柏人への道(ぐる~っと手賀沼)

更新日 2020年7月10日(金曜日)

【第134号】全滅の手賀沼ハス群生地

【第134号:全滅の手賀沼ハス群生地】

筆者は、40年余りこの地に住んでいますが、こんな状況を見るのは初めてのことです。
なんと「手賀沼のハスが全滅」しているのです。
2,3年前まではハスが繁茂しすぎて、いかにして繁殖を防ぐか関係者が苦慮してたというのに。悲しいことです。手賀沼の名物が無くなってしまったのですから。
浜田県議さんのホームページによれば(転載許可済)「昭和23年頃、岩井地区の農家が市場出荷するために市川市の行徳から種根を取りよせ、沼内の浅瀬や、付近の水田で栽培していたものだといわれています。当時の手賀沼には、完全な堤防もなかったので、根茎が沼地内へ伸びたり、出荷時に沼の澄んだ水で蓮根を洗った際に不良品として捨てられたものが自生し、50年の歳月を経て10ヘクタールにも及ぶ大群生地となりました。又、蓮葉の下は小魚の産卵場所となっており、蓮の実は手賀沼で越冬する鴨等、水鳥の貴重な餌となっています。」と掲載されています。
     

これは 昨日2020年7月9日、雨のハスの群生地です。全くハスがありません。壊滅状態です。   
この状態をマスコミも注目し、新聞社1社、TV局が2社取材していました。

あ

あa

あ
本当に驚くばかりです。なぜそうなったのか、原因はわかっていません。
     
以下は、このブログでもお知らせした「懐かしの手賀沼ハスの群生地」写真です。
<【第63号】2017年7月>

あ
こんなに咲いていたんですね。
     
<【第87号】2018年6月【第89号】2018年7月>

a
繁茂しすぎて、刈り取り方法を検討していた時もありました。

<【第107号】2019年6月>

あ
これは昨年ですが、なんと今日の状態を予見してたような減少したハスの群生地でした。
     

・・・・・・・

ところが、【朗報】なんと先日7月6日、友人がハス見物用桟橋内にハスが咲いてるのを発見したとの報を受け、さっそく取材してきました。
・・・・・・・
7月6日撮影 二輪が元気よくその姿を見せてくれてました。

あ

あ
強風にあおられ、わずか3日で散ってしまいました。新たな花があと数日で咲くでしょう。
あ

(7月9日午後)
現在、ハス見物用桟橋は、立ち入り禁止になってますので、近くに行ってみることはできませんが
柏土木事務所の許可を得て特別に近くまで行き撮影することができました。

残念ながら、今年は蓮見舟も納涼船も出航されないようです。寂しい手賀沼の夏になりそうです。
来年はいったいどうなることでしょう。どうか復活してほしいものです。

それでは、最後にいつもの手賀沼の朝をどうぞ。

あ

ああ
6月21日 午前4時過ぎに撮影しました。
それでは今回はこの辺で。

更新日 2020年6月26日(金曜日)

【第133号】リニューアル手賀の丘公園キャンプ場(最終回)

【第133号】リニューアル手賀の丘公園キャンプ場(最終回)

前回、前々回に続き、リニューアルされた手賀の丘公園キャンプ場を紹介します。
RECAMPしょうなんには、いくつものキャンプサイトが設けられています。
【デイキャンプサイト】【どんぐりの森キャンプサイト】【木漏れ日オートサイト】(前々号で掲載)
【木漏れ日オートサイト】【桜の森キャンプサイト】【てがぬまビューサイト】【テントキャビンサイト】(前号で掲載)
などなど場所を変えて楽しいエリアがあります。

今回はリニューアル手賀の丘公園キャンプ場シリーズの最終回です。
(撮影および掲載に当たっては、RECAMPしょうなん様、入場者の方の承認を得ています)

【ふかふか芝生フリーサイト】
ここは、かつて飯盒すいさんが行われてエリア。学校行事でよく使ってましたね。
筆者にとっては、親しみやすい場所です。森のエリアとは違って、上には広い空がありますね。立派なトイレも近くにあります。
春には、山桜も顔を見せてくれます。かつてドローン撮影もさせていただきました。
あ
この向こうに、手賀沼があります。歩いて5分ぐらいですね。

