ホーム > 生活・環境 > 消費生活 > 消費生活相談 > トラブル注意報・よくある相談事例 > 「未納料金がある」と思わせる不審なSMSは無視してください

更新日2021年5月12日

ページID1674

 

ここから本文です。

「未納料金がある」と思わせる不審なSMSは無視してください

携帯電話やスマートフォンに「アマゾン」「ヤフー」「楽天」など聞き覚えのある会社から「未納料金が発生している。本日中に連絡がないと法的手続きに移行する。」などというSMS(ショートメッセージサービス)が届いたという相談があります。(SMSとは、メールアドレスではなく携帯電話番号を宛先にして送受信するメッセージサービスです。)

このSMSは、あなたを特定して送っているのではありません不特定多数の番号に一斉に送信して、返事がある人を待ち構えているのです。不安になり問い合わせをすると、個人情報を聞き出された上に高額な金銭の支払いを要求されます。

<よくある手口>

  1. 過去に登録したサービスの未納料金があると思わせる。
  2. 「本日中に支払わないと民事裁判へ移行する」「財産を差し押さえる」などと不安にさせる。
  3. コンビニでギフト券を購入させ、その番号を電話で聞き出す。

このようなSMSが届いても、絶対に連絡をしないでください無視をしてそのまま削除しましょう。


お困りのときはお住まいの自治体の消費生活センターにご相談ください。
柏市消費生活センター相談専用電話番号:04-7164-4100
お住まいの自治体の消費生活センターが分からないとき(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

所属課室:市民生活部消費生活センター

柏市柏下73(中央体育館管理棟1階)

電話番号:04-7163-5853

ファックス番号:04-7164-4327

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?