ホーム > 介護・福祉・障害者 > 介護保険 > 介護保険料 > 亡くなられた場合の介護保険料について

更新日2021年2月26日

ページID1245

 

ここから本文です。

亡くなられた場合の介護保険料について

対象となる方

65歳以上の方

保険料の納付義務の承継

納付義務者が死亡され相続が生じた場合は、その納付義務は相続人に承継されます。

死亡により介護保険料額が変更された場合は、資格喪失日(死亡日の翌日)の前月までを月割りで算定します。介護保険料が納め過ぎの場合は、相続人の方に還付します。また、不足の場合は、相続人の方に不足分を納付していただくことになります。納付についてご相談がある場合は、高齢者支援課資格保険料担当へご連絡ください。

送付先の変更

亡くなられた後も、介護保険料について文書をお送りすることがあります。亡くなられた方の住所地に誰も住んでいない場合などは、送付先変更の手続きをお願いします。手続きについての案内と申請書を送付しますので、高齢者支援課資格保険料担当へご連絡ください。

お問い合わせ先

所属課室:保健福祉部高齢者支援課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館2階)

電話番号:04-7167-1022

ファックス番号:04-7167-1282

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?