ホーム > 安心・安全 > 防災対策 > 建築物の耐震診断・改修 > 木造住宅耐震診断費補助金の交付

更新日2021年4月1日

ページID28

 

ここから本文です。

木造住宅耐震診断費補助金の交付

地震に強いまちづくりを進めるため、柏市では「柏市木造住宅耐震診断費補助金交付要綱」を定め、市民の皆様が平成12年5月31日以前に着工された木造住宅の耐震診断を行う際の費用の一部を助成します。

なお、本助成を受けるには、耐震診断を行う前に、柏市に補助金交付申請をする必要があります。診断後の補助金交付申請は出来ませんのでご注意ください。

対象となる木造住宅

木造住宅で、次のすべてに該当するものが対象となります。

  1. 柏市内に現に存する建築物であること。
  2. 柱、はり等の主要な構造部が木材(注釈1)であること。
  3. 在来工法(土台、柱、はりなどを用いて組み立てられる工法)により建築されたものであること。
  4. 平成12年5月31日以前に着工された建築物(注釈2)であること。
  5. 一戸建ての住宅または併用住宅であること。
  6. 併用住宅の場合、延べ面積に対し、居住の用に供する部分の床面積の占める割合が2分の1を超えること。
  7. 地上階数が2以下(注釈1)であること。

(注釈1)混構造(平面的・立面的とも)、スキップフロアは対象外です。
(注釈2)平成12年6月1日以降に増築が行われた建築物で、増築部分とそれ以外の部分が一体となっているもの(同一棟増築)は対象外です。

補助対象者(申請者)

上記の木造住宅を所有している方で、柏市木造住宅耐震診断士による耐震診断を行う方を対象とします。なお、共有者がいる場合はその方の委任(委任状)が必要です。

耐震診断の内容

「木造住宅の耐震診断と補強方法(改訂版)」(国土交通省住宅局建築指導課監修、一般財団法人日本建築防災協会発行)による一般診断または精密診断を行ってください。

一般診断

目視や設計図書などを元に診断を行い、耐震補強の必要性の有無を判定します。

精密診断

壁などの内部を確認するため、仕上げ材の一部をはがしたり、穴を開けたりする場合があります。一般診断よりも正確な判定ができますが、費用が高くなります。

柏市木造住宅耐震診断士

補助金交付の対象となる耐震診断は、診断士名簿PDF(PDF:171KB)(別ウィンドウで開きます)に登録されている木造住宅耐震診断士が行うものに限ります。申請される際は、その名簿から耐震診断士をお選びください。

補助金の額

耐震診断に要する費用の3分の2(限度額40,000円)
ただし、その額に1,000円未満の端数が生じたときはこれを切り捨てた額とします。

受付件数

25件

受付期間

令和3年5月6日(木曜日)から12月27日(月曜日)

手続の流れ

木造住宅耐震診断費補助金の申請は、必ず耐震診断を行う前に行ってください。耐震診断終了後及び耐震診断費支払い後の申請はできませんのでご注意ください。

手続きの流れ

ご注意ください

申請内容に疑義が生じた場合、本補助金を交付できないことがあります。あらかじめご了承の上、予算や方針を固めていただきますようお願いいたします。

申請書類

パンフレット、木造住宅耐震診断士名簿、要綱

お問い合わせ先

所属課室:都市部建築指導課

柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-1階)

電話番号:04-7167-1145

ファックス番号:04-7167-7668

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?