ホーム > 市役所案内 > 保健所 > 主な業務 > 成人保健(健康診査など) > あなたの毎日を応援する健康情報「身体活動・運動編」

更新日2021年7月20日

ページID3360

 

ここから本文です。

あなたの毎日を応援する健康情報「身体活動・運動編」

運動時間を10分増やしてアクティブにすごしましょう

運動する女性(JPG:11KB)
普段から元気にからだを動かすことで、糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、うつ、認知症などになるリスクを下げることができます。例えば、今より10分多く、毎日からだを動かしてみませんか。

運動だけでなく、日々のすごしかたも意識して、アクティブな生活を心がけることが、どの世代にも大切です。

下記を参考に、今日からアクティブライフを実践しましょう。

生活習慣病やその他の病気により医療機関に受診しているかた

身体活動・運動をとりくむ前に、安全面での配慮のため、主治医に充分相談しましょう。

関連参考資料

ウォーキングで健康づくり

ウォーキングする男女(PNG:15KB)

歩くことは人間の基本動作です。あらためて時間をとらなくても、通勤やお買い物など、普段の「歩く」を「ウォーキング」へ、意識を変えてみましょう。生活習慣病の予防には、一日の歩数が、男性で9,000歩、女性で8,000歩が目安だといわれています。しかし、日本人の平均歩数からは、あと1,000歩足りません。10分歩くことで、1,000歩分クリアできます。今日から、プラス10分のウォーキングはじめてみませんか。

プラス10分のウォーキング どんな風にはじめたら良いの?

  • 家から10分は歩いてみる(次のバス停まで歩く)
  • 歩数計をつけてみる(目安もわかり、励みにもなる)

ウォーキングはじめませんか

柏市ウォーキング世界旅行

毎日の歩数を記録して、世界一周(300万歩)の旅に出てみませんか。柏市民のかたなら、どなたでも参加できます。

「柏ウォーキングパスポート」を利用して楽しく歩こう!

生活の中に運動を取り入れよう

こまめにからだを動かし運動不足の解消につなげましょう。

  • 家事を積極的に行う(家事もしっかり行うと十分な運動になります。洗濯干し、掃除、草むしりなどこまめにからだを動かしましょう)
  • ながら運動を行う(テレビをみながら、電車で立ちながら、歯を磨きながら、時間を見つけて筋トレやストレッチなど、運動を取り入れましょう。)
  • 階段を利用する(階段利用の消費カロリーは、通常のウォーキングの約2倍です。特別な運動器具を用いずに日常の中で行うことができ、また強度を適切に上げることができます。)

階段ウォーク

まずは無理なく、できることから始めましょう。

フレイルってなあに?

年をとって心身の活力(筋力、認知機能、社会とのつながりなど)が低下した状態を、「フレイル」と言います。多くの人が健康な状態からこのフレイルの段階を経て、要介護状態になるとかんがえられています。

柏市のフレイル予防

フレイル予防事業

フレイル予防で健康長寿(フレイルチェック講座)

足腰に不安を感じていたら

整形外科を受診して、自分の状態をチェックしてみましょう。

柏市医師会(外部サイトへリンク)のホームページ

近隣の「身体活動・運動」の場所をご紹介します

お問い合わせ先

所属課室:保健所健康増進課 健康増進担当

柏市柏下65番地1(ウェルネス柏3階)

電話番号:04-7167-1256

ファックス番号:04-7164-1263

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?