族で一緒に何かを楽しむこと、見ること、聞くこと、笑うこと・・・そんな時間をできる限り作っていきたいと思います。

(フリーアナウンサー・岡田亜紀 記)

お問い合わせ先

所属課室:こども部子育て支援課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館3階)

電話番号:04-7168-1034

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています