更新日2022年9月8日

ページID458

 

ここから本文です。

未熟児養育医療の給付

未熟児養育医療の給付(小さく生まれた赤ちゃんのために)

養育医療とは

  • 身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とする方に対して、その治療に必要な医療費を公費で一部負担することで、乳児の健康管理と健全な生育を図る事を目的としています。
  • 指定養育医療機関での治療に限られます。(千葉県外の指定養育医療機関に入院した場合も対象となります。)

【参考】

千葉県内の「指定養育医療機関」(千葉県HP)(外部サイトへリンク)
※千葉県外の確認は各県庁等のホームページでご確認ください。

養育説明文(PDF:191KB)

もくじ

対象

医師が未熟児養育が必要と認めた赤ちゃんが対象となります。詳しくは養育医療基準(PDF:89KB)をご覧下さい。

もくじへ戻る

医療費助成の流れについて

養育医療の入院に伴う保険適用内の医療費について助成を行う制度になります。申請後、審査を経て受給券が交付されます。

給付申請承認後、受給券を医療機関の窓口に提示することにより、医療機関の窓口で支払う医療費(医療保険自己負担分)を一旦市が公費助成し、公費助成した医療費の一部を後日ご家族の所得に応じた「一部自己負担金」として市へお支払いただく流れとなります。「一部自己負担金」は、生計を同一にする世帯全員の市町村民税額の合計額等により計算されます。

  • 養育医療は柏市こども医療費助成制度と併用することができます。したがって、実際柏市にお支払いただく「一部自己負担金」は当制度の「一部自己負担金」から「こども医療費助成金額」を差し引いた額となります。
  • 指定養育医療機関で行われた未熟児養育に関する医療給付(保険適用分)が対象内容となります。
  • 対象となるのは「健康保険適用分」のみで、健康保険適用外分(おむつ代、差額ベット代等)は対象となりません。
  • 受給期間中に市外へ転出された場合には、新しい住所地で新たな申請が必要です。
  • 自己負担額(一部自己負担額からこども医療費助成金額を差し引いた額)の請求は別途「納付書」を送付しています。
  • 自己負担額納付のための「納付書」は、退院後(又は受給期間満了後)お手元に届くまで数か月かかりますが忘れずにご納付ください。
  • 「子ども医療費助成制度」は、市役所こども福祉課(電話04-7167-1595)が担当部署となります。

もくじへ戻る

手続きの方法

以下の必要な書類等を準備のうえ、柏市保健所地域保健課へ申請してください。(郵送可)
書類不備のものは受理できませんので、以下をご熟読ご確認のうえご準備ください。

必要なもの
(1~4は当課窓口で配布または以下のリンクよりダウンロード)
(注意)「給付申請書」及び「世帯調書」には個人番号(マイナンバー)の記載が必要となる箇所があります。「個人番号カード」や「個人番号が記載された住民票の写し」等をご準備ください。来所による申請の場合、確認書類としてご持参ください。郵送申請の際は確認用にコピーの同封をお願いします。

必要書類等
  必要書類 備考
1

養育医療給付申請書

保健所窓口でも配布しています。

保護者がご記入ください。

2

養育医療に係る子ども医療費助成金交付申請書

保健所窓口でも配布しています。

保護者がご記入ください。

3

世帯調書

保健所窓口でも配布しています。

保護者がご記入ください。

4

養育医療意見書

保健所窓口でも配布しています。
医師に記入してもらいます。(有効期限3ヶ月以内)

5

課税証明書(非課税証明書)

(非)課税証明書の年度の1月1日時点で柏市に住民票がない場合、同一世帯内の全員分が必要です。

 用意する年度は以下の通りです。

  • 4~6月申請:前年度の(非)課税証明書
  • 7~3月申請:当該年度の(非)課税証明書
6

お子さんの健康保険証

  • 郵送の場合は写しを同封してください。
健康保険証がまだお手元にない場合、現在申請中であるという証明ができるもの(健康保険被保険者資格証明書)で申請できます。
7

印鑑

 
8

個人番号(マイナンバー)が確認できるもの
〈児童福祉法施行規則の改正により〉
【世帯全員分】

  • 郵送の場合は写しを同封してください。
世帯員全員分のマイナンバーが確認できるものをご持参ください。
個人番号カードまたは個人番号が記載された住民票の写し、住民票載事項証明書のいずれか。

(以下の場合には、個人番号通知カードを引き続き番号確認のための本人確認書類として利用することが可能です。通知カードの記載事項(氏名、住所、生年月日、性別、個人番号)の変更を行うべき事由が発生しておらず、記載事項に変更がない場合。デジタル手続き法施行日(令和2年5月25日)前日までに、改姓や転居等により記載事項の変更があったがデジタル手続き法施行日以後変更を行うべき事由が発生していない場合)
注意:個人番号通知書は、マイナンバー法上の番号確認書類や身元確認書類としては利用できません

9

身元確認書類【窓口に来た申請者】
(補足)申請者以外の方が申請書を持参される
(例申請者が父、持参するのが母)の場合、
申請者からの【委任状】が必要です。

個人番号カード、運転免許証または旅券等の写真表示がされているもの。
(補足)上記で困難な場合:健康保険証、年金手帳や官公署から発行・発給された書類であって、氏名、生年月日、または住所が記載されているもの2つ以上。
提出する課税証明の年度
申請日 4月~6月 7月~3月

課税証明書または非課税証明書

前年度 当該年度

(例)

  • 令和4年4~6月に申請する場合、令和3年度分の課税証明書または非課税証明書
  • 令和4年7月~令和5年3月に申請する場合、令和4年度分の課税証明書または非課税証明書

なお、申請後に課税状況が変更となった場合は、変更申請をすることができます。

(例)

  • 4~6月に当初の申請を行ったが、7月になり当該年度の課税状況が適用となったため変更申請をする

手続きの流れ

  1. 申請
  2. 審査
  3. 医療券・徴収金決定通知書受取り
  4. 病院へ医療券を提出
  5. 一部自己負担金納入通知書発送
  6. 一部自己負担金納付

審査が終わり結果を発送するまでは、申請から約2週間程度、自己負担金納入通知書発送までは、退院日又は養育医療券の有効期間終了日のどちらか先に到達した日から約2ヶ月程度かかります。

もくじへ戻る

養育医療の医療機関の変更や有効期間の延長

養育医療の医療機関の変更や有効期間の延長が必要な場合には、以下の必要な書類等を準備のうえ、柏市保健所地域保健課へ申請をしてください。(郵送可)

  1. 承認変更申請書(ワード:39KB)承認変更申請書(PDF:81KB)
    承認変更申請書記入例(ワード:48KB)
  2. 印鑑

もくじへ戻る

住所・保険・課税状況等の変更

養育医療給付を受けている期間に住所や保険、課税状況等の変更があった場合には、以下の養育医療記載事項変更届に必要事項を記入し、柏市保健所地域保健課にて手続きをしてください。(郵送可)

  1. 養育医療券記載事項変更届(ワード:41KB)
    養育医療券記載事項変更届(PDF:71KB)
  2. 変更を証明するもの(保険証等)のコピー
  3. 印鑑

もくじへ戻る

医療券の再交付申請

養育医療券を破損もしくは紛失された場合には、印鑑をお持ちになり柏市保健所地域保健課にて手続きをしてください。

関連ファイル

お問い合わせ先

所属課室:保健所地域保健課

柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)

電話番号:04-7167-1257

ファックス番号:04-7167-1732

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?