あの日の二番街

最終更新日 2020年6月1日

ページID 055047

印刷

今でこそ柏は、若者の街、音楽の街

なんて言われてますけど

オレが「ミュージシャンになるッ!」と思い立った1979年頃

柏はまだ「若者の街」なんて微塵も言われてませんでした

もちろん「音楽の街」の雰囲気もありませんでした

オレは柏・二番街のモンテローザでバイトしながら

アマチュアバンドを一生懸命やってましたね

モンテローザのバイトは時給390円から始まりました

オレの作るアイスミルクティーはそりゃもう絶品でした

バイトですからコストとか考えませんからね

ほぼ100%牛乳で紅茶を煮出します

そりゃ美味しいハズですよ、高コストですけど

そしてオレの作るピザトーストも絶品と評判でしたね

バイトですから原価のコトなんて微塵も考えない

だからバンバンに具を入れるワケです

もうね、ハムと野菜とチーズがパンに山盛りですよ

ええ、美味いハズですよ、大評判ですよ

2ばんがい01

そんなオレを「河合は料理が上手」と勘違いした店長の小林さん

ガンガンに時給を上げてくれましたね

あっという間に時給が420円ぐらいまでアップ!

え?そんなに上がってないじゃないか?

いやいや、当時420円のバイトは高給取りですよ

で、月数万円のバイト代を得まして

そして全~部、楽器代につぎ込むワケです

つぎ込む時間とお金

プロになれる可能性

これを天秤にかけたら・・・

冷静な大人は人生賭けてこんな低確率なコトしません

これね、若くて無謀だから、こんなコトできるんですよ

いや~ホント若いってスゴイですよね

さあプロになるんだ!

と思ってから初めて立ったステージは二番街の京北ホール

まだ19才、ここからアマチュアバンド活動がスタートします

コンテストに出て、小さな学園祭に出て

そして秋、大きなステージのチャンスが来ます

当時、二番街祭りってのがありまして

柏長崎屋前(現ドン・キホーテ)に特設ステージが組まれて

地元バンドが数組演奏するイベントがありました

そこに出演しないか?ってお話です

オレと中野は小躍りして喜びましたね

(当時はパッパラーでもサンプラザでもなかった)

オレと中野の初めての晴れ舞台と言えるでしょう

さあ二番街祭り当日です

もちろん小林店長、モンテローザ専務の畑さん

みんな観に来てくれましたね

ステージからは母親と姉の姿も見えました

誰かから「出るらしいよ」と聞いたんでしょう

演奏が始まります・・・まずは1曲目は・・・

「尻の穴から出たい」って曲

小林さんも畑さんも奇天烈さに度肝を抜かれた様子

そして次の曲は「ミミズのラブソング」です

おおよそ理解しがたい曲だったようです

いつの間にか母と姉は立ち去ってましたね

まあ19年育てた息子が「尻が~」と歌うとは

思ってなかったのでしょう

2ばんがい02

  これは「ミミズの衣装」と自分たちで呼んでましたね

演奏が終わると小林さんと畑さんは

「た・・・楽しかったよ・・・」

と目を泳がせながら誉めてくれました

多分それが精一杯の言葉だったのでしょう

ありがたいです

家に帰ると母は何も言いませんでした

口の悪い姉は「なんなの?あの曲は?あの衣装は?」と怪訝な顔

まあ10年早かったかな・・・ハッハッハ!

そして4年後、オレと中野は爆風スランプでデビューします

デビューして36年が経ちましたけど

あの二番街でのステージは忘れないんですよ

特に遠くで不安げに観てた母と姉の様子

いやいや・・・不安だったろうなぁ・・・ハッハッハッハ!

そんなワケでオレ達を育ててくれた柏

今年の秋は駅前でステージできるかな?

安全あっての音楽ですからね

もう少し頑張ろうっと!

(つづく・・・レイソルは7月4日再始動!)

情報発信元

パッパラー河合の とことん!KASHIWAマイ・ラブ


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート