ホーム > 税金 > 個人市民税 > 個人市・県民税:税額の計算例 ケース2

更新日2021年3月24日

ページID981

 

ここから本文です。

個人市・県民税:税額の計算例 ケース2

(注意)計算方法等については、令和3年度からの税制改正に準じています。

ケース2Bさん75歳(年金収入)の場合

  • 扶養親族:妻(72歳)
  • 年金収入:3,000,000円
  • 支払った国民健康保険料:300,000円
  • 支払った医療費:160,000円(補填される額無し)

(補足)扶養親族に収入はなし。

所得の計算

雑所得:3,000,000円-1,100,000円=1,900,000円【1】

(注意)年金収入額及び公的年金等に係る雑所得以外の合計所得金額、本人の年齢により計算方法が異なります。

所得から差し引く額の計算

  • 社会保険料控除:300,000円(国民健康保険料)
  • 配偶者控除:380,000円(70歳以上の配偶者)
  • 医療費控除:65,000円(160,000円-1,900,000円【1】×5パーセント)
  • 基礎控除:430,000円

合計:1,175,000円【2】

所得割額の計算

  • 課税所得金額:1,900,000円【1】-1,175,000円【2】=725,000円【3】
  • 市民税所得割:725,000円【3】×6パーセント=43,500円【4】
  • 県民税所得割:725,000円【3】×4パーセント=29,000円【5】

調整控除の計算

【3】の金額が200万円以下の場合
次のうち少ない金額の5パーセント(市民税3パーセント,県民税2パーセント)

  • 人的控除の差の合計額=150,000円
  • 課税所得金額(【3】の金額)=725,000円

人的控除の差

=所得税-住民税=差額

(算出過程)

  • 配偶者控除:48万ー38万=10万
  • 基礎控除:48万ー43万=5万合計額:15万

 

  • 市民税調整控除額:15万円×3パーセント=4,500円【6】
  • 県民税調整控除額:15万円×2パーセント=3,000円【7】

年税額の計算

  • 市民税額:3,500円(均等割)+43,500円【4】-4,500円【6】=42,500円
  • 県民税額:1,500円(均等割)+29,000円【5】-3,000円【7】=27,500円

合計:70,000円

お問い合わせ先

所属課室:財政部市民税課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎2階)

電話番号:04-7167-1124

ファックス番号:04-7167-3203

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています