更新日2021年2月26日

ページID2907

 

ここから本文です。

高柳・善龍寺の五葉松

概略

高柳・善龍寺の五葉松

  • 場所
    柏市高柳169(高柳・善龍寺) 案内図(外部サイトへリンク)
  • 指定種別
    柏市指定文化財(天然記念物)
  • 樹種
    五葉松
  • 概要
    左右に幾重にも枝を張り、樹勢も旺盛な名木です。

高柳・善龍寺の五葉松の概要

五葉松は、本州南部や四国・九州方面に多く一カ所から五本の針葉を叢生するため、めでたい樹木とされています。
高柳・善龍寺の五葉松は、高さ約4m、根本の太さ60センチメートルで、中程より少し上から左右に長大な枝を張り、上下前後に二十もの大玉を形成しています。全体として調和のとれた美しい盆栽様の形状です。
この松樹は、文久2年(1862)に上野寛永寺の輪王宮公現法親王より下賜されたものを、住職泰然がここに植樹したとされています。

(沼南町史編さん委員会 『沼南風土記』 1981年、沼南町教育委員会 『沼南の歴史をあるく』 1990年)

お問い合わせ先

所属課室:生涯学習部文化課

柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)

電話番号:04-7191-7414

ファックス番号:04-7190-0892

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?