ああ

あ
芝生もきれいに整備されています。利用してる方も、手入れの良さにびっくりしてました。


【手賀の丘キャンプサイト】
まさに、<手賀の丘>そのものです。程よく森林も茂っていて、小鳥のさえずりも聞こえてきます。
朝の空気がおいしそうです。区画もゆったりしています。

あ

ああ
上空4メートルから、空撮しました。


【カジュアルグランピングサイト】
グランピングとはグラマラス(Glamorous=魅力的な)とキャンピング(Camping=キャンプ)を組み合わせた造語で、キャンプ道具を持って行ったり、テントを張ったりすることなく、自然のなかで気軽にキャンプを楽しめる新しいキャンプスタイルだそうです。今、はやりの言葉ですね。
広々した場所に常設テントサイトも設置されるそうで、角地にあり、ちょっと贅沢・優雅になれそうです。

あ


【家族】
楽しそうにキャンプをしている家族・友人の皆さんです。
(ご家族より、掲載許可をいただいております)

あ

ああ


【まとめ】
生まれ変わった手賀の丘公園。全体を眺めてみましょう。
<フォレストエリア>と<レイクエリア>に分けられています。
あ

あ
(RECAMPしょうなん様提供)

かつて、市営の時代はキャンプができるところはふかふか芝生フリーサイト、桜の森キャンプサイトあたりしかありませんでした。しかもディキャンプのみ。それが、手賀の丘公園の森林の中にもスペースが設けられ、大きな変身を遂げました。これからの柏・沼南地区の発展に寄与してくれるものと大いに期待しております。

それでは今回はこの辺で。

更新日 2020年6月19日(金曜日)

【第132号】(続)リニューアル手賀の丘公園キャンプ場

【第132号】(続)リニューアル手賀の丘公園キャンプ場
前回に続き、リニューアル手賀の丘公園キャンプ場を紹介します。
RECAMPしょうなんには、いくつものキャンプサイトが新設されています。
【デイキャンプサイト】(前号で記載)
【どんぐりの森キャンプサイト】(前号で記載)
【木漏れ日オートサイト】(前号で記載)
今回は、引き続いて
【木漏れ日オートサイト】
【桜の森キャンプサイト】
【てがぬまビューサイト】
【テントキャビンサイト】

いろいろ考えられたサイトがあります。今まで市営の手賀の丘公園キャンプ場といわれていた頃には
考えられなかったスペースがキャンプサイトにリニューアルされています。

(撮影および掲載に当たっては、RECAMPしょうなん様、入場者の方の承認を得ています)


【木漏れ日オートサイト】
テントサイトまで自家用車(大型キャンピングカー不可)で行くことができます。桜の森も近くです。

あ

あ

     
【桜の森キャンプサイト】
こちらは、筆者のおすすめのサイトです。3月末の<桜の季節>には山桜がサイトを包んでくれます。

あ

あ


【てがぬまビューサイト】
この場所は、かつて手賀沼を見下ろす高見やぐらがありました。いまでは、それも撤去され手賀沼を見下ろすキャンプサイトに生まれ変わりました。
頭上には、樹木がなくすっきりとしています。夜には、星空がきれいに見えることでしょう。
あ

【テントキャビンサイト】

ここは、かつてひな壇のキャンプスペースがあったところです、桜の森に囲まれています。きれいに整備されています。
区画がひな壇になっており、となりを気にせずキャンプが楽しめる素晴らしいサイトです。

a

あ

今回は、ここまで。
次回までお楽しみに。
梅雨の時期、キャンプも大変と思いますが、あらたな<しょうなん>に期待大です。

更新日 2020年6月12日(金曜日)

【第131号】リニューアル手賀の丘公園キャンプ場

【第131号】リニューアル手賀の丘公園キャンプ場
久しぶりに投稿します。約2カ月間、コロナ禍のため手賀沼情報を控えさせていただいておりました。手賀沼自然ふれあい緑道の駐車場閉鎖も解け、マスク着用、ソーシャルディスタンスを励行したランナーたちも戻ってきました。
さて、3月投稿の【第127号】【第128号】でもお知らせしましたが、手賀の丘公園キャンプ場がついにリニューアルオープンしました。

