トップ > 市政情報 > 計画・政策 > 計画・取組み > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉・障害者福祉 > 新たな地域健康福祉計画策定に向けた市民ワークショップを開催

更新日令和5(2023)年12月26日

ページID36826

ここから本文です。

新たな地域健康福祉計画策定に向けた市民ワークショップを開催

ポスター

令和7年度から6年間の柏市における地域健康福祉に関する計画を策定するにあたり、市民の皆さんと一緒に柏のまちづくりについて、意見やアイディアを出し合い、柏の未来の在り方を考えるワークショップを開催します。

カードゲームやレゴブロックを使い、楽しく想像を膨らませていきながら未来の柏の地域健康福祉について語り合うワークショップです。

より多くの市民の皆さんの声を伺いたいと考えておりますので、皆様の参加を心よりお待ちしております。

地域健康福祉計画とは

地域健康福祉計画は、社会福祉法第107条の規定に基づく「市町村地域福祉計画」として位置づけるものです。本計画は、地域健康福祉に関する理念の提示や方向性を定めることを主たる役割としています。これに基づき、地域で起きている健康福祉課題について、地域に主眼を置き、そこに住む様々な世代の人々とともに解決をしていくことを目的としています。

日時

令和6年1月21日(日曜日)午前9時30分~12時30分

場所

ラコルタ柏(教育福祉会館)4階集会室

内容

楽しみながらまちづくりについて対話するカードゲーム「ローカルダイアログ」や、自分の想いやアイディアを言葉にする「レゴ®シリアスプレイ®」を使い、柏のまちづくりの未来について語り合います。

人前で話すことや自分の意見を言葉にするのが苦手なかたでも楽しく御参加いただけます。

ローカルダイアログとは?

ローカルダイアログは、自分たちが住みたいまち、暮らしたいまちの姿を考え、ダイアログカードというまちに関する質問の書かれたカードを使って対話しながら、まちづくり戦略を作っていくワークショップです。対話しながらゲームをするように進めることができるので、年齢・職業・経験を問わずどなたでも、自由かつ平等に対話をしながらまちづくりに参加することができます。ローカルダイアログの様子

「レゴ®シリアスプレイ®」とは?

レゴ®シリアスプレイ®とは、その名前のとおりレゴ®ブロックを用いたワークショップです。NASA(米国航空宇宙局)やハーバード大学などでも使われている対話技法で、投げかけられた「問い」に対して自由にレゴを組み立ててブロックの作品にし、楽しく他の参加者のかたと対話をしていくことで、隠れた想いやアイデアを引き出します。

レゴシリアスプレイの写真

 

 

対象

市内在住のかた

※応募者多数の場合は、開催時間枠の追加または抽選で参加者を決定します。御参加いただくかたには、ご登録いただくメールアドレス宛に12月末までに参加決定の連絡をいたします。

申込方法

下記申込フォームよりお申し込みください。

申込フォーム

締切

令和6年1月19日(金曜日)

★受付期間を延長しています!

関連ファイル

市民WSチラシ

地域健康福祉計画ワークショップチラシ(PDF:9,897KB)

お問い合わせ先

所属課室:福祉部福祉政策課

柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館2階)

電話番号:

お問い合わせフォーム