【第121号】<令和二年>手賀沼から謹賀新年

最終更新日 2020年1月10日

ページID 053401

印刷

【第121号】<令和二年>手賀沼から謹賀新年

柏市民の皆さま。あけましておめでとうございます。今年も「ぐる~っと手賀沼」ブログ発信して参ります。どうぞよろしくお願い致します。
令和二年になって初めのブログは、何といっても<初日の出>ですね。
柏の皆さんの初日の出ベストスポットはどちらですか? 
筆者は、手賀沼近くに住んでいますが、やはり手賀大橋からが多いようですね。
私はここ数年、我孫子市高野山 桃山公園から手賀沼を見下ろす感じでご来光を拝んでいます。
手賀沼の美しさを高台から望めることと相まって、柏市手賀地区上空から現れる姿が気に言っています。
しっかり、日の出の光が手賀沼に降り注いでくれますし。

aa
左:午前5時25分 右:午前6時1分(約1時間前です)

a
あいにくの曇り空(予定時刻より20分過ぎ)綺麗な光芒(こうぼう)が出現しました。

a
今年はあいにくの曇り空でしたが、予定時刻より30分後雲の上からご来光を拝むことができました。
動画でも、初日の出のまでの模様(雲の動きばかりですが(汗))をご覧ください。

<動画>
初日の出の模様を動画でご覧ください

     
【コミミズク】

正月早々友人から、手賀沼の田圃に、珍しい鳥が飛来してるとの情報を得て、現場に向かいました。
手賀沼から流れ出る手賀川<水道橋ー浅間橋>左側の地域。たくさんの野鳥ファンがシャッターを下ろしてました。手賀川の左側に並行して流れる水路(ここまでの間が実はまだ柏市の行政区域)手賀川とこの水路間の水田を数羽が飛び交っていました。
「冬の草原のアイドル」とも言われているコミミズク。体調40センチほどのフクロウの仲間で渡り鳥だそうです。
手賀沼には7~8年ぶりの飛来だそうです。獲物は、ハタネズミなどの小動物とか。

a
珍しい鳥を見ることができました。偶然、うまく撮れました。

aa
飛ぶ姿もかわいいですね。

aa
沢山の野鳥ファンが訪れていました。それだけ珍しいんでしょう。

a
これは、友人からお借りした(掲載許可済)、コミミズクの勇姿です。こんな写真を撮りたいものです。

【一球会のニホンスイセン】
いよいよ ニホンスイセンの時機到来?。手賀沼自然ふれあい緑道にニホンスイセンの花が咲き始めました。
風が強く毎年期待を裏切っていますが、今年はどのくらい咲いてくれるのでしょうか?楽しみです。

a

aa
5000球ぐらいの球根が植わっています。秋の彼岸花に沿って植えてますが、こちらは群生地です。
植栽してから初めての開花です。さあ、どのくらい咲いてくれるでしょうか>

aa

以上、令和2年最初のブロブをお届けしました。今年もどうぞお楽しみください。

情報発信元

柏人への道(ぐる~っと手賀沼)


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート