ここから本文です。

環境部

環境部の役割

環境部長写真私たち環境部は、地球温暖化対策、公害対策、放射線対策、廃棄物処理、生物多様性の保全といった生活環境に関する業務を行っています。

ゼロカーボンシティの実現に向けた温室効果ガス削減等のための取組、ごみ排出量の削減や清掃施設の整備に関する取組、大気・水質・土壌等の汚染防止、放射線量の測定や対策の実施、谷津田などの自然環境の保全に取り組むことで、市民の生活環境を維持するとともに、将来に向けてよりよい環境を享受できるよう努めています。

環境部長 後藤

令和4年度の重点取り組み

  • 本庁舎照明のLED化や公用車の電動化を促進するとともに太陽光発電設備などの検討を進めることで公共施設の脱炭素化を進めていく。
  • 生物多様性の観点から重要な谷津環境を保全するとともに、アライグマ等による生態系被害等の防止を行う。
  • 住宅の省エネ・創エネ・蓄エネを進めるための断熱窓・家庭用燃料電池システム・蓄電池の設置に対する補助を行う。
  • 老朽化が進む北部クリーンセンターの長寿命化改修事業を進めていく。
  • 最終処分場跡地を公園として活用する基本設計を実施していく。

これらのことに取り組み、良好な生活環境で暮らせる社会を目指していきます。

各所属

環境部は、環境政策課、廃棄物政策課、清掃施設課、環境サービス課、北部クリーンセンター、南部クリーンセンター、産業廃棄物対策課で構成されています。