更新日2021年11月2日

ページID1182

 

ここから本文です。

骨粗しょう症検査

柏市骨粗しょう症検査の実施について

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、必ずお読みください。

受診にあたってのお願い

  1. 受診を見合わせていただきたい状況について
    (1)過去2週間以内に発熱(平熱より高い体温あるいは37.5℃以上を目安とする)があった。
    (2)咳、倦怠感、呼吸困難、息切れ、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、関節・筋肉痛、嗅覚・味覚異常、頭痛、下痢、嘔気のいずれかの症状がある。
    (3)新型コロナウイルスと診断された方や疑いがあると言われた方との接触が、2週間以内にあった。
    (4)海外から帰国後2週間以内、及び外出自粛要請期間内である。
  2. 受診時にお願いしたいこと
    (1)検査場所(医療機関や集団検診会場)に入る前に手指消毒をしてください。
    (2)マスクは必ず着用してください。
    (3)ご家族同伴(お子様含む)での来所はご遠慮ください。
    (4)人と人との距離を保つこと、会話は最小限とすることにご協力ください。
    (5)密集状態を避けるため、受付時間前の来場はご遠慮ください。
  3. 中止、変更となる場合
    感染拡大状況により、年度途中でも骨粗しょう症検査が中止になる可能性があります。集団検診の中止・変更については、柏市オフィシャルウェブサイト等でお知らせします。個別検診をご希望の場合、医療機関へ直接お問い合わせください。

柏市骨粗しょう症検査について

柏市では、早期に骨量減少者を発見し、骨粗しょう症を予防することを目的として、健康増進法に基づき骨粗しょう症検査を実施しています。

対象者

柏市民で、40歳から70歳までの5歳刻みの女性。なお、既に骨粗しょう症等の疾患で治療・経過観察中の方、職場等で骨粗しょう症検査を受ける機会のある方は対象となりません。

対象者
生年月日 年齢

昭和56年4月1日~昭和57年3月31日

令和4年3月31日時点で40歳

昭和51年4月1日~昭和52年3月31日 令和4年3月31日時点で45歳
昭和46年4月1日~昭和47年3月31日

令和4年3月31日時点で50歳

昭和41年4月1日~昭和42年3月31日 令和4年3月31日時点で55歳
昭和36年4月1日~昭和37年3月31日 令和4年3月31日時点で60歳
昭和31年4月1日~昭和32年3月31日 令和4年3月31日時点で65歳
昭和26年4月1日~昭和27年3月31日 令和4年3月31日時点で70歳

通知方法

40・45・50・55・60・65・70歳の女性へ、受診券、記録票等のご案内を令和3年5月末頃に郵送します。

実施期間

個別検診:令和3年6月1日(火曜日)から令和4年2月28日(月曜日)

集団検診:(柏市乳がん検診の一部日程)
令和3年7月27日(火曜日)、令和3年9月21日(火曜日)、令和3年10月29日(金曜日)

(補足)新型コロナウイルスの感染状況により、日程が変更となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

 

受診方法

柏市から郵送したご案内をお読みください。

(補足)受診時に「令和3年度柏市骨粗しょう症検査受診券」及び「柏市骨粗しょう症検査記録票」をお持ちください。お持ちでない場合、対象の方であっても受けることができません。

  1. 個別方式
    同封している「骨粗しょう症検査指定医療機関名簿」にある医療機関で受ける。
    令和3年度骨粗しょう症検査指定医療機関名簿(PDF:212KB)
    (補足)個別検診を希望される方は、受診に関して、各医療機関へお問い合わせください。
  2. 集団方式
    「柏市乳がん検診(集団)」の一部日程(実施期間参照)において、同日に骨粗しょう症検査を受ける。
    (補足1)集団会場では骨粗しょう症検査のみも受診可能です(予約不要)。
    (補足2)同日に乳がん検診も受ける場合は、別途乳がん検診の申し込み、予約が必要になります。ご希望の方は健康増進課成人健診担当までお問い合わせください。

検査方法と費用

検査方法と費用
区分 検査方法 部位 検査の特徴 検査場所

自己

負担額

1

DXA法
(デキサ法)

腰椎 2種類のX線を用いて撮影し、骨量を測定する方法です。診断にも用いられる、より精密な検査方法です。 個別 1500円
2 腰椎以外 X線を用いて撮影し、骨量を測定する方法です。1の方法と比べ、より簡便に骨量を測定でき、一次検査でよく使用されている方法です。 個別 800円

SXA法

(セキサ法)

前腕骨・

第2中手骨

X線を用いて撮影し、骨量を測定する方法です。1の方法と比べ、より簡便に骨量を測定でき、一次検査でよく使用されている方法です。 個別 800円

DIP法

CXD法

第2中手骨 X線を用いて撮影し、骨量を測定する方法です。1の方法と比べ、より簡便に骨量を測定でき、一次検査でよく使用されている方法です。 個別 800円
3 超音波検査

踵骨

(かかと)

X線を使用しないため、妊娠中でも受けることができます。骨密度(骨の硬さ)を測ります。

集団

個別

300円

骨粗しょう症検査を受けたあとに

骨粗しょう症検査受診後、「予防域」と判定された方は、骨粗しょう症予防に関する個別相談(へるすアップ相談)にご参加ください。管理栄養士や保健師が、食事や運動に関するアドバイスをさせていただきます。

(詳細)

  • 管理栄養士または保健師が対応
  • 参加無料・1回30から40分程度
  • 場所:市内指定会場

参加希望の際は、健康増進課へ電話にてお問い合わせください。

問い合わせ先

柏市保健所健康増進課

電話番号04-7168-3715

ファクス04-7164-1263

関連ファイル

令和3年度骨粗しょう症検査指定医療機関名簿(PDF:212KB)

お問い合わせ先

所属課室:保健所健康増進課 成人健診担当

柏市柏下65番地1(ウェルネス柏3階)

電話番号:04-7168-3715

ファックス番号:04-7164-1263

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?