更新日2021年2月26日

ページID2909

 

ここから本文です。

法林寺の大銀杏

概略

法林寺の大銀杏の写真

  • 場所
    柏市名戸ヶ谷1046(法林寺) 案内図(外部サイトへリンク)
  • 指定種別
    柏市指定文化財(天然記念物)
  • 樹種
    イチョウ科イチョウ属 落葉高木
  • 法量
    高さ約30m
  • 樹齢
    約400年

法林寺の大銀杏の概要

大銀杏銀杏は、古代から全世界に分布している植物で、進化史的にも古い植物です。現在、日本各地で見られるものは、中国原産のものです。
この大銀杏にまつわる伝説に次のようなものがあります。康応年間(1389年頃)に越後の比丘尼が托鉢の途中、名戸ヶ谷を訪れ法林寺に一夜の宿を求めたので、一室を与えてもてなしたところ、翌朝、比丘尼が出立の時、その礼として銀杏の実を一粒取り出して「これを蒔くように」といって立ち去り、それが育って現在の大樹になったという。

(柏市教育委員会 『柏の文化財』ふるさとの渕源をさぐる 1982年)

お問い合わせ先

所属課室:生涯学習部文化課

柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)

電話番号:04-7191-7414

ファックス番号:04-7190-0892

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?