更新日2021年2月26日

ページID855

 

ここから本文です。

「初めての運動会。」(3歳7か月、2016年9月)

秋のはじまり、息子の初めての運動会。ずっと練習していていたのは知っていたので、当日をとても楽しみにしていました。

会場は市内の小学校で、保護者の方々も朝からたくさん集まり、運動会ムードが漂っていてなんだかワクワク・・・が、その雰囲気に圧倒されたのか、いつも幼稚園が大好きな息子の表情がどんどん不安そうに。ついには、開会式で泣きだしてしまいました。

普段は休日でさえ「幼稚園に行きたい!」と言う息子が、「泣く」なんて全く想像もしておらず、ただただびっくり。見に来てくれた私の母や妹がどんなに元気づけても泣き止みません。「あぁ、今年の運動会は競技もできないかもなぁ・・」と諦めかけていたとき、泣いていた息子が泣き止み、暗かった表情がみるみ明るくなって、ぴょんぴょん飛び跳ねているではありませんか!!ひと安心したのと同時に、その楽しそうな姿に涙が溢れてきました。初めての運動会は、開会式から親子で涙のスタート。

開会式後の体操、かけっこ、お遊戯、全てをやり遂げ、メダルをもらった息子は誇らしげで、よっぽど嬉しかったのか、そのメダルを翌日もずっとぶらさげていました。


メダルをもらってご機嫌♪

そして、家に帰って、録画したものを見て驚き、そしてまた涙。

あの泣いていた開会式から準備体操の部分。よく見ると、同じ年少さんの女の子で、息子がいつも私に話してくれるお友達2人が、泣いている息子を一生懸命励ましてくれているのです。くるりと息子の方を向いて「一緒にやろうよ!」と1人の子が言ったかと思えば、隣の子が肩をポンポンと叩いてジャンプジャンプ。そしてあの場面です!息子の表情がみるみる笑顔になっていったのです。親がどんなに元気づけても泣き止まなかったのに。3歳なりのコミュニティができていることに感動しました。


かけっこでは2位。

幼稚園に入園して半年が過ぎ、どんどん成長していく姿に驚く毎日。体も大きくなったし、1人でできることも増えました。それ以上に、集団生活をしていく中で、家で親といるだけでは身につけることができない大切なことを学んでいる、こころの成長もしているんだと思いました。

3歳で自分の世界ができてきて、そして、きっとこれからどんどん広がっていく息子の世界。

いろんなことがあるだろうけど、着実に自分の世界、周りの人たちとのコミュニティを築いていってほしいです。これから無限に広がる世界、楽しみです!

(2016年9月 フリーアナウンサー・岡田亜紀 記)


初めての運動会!!


パパも競争に参加。


翌日はディズニーランドに行きました。

お問い合わせ先

所属課室:こども部子育て支援課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館3階)

電話番号:04-7168-1034

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています