更新日2021年2月26日

ページID1669

 

ここから本文です。

光回線サービスの勧誘トラブル

相談事例

契約している光回線の通信会社を名乗る者から、「インターネット回線の通信料が、現在よりも月額1,000円安くなるプランがあります。」と、電話があった。新しいサービスの案内だと思って承諾した。後日、契約書が届いて初めて、知らない業者と契約したことが分かった。どうしたらよいか。

アドバイス

  • 契約書を受け取った日を含めて8日以内であれば、利用者から業者に対して、ハガキ等の書面を送付することにより、一方的に契約を解除することができます
  • 契約先や契約内容を十分に理解しないまま、承諾しないよう注意しましょう。

お困りのときはお住まいの自治体の消費生活センターにご相談ください。

柏市消費生活センター相談専用電話番号:04-7164-4100

お住まいの自治体の消費生活センターが分からないとき(外部サイトへリンク)

改正電気通信事業法の主なポイント

2016年5月21日から、改正電気通信事業法が施行され、「初期契約解除制度」を含めた消費者保護ルールが導入されました。

契約後の書面交付義務

電気通信事業者は、電気通信サービスの契約が成立したときは、遅滞なく、消費者に、契約内容を明らかにした契約書面を交付しなければなりません。なお、消費者が承諾した場合には、電子メールやウェブサイト等により、契約書面が電子交付されることもあります。

説明義務の充実

高齢者や障害者等、配慮が必要となる消費者に対して、その知識、経験、契約目的に配慮した説明を、契約前に行うことが義務付けられました。(適合性の原則の導入)

契約解除制度

1.初期契約解除制度

一定範囲の電気通信サービスについて、契約書面を受け取った日を含めて8日以内であれば、電気通信事業者の合意なく、消費者の都合のみで契約を解除できます。ただし、電気通信サービスと共に導入した端末、サービス等の契約は対象ではないため、携帯電話などの端末費用は負担しなければなりません。(契約解除の方法は、契約書面に記載されています。また、多くの通信業者では、自社のウェブサイト上に、初期契約解除通知書のフォーマットを用意しています。)

2.確認措置

電波のつながり具合が不十分な場合と、事業者による説明等が不十分な場合は、8日間以内の申し出により、携帯電話等の端末も含めて、違約金なしで契約解除できます。対象は、移動通信サービスで、総務大臣が認定したものに限ります。(通信業者への申し出は、契約書面に記載された手順で行い、対応を求めます。)

参考

総務省電気通信サービスQ&A(抜粋)「電気通信サービスの消費者保護ルールはこれからどう変わるの?」(PDF:1,267KB)

お問い合わせ先

所属課室:市民生活部消費生活センター

柏市柏下73(中央体育館管理棟1階)

電話番号:04-7163-5853

ファックス番号:04-7164-4327

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?