ホーム > 安心・安全 > 消防局 > 生活安心情報 > こんなときは > 通電火災に注意してください

更新日2021年2月26日

ページID6246

 

ここから本文です。

通電火災に注意してください

通電火災とは

災害によって電線の断線などがおこり、一時的に電気の供給が止まる場合があります。その後、数時間から数日のうちに電気の供給が復旧しますが、その際地震で倒れていたり、風雨によって濡れてしまった電気製品が再び作動。これが火元となって起こるのが「通電火災」です。

時間差が怖い通電火災

通電火災が怖いのが、時間差で発生するため発見が遅れることです。
災害発生とともに出火した場合、人が対応できるのですが、避難や外出で無人となっている際に電気が復旧し、出火する事が多いのです。
これにより発見、消火が遅れ、室内の物に引火、火災が拡大してしまうのです。

通電火災の予防について

  1. 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから離脱してください。
  2. 停電中に自宅等を離れる際はブレーカーを落としてください。
  3. 復旧時には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用してください。
  4. 建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡してください。

ブレーカー

避難するときは、ブレーカーを切りましょう

お問い合わせ先

所属課室:消防局火災予防課

柏市松葉町7丁目16番7(柏市消防局3階)

電話番号:04-7133-8792

ファックス番号:04-7133-0109

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています