更新日2021年8月31日

ページID1684

 

ここから本文です。

新聞購読の契約トラブル

  • 新聞購読は「契約」です。契約は、いったん成立すると、お互いに契約内容を守らなくてはなりません。よく考えてから契約しましょう。
  • 契約時に渡された書面(契約書)は他の契約書に比べて小さいですが、よく読んで購読期間が終わるまで保管しておくことが大切です。

<事例1>何年も先の契約をしてしまった。断れるか

一月ほど前、訪問してきた新聞の販売員に「他の新聞の購読期間が終わってからでいいから」と言われ、何年も先の契約をしてしまった。断れるだろうか。

<アドバイス>

  • 一度契約が成立すると、お互いに契約内容を守らなければならず、一方的にやめたり変更したりすることはできません。
  • 半年後、1年後などから始まる契約は避けましょう。契約内容を忘れたり、契約書の保存場所を忘れたり、家庭の状況が変わっている場合も考えられます。
  • 販売店と話し合いがつかず、トラブルになったときは消費生活センターにご相談ください。

<事例2>一人暮らしの親への新聞購読の勧誘を止めたい

一人暮らしの母に、新聞購読の勧誘が何度もある。その都度断っているのに、別の担当者が次から次に勧誘に訪れるので困っている。

<アドバイス>

法律では、訪問販売、電話勧誘販売をする事業者に対し、「契約をしないと意思表示している消費者」への「再勧誘」が禁じられています。販売員には契約する意思がないことをきっぱりと伝え、「再勧誘もお断りします」とはっきり伝えましょう。

一人暮らしや高齢者のみの世帯には、普段からの周囲の見守りや声掛けが大切です。見慣れない商品や契約書等に気が付いたら、事情を聞いてみましょう

<事例3>勧誘を断り切れず契約してしまった。解約したい

新聞販売員が家に来て購読を勧められた。最近は目が悪くなって新聞は読めないので断ったが、洗剤や米などの景品を並べて帰ろうとしない。早く帰ってほしくて契約してしまったが、後悔している。できることなら解約したい。

<アドバイス>

望まない契約をしてしまったときはクーリング・オフ(無条件解約)をしましょう。
訪問販売は、契約書を受け取ってから8日以内であれば「クーリング・オフ」ができます。書面不備の場合は、この期間を過ぎても解約できる場合があります。


お困りのときはお住まいの自治体の消費生活センターにご相談ください。
柏市消費生活センター相談専用電話番号:04-7164-4100

お住まいの自治体の消費生活センターが分からないとき(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

所属課室:市民生活部消費生活センター

柏市柏下73(中央体育館管理棟1階)

電話番号:04-7163-5853

ファックス番号:04-7164-4327

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?