今回と次回、その模様をお知らせします。
市内片山地区にある憩いの場所「手賀の丘公園」の、どんぐりの家、バーベキュー広場、キャンプ場が4月18日、5月9日とコロナの影響でオープンが2度にわたり延期され、ついに6月5日「RECAMPしょうなん」としてオープンしました。運営主体が今回、柏市から民間会社(Recampグループ)に移管されました。移管されたのは、管理棟:どんぐりの家、バーベキュー広場、キャンプ場部分であり、手賀の丘公園全体の管理は柏市の管轄です。
(撮影および掲載に当たっては、RECAMPしょうなん様、入場者の方の承認を得ています)

ああ
手賀の丘公園キャンプ場管理棟:どんぐりの家
受付、物販販売、レンタル用品、シャワールームなどがあります。

多くの市民の方が心配されてますが従来からの
1.アスレチック 2.恐竜滑り台 3.芝生広場 4.じゃぶじゃぶ池(現在閉鎖中)5.森の散策などは
従来どおり柏市管理の<無料の施設>です。お間違いなく。


<デイキャンプサイト>
今までの、バーべキューサイトが、きれいに区画され生まれ変わっています。
環境を意識した色彩の炊事トレーラーハウスが園内には3棟備わっています。

あ

あ
炊事場きれいですね。

ああ
近くに駐車場もあります。オープンの日は、何組かの家族がデイキャンプのテントを張ってましたね。テーブルも備わっています。

<どんぐりの森キャンプサイト>
ここは、今までまったくの森林空間を、新たにキャンプ場スペースとして確保されたそうです。
筆者は、ここまですごいキャンプサイトにリニューアルしたのかと驚きでした。夏は涼しいキャンプサイトになるでしょうね。コロナ対策を考慮して、一区画の面積も他キャンプ場よりも大きく取ってるとのこと。配慮が行き届いています。
来場者に聞きましたが、どなたも満足されてました。

あ
通路には、木材チップが敷き詰められ、ふわふわ感でよかったですね。

ああ

あ
皆さん楽しそうに、くつろいでいました。隣との距離も十分あります。

ああ
上空4メートルから空撮してみました。


<オートサイト>
一部キャンプサイトまで、車で入ることができます。大型のキャンピングカーは、樹木が邪魔して無理ですね。
あ

ああ
場内まで、車で入場できます。

あ
こんな近くまで車OKです。これはいいですね。

このほか
・桜の森キャンプサイト
・手賀の丘キャンプサイト
・てがぬまビューサイト
・ふかふか芝生のキャンプサイト
・カジュアルグランピング

など、まだまだ楽しみなサイトがあります。次回ご紹介します。
柏市、しょうなん地区に新たな空間が生まれました。
しょうなん地区の活性化となれば、うれしいですね。それではまた。

<最後に手賀沼の空をどうぞ>
6月11日午前4時30分ごろ撮影です。
あ
あ

それでは次回まで。

更新日 2020年4月13日(月曜日)

【第130号】手賀沼自然ふれあい緑道

【130号】手賀沼自然ふれあい緑道

運動不足になりがちな毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか?
今回は、きれいに整備された手賀沼南岸に設置されている<手賀沼自然ふれあい緑道>をご紹介します。
筆者は、ほぼ毎日手賀大橋から手賀沼の出口曙橋朝5時~7時早朝散歩を楽しんでいます。

あ
穏やかな手賀沼と手賀大橋です。

あ
このように整備された自動車進入禁止の緑道が整備されています。

手賀沼自然ふれあい緑道は、手賀沼の自然に親しんでいただくよう、沼の南側の柏市北柏橋から、手賀曙橋に至る堤防を利用して整備した全長9.4キロメートルの緑道を言います。

ああ
自転車道と歩行者・ランナー優先道路が分かれています。

あ
その傍らにつづく<芝生の公園>がきれいに整備されています。

あ
舗装道路に隣接して、くねくね道もあります。

ああ

あ
きれいに刈込された芝生面です。

a
ここは、彼岸花が植えられているサージタンク広場です。こんな朝日もいいものです。

あa
芝生公園の中に、たった一輪ずつ、スイセンとチューリップが咲いていました。なんだかうれしくなりました。
今回は、緑道の整備された<芝生>を中心にご紹介しました。
最後に手賀沼の<日の出>をどうぞ。

あ
令和2年4月9日 午前5時30分撮影
それではまた。

お問い合わせ先
広報広聴課 / 電話:04-7167-1175 メールフォーム