ここから本文です。

底見ずの池

ここは船戸代官所にほど近い、うっそうと木々が生い茂って、昼でもうす暗い不動明王の森。南側下には、水がれを知らないように満々と水をたたえた池があります。村の人たちはこの池を底見ずの池と呼んでいます。

底みずの池の絵それは昔、ある夜おそくのことです。二人の村人が、しーんと静まり返ったこのあたりを通りかかりました。自分たちの足音にもびくつきながら、ろくに話もしないで、足早に通り抜けようとしたときです。ぴしゃっぴしゃっというかすかな水音に、ぎょっとして立ち止まってしまいました。

「おい、何か音しなかったか。」

「うん、したした。池の方からだな。なんだんべ。」

二人が池を見ますと、何やらぽうっと光っているのが見えます。

「気味悪いな。急いでけえんべ。」

「いや、もうちいっとそばまで行って見ねえか。」

こわさ半分、見たさ半分の二人はぴったりくっついて、おっかなびっくり池の方に近づいて行きました。
と、どうでしょう。金色のうろこをかがやかせた、大蛇がたわむれているではありませんか。池の水も七色に変わりきらめいています。

「おい、見たか。ゆめじゃあんめえな。」

「ああ、見た。すげえものを見たもんだ。」

この話はすぐ村の人たちのひょうばんになりました。あの大蛇はどこからやって来たのでしょうか。なんでも、印旛沼の主がこの池の主を見そめて、毎ばん通ってきたのだという話ですが、どこをどう通ってきたのかはよくわかりません。

満々とたたえられた水も今はなく、道路わきに、蛇がまきついた姿を刻んだ石が立てられています。明治のころには、目や、うろこに金ぱくがぬられていて、かっと目を見開いた蛇の姿が水にうつり、子ども心にもこわくて、外に出られなかったとお年寄りが話しておりました。

お問い合わせ先

所属課室:生涯学習部文化課

柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)

電話番号:04-7191-7414

ファックス番号:04-7190-0892

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています