ここから本文です。

福寿院観音堂

概略

福寿院観音堂の写真

  • 場所
    柏市高柳1366(福寿院) 案内図(外部サイトへリンク)
  • 指定種別
    柏市指定文化財(有形文化財)
  • 概要
    宝光山福寿院の参道正面にある茅葺き、三間半四方の観音堂です。

福寿院観音堂の概要

観音堂三間半四方の小さなお堂ながら、四方に濡れ縁をめぐらした回廊造り、鹿の子建てで、入母屋型の屋根には厚く茅が葺かれ、流れ向拝がつけられています。
向拝の中備には龍の彫刻が見られ、母屋との間には二本の海老虹梁が渡されています。

石製模造品刀子、臼玉堂内の外陣には畳が敷かれ、通肘木と天井框との間には、きめの細かい間斗束が並んでいるのが特徴です。外陣と大間の間は二本の欅丸柱で仕切られており、大間の中央には護摩壇があり、
建立年代は不明ですが、前の建物が、安政2年(1855)、落雷によって焼失したと記録されていることから、それ以降の再建と考えられています。

(沼南町史編さん委員会 『沼南風土記』 1981年、沼南町教育委員会 『沼南の歴史をあるく』 1990年

 

お問い合わせ先

所属課室:生涯学習部文化課

柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)

電話番号:04-7191-7414

ファックス番号:04-7190-0892

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?