更新日2021年2月26日

ページID832

 

ここから本文です。

「2人のじかん。」(2歳10ヶ月、2015年12月)

今年ももう少しで終わり、息子が生まれてからというもの本当に毎日が過ぎていくスピードが早く感じ、息子の成長のスピードに追い付けない自分がいます。赤ちゃんの頃は「早くハイハイしないかな」とか「早く歩かないかな、喋ってほしいな」なんて思っていましたが、今では「もう少しゆっくりでもいいよ」なんて思ってしまいます。

昨年末に旅行したときのことを思うと、あの頃はまだ言葉も単語が少し出るくらいだったし身体も小さい。今に比べるとまだまだ赤ちゃんだったと感じます。今はもう立派な幼児です。

そして、車を運転しないわたしと息子の移動はいつも自転車。「ママとてっちゃんはいつも自転車だね~」なんて言われてしまうほど。雨の日や寒い日、暑い日などは大変で、車だったらどんなに便利だろうなんて思うこともありますが、いつも一緒に同じ風景を見て同じ風を感じて同じ気温を感じて、たくさんたくさんおしゃべりする時間はかけがえのない時間です。どこまででも2人で自転車で行きます。保育園に送るときは30分くらい早く出て、わたしたちのベストポジションから息子が大好きな電車を見てから向かいます。通りすぎる人が振り返るほど2人で大きな声で歌ったりすることもあります。


わたしたち親子はいつも自転車。

小さいころは、自転車の前かご部分に息子を乗せていたので、たまに振り返って話しかけてくれたり、電車や車を楽しそうに指さしている姿がたまらなく可愛かった。でももう大きくなってきたので、先月、前かごから後ろに座席を変えました。なんだかさみしくてさみしくて涙。わたしにとっては一大事!もう自転車に乗りながら息子の様子が見られないんだ・・・と本当にさみしかったのです。そんな気持ちはつゆ知らず、息子は自分で乗り降りできる後部座席が気に入ったようでニコニコ。今度はすぐ後ろから絶え間なくいろんな声が聞こえてきて、それはそれでとても楽しく、わたしのさみしさもどこかへ飛んでいきました。2人の自転車コミュニケーションはまだまだ続きそうです。


自転車で寝ちゃうこともしょっちゅう!


後ろ座席も乗り心地いいみたい

仕事でなかなか一緒にいてあげられない日も、送り迎えの自転車で、色々な景色をみながらおしゃべりする時間は貴重な時間です。息子のこころに隙間ができないように一緒にいられるときはとにかく息子に寄り添う、そう心がけています。

来年はどんな1年になるのかますます楽しみです。今年1年、わたしたち親子の成長を見守ってくれたみなさんありがとうございました、よいお年を!!


来年もわたしたち親子をよろしくお願いします!

フリーアナウンサー・岡田 亜紀 記(2015年12月)


家族で富士急ハイランドへ!!


トーマスに乗ったよ♪

お問い合わせ先

所属課室:こども部子育て支援課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館3階)

電話番号:04-7168-1034

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています