ホーム > 届出・証明 > 戸籍の証明書 > 窓口申請 > 相続などで過去に遡って戸籍の証明書を取得するとき

更新日2021年10月2日

ページID8968

 

ここから本文です。

相続などで過去に遡って戸籍の証明書を取得するとき

市役所窓口のリアルタイムの混雑状況は以下(外部サイトへリンク)をご覧ください。

https://www.neconome.com/002515

nekonome

相続などの手続きでは、相続人を特定するために、亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までの全ての戸籍が必要になることがあります。

相続人の特定は、被相続人が亡くなった時点の戸籍だけでは相続人全てを確認できないことから、亡くなった時点の戸籍から古い戸籍(生まれた時)へとさかのぼって取得し、相続人を確認する必要があります。戸籍に関する証明は本籍地で発行するため、婚姻や転籍などで他の市区町村から戸籍が移った場合、それ以前の戸籍は元の市区町村に請求する必要があります。親族の関係を確認することから、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)を取得する必要があります。

相続の手続きなどで過去に遡って戸籍を請求するための手続きの方法を記載しています。

請求できる方

1. 戸籍に記載されている方、またはその配偶者、直系尊属(父母、祖父母)もしくは直系卑属(子、孫)の方

2. 1に該当しない方

お問い合わせ先

所属課室:市民生活部市民課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎1階)

電話番号:04-7167-1128

ファックス番号:04-7160-1036

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?