ホーム > 環境・産業廃棄物 > 環境への取り組み > 悪臭防止法による規制について

更新日2021年2月26日

ページID2525

 

ここから本文です。

悪臭防止法による規制について

悪臭防止法による規制

悪臭防止法では、特定悪臭物質として22種類を指定し、排出基準を定めています。本市では、都市化進行等の社会情勢変化に対応するため規制地域の指定を受け、これらの物質を都市計画法に定める用途地域内で規制することとし、平成4年1月1日から施行されています。

規制地域

都市計画法に定める用途地域内

規制基準

(1)敷地境界における規制基準(法第4条第1項第1号)

特定悪臭物質の種類 規制基準(ppm) 特定悪臭物質の種類 規制基準(ppm)
アンモニア

1

イソバレルアルデヒド 0.003
メチルメルカプタン 0.002 イソブタノール 0.9
硫化水素 0.02 酢酸エチル 3
硫化メチル 0.01 メチルイソブチルケトン 1
二硫化メチル 0.009 トルエン 10
トリメチルアミン 0.005 スチレン 0.4
アセトアルデヒド 0.05 キシレン 1
プロピオンアルデヒド 0.05 プロピオン酸 0.03
ノルマルブチルアルデヒド 0.009 ノルマル酪酸 0.001
イソブチルアルデヒド 0.02 ノルマル吉草酸 0.0009
ノルマルバレルアルデヒド 0.009 イソ吉草酸 0.001

(注)規制基準は臭気強度2.5に相当

(2)煙突等気体排出口に係る基準(法第4条第1項第2号)

特定悪臭物質のうちアンモニア、硫化水素、トリメチルアミン、トルエン、キシレン、酢酸エチル、メチルイソブチルケトン、イソブタノール、プロピオンアルデヒド、ノルマルブチルアルデヒド、イソブチルアルデヒド、ノルマルバレルアルデヒド、イソバレルアルデヒドについては、流量の許容限度が定められています。

q=0.108×He2・Cm

  • q:悪臭物質流量(0度、1気圧)(立方メートル/時)
  • He:補正された排出口の高さ(m)
  • Cm:最大着地濃度(事業場敷地境界線における規制基準)(ppm)

(3)排出水に係る基準(法第4条第1項第3号)

特定悪臭物質のうちメチルメルカプタン、硫化水素、硫化メチル、二硫化メチルについては、排出水中濃度の許容限度が定められています。

CLm=k×Cm

  • CLm:排出水中の悪臭物質濃度(mg/L)
  • k:定数
  • Cm:敷地外における規制基準値(ppm)

排出水における規制基準mg/L)

特定悪臭物質

排出水の量

規制基準

メチルメルカプタン

0.001立方メートル毎秒以下の場合

0.03

0.001立方メートル毎秒を超え

0.1立方メートル毎秒以下の場合

0.007

0.1立方メートル毎秒を超える場合

0.002

硫化水素

0.001立方メートル毎秒以下の場合

0.1

0.001立方メートル毎秒を超え

0.1立方メートル毎秒以下の場合

0.02

0.1立方メートル毎秒を超える場合

0.005

硫化メチル

0.001立方メートル毎秒以下の場合

0.3

0.001立方メートル毎秒を超え

0.1立方メートル毎秒以下の場合

0.07

0.1立方メートル毎秒を超える場合

0.01

二硫化メチル

0.001立方メートル毎秒以下の場合

0.6

0.001立方メートル毎秒を超え

0.1立方メートル毎秒以下の場合

0.1

0.1立方メートル毎秒を超える場合

0.03

定数kの値

排出水の量の区分

Q≦0.01

0.01<Q≦0.1

0.1<Q

メチルメルカプタン

16

3.4

0.71

硫化水素

5.6

1.2

0.26

硫化メチル

32

6.9

1.4

二硫化メチル

63

14

2.9

(注意)Q:事業場の敷地外に排出される排出水の量(立方メートル/秒)

関連ページ

柏市環境保全条例における悪臭に関する規制等・届出について

お問い合わせ先

所属課室:環境部環境政策課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎4階)

電話番号:04-7167-1695

ファックス番号:04-7163-3728

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています