ここから本文です。

薬師如来坐像

概略

薬師如来坐像の写真

(補足)通常は非公開です。

薬師如来坐像の概要

浄土宗の古刹・東光山医王寺安楽院の薬師堂の本尊で、豊躯な木彫坐像です。尊像は威厳のある風貌で、大きな台座に結跏趺坐し、輪光の光背を付け、脇侍の日光・月光とともに安置されています。
昭和48年の解体修理の際、体内から
「長禄2戊寅(1458)11月吉日・・・・大仏師春慶」
と墨書された銘文が発見されました。春慶(1499没)は、鎌倉仏師の巨匠として知られる運慶の孫弟子に当たり、数々の秀作を生んだ名工です。
この尊像は、12年ごとの寅年だけに御開帳される秘仏です。

(沼南町史編さん委員会 『沼南風土記』 1981年、沼南町教育委員会 『沼南の歴史をあるく』 1990年)

お問い合わせ先

所属課室:生涯学習部文化課

柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)

電話番号:04-7191-7414

ファックス番号:04-7190-0892

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?