更新日2021年2月26日

ページID1243

 

ここから本文です。

(減免)介護保険料

災害や生活困窮などの特別な事情により介護保険料の支払いが困難な場合は、申請により保険料の減免が受けられる場合があります。

以下では65歳以上のかたの介護保険料減免についてご説明いたします。40歳から64歳までのかたについては、加入されている医療保険者にお問い合わせください。

特別な事情とは

  1. 震災、風水害、火災などにより著しい損害を受けた。
  2. 主たる生計維持者の死亡、長期入院により収入が著しく減少した。
  3. 主たる生計維持者の収入が、事業の休廃止等により著しく減少した。
  4. 介護保険料の段階が第1段階、第2段階、または第3段階のかたで生活に困窮している。
    (補足)4の生活に困窮している方の減免については次のすべてに該当する場合は、介護保険料の減免が受けられます。
    • 介護保険料の段階が第1段階、第2段階又は第3段階であること。
      (注意)生活保護を受給されているかたは減免の対象外となります。保険料の段階については「介護保険料金額」のページをご参照ください。
    • 被保険者の属する世帯の収入の合計額が、生活保護法における保護基準の額(基準生活費については1.3倍)未満であること。
    • 世帯員の預貯金の合計額が100万円以下であること。
    • 世帯を別にする親族等の被扶養者でないこと。
    • 前年度以前の減免した保険料に未納がないこと。

減免の対象期間

  • 申請日から当該年度の末まで。
  • 翌年度以降も継続して減免を受けるためには、減免事由に変更がない場合でも年度末年度毎に減免申請をし、承認を受ける必要があります。

注意

原則として、申請日以前に既に経過した納期分の介護保険料については、減免の対象となりません。

決定までの流れ

1.減免申請

  • 減免事由に該当すると見込まれる場合は、まずは高齢者支援課資格保険料担当(電話番号 04-7167-1022)にご連絡ください。申請書等をお渡しします。
  • 関係書類がそろったら、申請書と一緒に高齢者支援課資格保険料担当へ提出してください。

提出書類

介護保険料減免・徴収猶予申請書、収入・資産状況申告書

2.訪問調査

担当職員2名が調書作成のため、ご自宅を訪問し、生活や世帯の状況等をお伺いする場合があります。

3.決定

減免の事由に該当すると認められた場合は「承認」、認められない場合は「不承認」として決定されます。

4.通知

決定した結果を書面にて通知いたします。

お問い合わせ先

所属課室:保健福祉部高齢者支援課 資格保険料担当

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館2階)

電話番号:04-7167-1022

ファックス番号:04-7167-1282

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?