ホーム > 税金 > 個人市民税 > 個人市・県民税:税額の計算例 ケース1

更新日2021年3月24日

ページID980

 

ここから本文です。

個人市・県民税:税額の計算例 ケース1

(注意)計算方法等については、令和3年度からの税制改正に準じています。

ケース1 Aさん45歳(給与収入)の場合

  • 扶養親族:妻(45歳)、子(20歳)、子(14歳)
  • 給与収入:7,000,000円
  • 支払った社会保険料:700,000円
  • 支払った生命保険料(新契約・一般):100,000円
  • 支払った生命保険料(新契約・介護):100,000円
  • 支払った地震保険料:10,000円

(補足)扶養親族に収入はなし。

所得の計算

給与所得7,000,000円×0.9-1,100,000円=5,200,000円【1】

(注意)給与収入額によって計算方法が異なります。

所得から差し引く額の計算(所得控除)

  • 社会保険料控除:700,000円
  • 生命保険料控除:56,000円(内訳:新契約・一般分…28,000円、新契約・介護分…28,000円)
  • 地震保険料:5,000円
  • 配偶者控除:330,000円
  • 扶養控除:450,000円(20歳・特定扶養控除)
  • 基礎控除:430,000円
    (参考)令和3年度から基礎控除が改正されました。
  • 所得控除計:1,971,000円【2】

所得割額の計算

課税所得金額:5,200,000円【1】-1,971,000円【2】=3,229,000円【3】

税率…市民税:6パーセント、県民税:4パーセント(百円未満切捨)

  • 市民税所得割:3,229,000円【3】×6パーセント=193,700円【4】
  • 県民税所得割:3,229,000円【3】×4パーセント=129,100円【5】

調整控除の計算

【3】の金額が200万円を超える場合

次の1,2のうち多い金額の5パーセント(市民税3パーセント、県民税2パーセント)

  1. {人的控除の差の合計(下記「人的控除の差額」欄参照)-(【3】-200万円)}=28万円-(3,229,000円-200万円)=-949,000円
  2. 5万円
    市民税調整控除額:5万円×3パーセント=1,500円【6】
    県民税調整控除額:5万円×2パーセント=1,000円【7】

人的控除の差額
=所得税-住民税=差額…詳しくは個人市・県民税額の計算のページをご覧ください。

(算出過程)

  • 配偶者控除:38万-33万=5万
  • 特定扶養控除:63万-45万=18万
  • 基礎控除:48万-43万=5万合計額:28万

年税額の計算

  • 市民税額:3,500円(均等割)+193,700円【4】-1,500円【6】=195,700円
  • 県民税額:1,500円(均等割)+129,100円【5】-1,000円【7】=129,600円

合計:325,300円

お問い合わせ先

所属課室:財政部市民税課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎2階)

電話番号:04-7167-1124

ファックス番号:04-7167-3203

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています