ホーム > 市の情報 > 歴史・文化・芸術 > 歴史・文化財 > 柏に輝いた人たち > 続・柏に輝いた人たち(web拡大版)

更新日2021年2月26日

ページID2955

 

ここから本文です。

続・柏に輝いた人たち(web拡大版)

 

このコーナーでは、さまざまな分野で活躍した「ふるさと柏」ゆかりの歴史上の人物を紹介します。「柏に輝いた人たち」の続編です。

(広報かしわ平成30年4月15日号から平成31年3月15日号にかけて連載された記事を、Web用に内容拡充したものです)

「柏に輝いた人たち(web拡大版)」(広報かしわ平成28年4月15日号から平成29年3月15日号に掲載)も併せてご覧ください。

牧野伸顕1

牧野伸顕2

木方敬一

了慧(りょうえ)和尚 ~飢饉に苦しむ農民たちのために立ち上がった義僧~

どんな人物

了慧(りょうえ)和尚の墓塔
了慧(りょうえ)和尚の墓塔(右から2番目)(高柳・善龍寺)

天明の大飢饉にあえぐ農民たちの難儀を見兼ね、鷹場や小金牧の負担軽減を願い出た、高柳村(柏市)善龍寺の僧侶。村々に呼びかけ、先頭に立ったことで牢屋に入れられ、8年の後出所するものの、間もなく没す。生年不明~寛政11年(1799)。

村々への檄文

御用留1御用留2
緊急の廻状が記された御用留(花野井・吉田家文書)

「7月5日四つ時(10時)、印鑑を持って善龍寺に集まること」

天明5年(1785)6月13日、柏周辺の68カ村の名主たちに、緊急の廻状が出されます。発信者は善龍寺の了慧和尚。「水戸藩の鷹場内には猪や鹿などが多く、作物を食い荒らすため、収量が減り、田畑は荒地が増えている。これに加え天明の飢饉が発生し、飢えに苦しむ農民たちは、村を捨てて逃げるほかない。」と、水戸藩の家老、中山備前守に村人たちの窮状を訴え、鷹場の負担軽減を願い出るためでした。

水戸藩の鷹場

寛永10年(1633)、水戸家は紀伊・尾張両家とともに、鷹場を幕府から拝領します。水戸家の鷹場は武蔵国葛飾郡(現埼玉県)、下総国葛飾郡・相馬郡(現千葉県北西部)の200か村に及ぶ広大な地域でした。これらの村々はそれぞれの領主支配に加えて、鷹場の支配も受けることになったのです。元禄期、五代将軍綱吉の「生類憐みの令」などにより、一時的に停止した時期はありましたが、幕藩体制の強化を目指す八代将軍吉宗の登場によって復活されます。

鷹狩りは、徳川将軍家と将軍家から許可された大名だけが実施できる特権であり、鷹場の設置はその権威の象徴だったのです。

鷹狩りの場所に指定された鷹場では、鷹の餌となる鳥などの殺生はもちろん、害獣退治用の鉄砲・弓矢の所持まで、厳しく禁止されました。柏市域の村々は水戸家の鷹場に指定され、しかも周辺には幕府の御用牧場である小金牧も広がっていました。鹿や猪も多く、農作物は毎年のように甚大な被害を受けていたのです。

天明の飢饉

これに追い討ちをかけたのが天明の飢饉です。天明元年(1781)大雨による利根川出水のため、大きな被害を出したのをはじめ、毎年のように洪水・台風・地震・噴火・干ばつなどが発生し、人々の食料を奪っていきました。北日本では大凶作によって村々が崩壊し、草むらに白骨が散乱したと記録されるほどでした。

徒党(ととう)の禁止

定書
徒党を禁止した定書(片山・深山家文書)

片山村(柏市)名主家には、冒頭に紹介した了慧和尚による廻状の件から3年後の天明8年8月、奉行所から出された古文書が残っています。

「何事によらず、宜しからざる事に、百姓大勢集まって相談することを徒党という。徒党して願い事を企てることを強訴(ごうそ)という。あるいは、皆で申し合わせ村から立ち退くことを逃散(ちょうさん)という。これらは以前から禁止しており、もしこうした者どもを見つけたときは、ただちに役所に申し出るように。褒美として銀百枚と、場合によっては名字帯刀も許す。」(訳・一部略)

さかんに密告を奨励していますが、農民たちが団結して行動することを幕府は警戒し、仲間と集団で願い出ることを厳禁としたのです。

入牢

了慧和尚はたとえ処罰されるとしても、人々の苦難を見過しにはできませんでした。凶作によって飢えに苦しむ中、鷹場であるが故、田畑を荒らす害獣の駆除さえもままならなかったからです。

しかし、いかなる理由があろうとも、徒党や強訴を企てたことは幕府にとって重罪です。了慧和尚は結局咎人として入牢させられ、8年に及ぶ獄中生活を送ることになります。

農民たちが和尚の呼びかけに応じて、善龍寺に集まった記録は見つかっていません。正面切って、幕府への抗議活動に参加するのは、あまりにも危険だったのです。ただし、処罰覚悟で自分たちのために立ち上がった了慧和尚を、農民たちは見捨てることはありませんでした。地元、高柳村では名主代の友右衛門を中心として、粘り強い赦免運動が出獄まで続いたのです。

了慧和尚が住職を務めた善龍寺は、高柳村の村名を山号とする天台宗の古刹で、本堂の手前には上野寛永寺から下賜された五葉松が、見事な枝振りを見せています。

高柳山善龍寺の本堂の写真
高柳山善龍寺の本堂本堂

以降、記事を順次掲載していく予定です。ご期待ください。

鈴木吉兵衛

成島憲子

江口章子

館山一子

湯浅長左衛門

寺嶋雄太郎

山崎弁栄

お問い合わせ先

所属課室:生涯学習部文化課

柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)

電話番号:04-7191-7414

ファックス番号:04-7190-0892

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています