更新日2021年2月26日

ページID2906

 

ここから本文です。

寿量院の玄圃梨

概略

寿量院の玄圃梨

  • 場所
    柏市塚崎815(寿量院) 案内図(外部サイトへリンク)
  • 指定種別
    柏市指定文化財(天然記念物)
  • 樹種
    クロウメモドキ科 落葉樹
  • 法量
    幹囲1.5m
  • 樹齢
    約150年

寿量院の玄圃梨の概要

塚崎寿量院の玄圃梨は、日本・朝鮮・中国に広く分布するクロウメモドキ科の落葉樹です。
葉脈に長毛が生え、夏に小さな白い花を開き、球状の実を結ばせます。晩秋、霜の降りる頃には、成熟した花穂の枝が赤みを帯び、肉質に変わって甘味を含み、食用となります。アルカリ性が強く、薬用にも好まれるそうです。
この樹は、目通り幹囲1.5mの大樹で樹勢も旺盛で、樹齢も150年以上とされています。

(沼南町史編さん委員会 『沼南風土記』 1981年)

お問い合わせ先

所属課室:生涯学習部文化課

柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)

電話番号:04-7191-7414

ファックス番号:04-7190-0892

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?