ホーム > 税金 > 個人市民税 > 個人市民税に関するQ&A 死亡した者の市民税は?

更新日2021年2月26日

ページID989

 

ここから本文です。

個人市民税に関するQ&A 死亡した者の市民税は?

質問 私の父は、今年の7月に亡くなったのですが、父の市・県民税はどうしたらよいですか。

答え 個人市・県民税は、前年中の所得をもとに課税になる年の1月1日現在に住所のある市町村に納めていただくこととなっています。したがって、すでに課税が決定している今年度の市・県民税については、年の途中で亡くなられたかたについても全て納めていただくことになります。
この場合、亡くなったかたの市・県民税については、相続をしたかたに納税の義務が生じることになっています。
また、相続をする代表のかたには、相続人代表者指定届出書のご提出をお願いしております。

なお、亡くなった年の所得(1月から7月)については、翌年度の賦課期日(1月1日)現在にはいないかたとなりますので、次年度の市・県民税は課税されません。

相続人代表者指定届出書(PDF:170KB)

お問い合わせ先

所属課室:財政部市民税課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎2階)

電話番号:04-7167-1124

ファックス番号:04-7167-3203

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています