【第143号】満開の手賀沼ヒガンバナ(その1)

最終更新日 2020年10月9日

ページID 056465

印刷

【第143号】満開の手賀沼ヒガンバナ(その1)
前号で開花状況をお伝えしましたが、今年の彼岸花の開花は、例年より1週間程度遅れ、令和2年10月2日頃が見頃となりました。
10月2日、この日、手賀沼は朝から深い霧に覆われていました。筆者は毎朝4時~6時手賀沼を早朝ウォーキングしている関係で、彼岸花の開花状況も見ています。

ああ
早朝5時ごろから、満開の彼岸花を見ようと、何人かの方が群生を訪れていました。

あ

今日10月2日は、まさに満開の彼岸花日和です。紅、白、そして今年は黄色の彼岸花も植えられていました。

リコリス・オーレアという品種だそうです。2か所に2本の黄色が植えられていました

あ
黄色の彼岸花、珍しさの余りカメラに収めている方が、何人もいらっしゃいました。
そして、秋山柏市長が、彼岸花を応援しにお越しになりました。

市長を歓迎するかのような満開の彼岸花です。秋山市長には、5年連続で毎年ここを訪れて頂いています。今回は、一列に植えられた<岸花小径>を、わざわざ500メートルぐらい歩かれてから、群生地に来ていただきました。

あ

ボランティア団体「一球会」の大山会長の説明を受ける秋山柏市長。毎回、感激されています。

あ

一球会メンバーの労をねぎらって、記念写真です。(筆者も一球会会員として参加しています)

ああ

秋のカシニワフェスタの会場として、パネル展示もしていました。

ああ
この日会場には、県会議員、我孫子市会議員、柏商工会議所、道の駅しょうなんからも視察に来ていただきました。十分認識をあらたにしていただいたと思います。

ああ

展示されていたパネルより

あ
展示されていたパネルの一部です。

あ

ここは曙橋駐車場隣接地です。今から8年前、「手賀沼に名所づくりを」を合言葉にボランティア団体「一球会」がここから植え始めました。
球根を育て、穴を掘り、一個一個球根を植えて、今ではここから緑道の2000メートル先まで植わっています。
目標は、手賀大橋まで4.5キロメートルにわたって彼岸花を植えようとしています。遠大な計画です。

ああ

黄色の彼岸花が映えますね。

あ

しっかりとカメラに満開の彼岸花を収めていました。

ああ
曙橋より2000メートル先の彼岸花。一番先に咲いてくれました。
今回はこの辺で。

次回は続いて「【第144号】満開の手賀沼ヒガンバナ(その2)」です。お楽しみに。
最後に、
今回訪れた、何人かの方に「柏市のホームページ『柏人への道:ぐる~っと手賀沼』を見てきたよ!」と言っていただきました。

このブログがお役に立ててるようでうれしく思いました。

情報発信元

柏人への道(ぐる~っと手賀沼)


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート