更新日2021年2月26日

ページID2961

 

ここから本文です。

高島野十郎作者紹介

高島野十郎(1890年~1975年)

高島野十郎近影

福岡県久留米市生まれ。
高島野十郎は東京帝国大学農学部水産学科を首席で卒業しますが、周囲の期待にもかかわらず、水産の道に進まず画家としての人生を選びました。
初期には主に静物画を、渡欧中は風景画を手がけましたが、師を持たず、ひたすら自己に忠実に内面を掘り下げ続けました。野十郎の作品が写実の形をとりながらも、迫真の形象をとおして、人々の心の琴線をゆすって止まないのは、その清純な生きざまと澄明な眼差しによるものでしょう。
野十郎は、昭和35年(1960)都会の喧騒から逃れて柏市増尾の地に移り住みました。そして柏の田園風景をこよなく愛し、昭和50年(1975)に野田市の施設でひっそりと孤独の生涯を閉じるまで、小さなアトリエで作画に打ちこみました。名作「月」の連作はここで生まれました。
柏市教育委員会では平成12年(2000年)「孤高の画家 高島野十郎」展を開催しました。他に福岡県立美術館で作品を鑑賞することができます。

お問い合わせ先

所属課室:生涯学習部文化課

柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)

電話番号:04-7191-7414

ファックス番号:04-7190-0892

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています