柏人への道(ぐる~っと手賀沼)

更新日 2019年8月9日(金曜日)

【第110号】第30回手賀沼花火大会

【第110号】第30回手賀沼花火大会

8月3日、手賀沼湖上で、恒例の花火大会が行われました。その模様をお届けします。
手賀沼の中に突き出た<桟橋>で撮影しました。湖面に映る花火をどうぞご覧ください。
a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a
湖面に映る花火、堪能いただけましたか?
来年は、五輪で騒がしい時期。警備などの問題で開催を危ぶむマスコミ情報もありますが、何とか続けてほしいものです。
それではまた。

更新日 2019年7月26日(金曜日)

【第109号】柏市消防局の水難訓練

【第109号】柏市消防局の水難救助訓練

去る7月19日午前中、道の駅しょうなん、手賀大橋付近で柏市消防局による「令和元年度水難救助訓練」と銘打った水難救助訓練が行われました。その模様をお伝えします。

私たち柏市民の安心安全を日々守っていただいている市消防局では、
水難事故の増加が予想される夏のシーズンを前に、各部隊の連携強化を目的とした水難救助訓練を実施しました。
この訓練では、手賀沼でセーリング中のヨットが転覆し、乗員2名が転落したという水難事故を想定し、救助活動が展開されました。

aa

a

訓練内容としては、手賀大橋付近に指揮本部を設定し、救助艇、救命ボートと無人航空機(ドローン)が
連携して上空と水上から要救助者を捜索、発見次第救助隊による救出活動を実施しました。

aa

今回の水難救助訓練のトピックスとしては、東葛5市の中での初めての「ドローン」による訓練だったようです。

aa

a

市消防局によれば無人航空機(ドローン)の活用として
・火災発生時の拡大状況及び部隊展開の確認等の火災対応
・水難救助や土砂災害現場による要救助者検索活動
・事故時の救助活動に関する周辺状況の安全管理及び情報収集活動
・大規模災害時の広域的被害状況の把握等の広域災害活動
などが考えられているそうです。

aa
ドローンのカメラが、大型モニターに映しだされていました。

a

柏市消防局では、今年度中にドローンを2機購入予定で
・赤外線検知システム付きドローン(5月購入済)
・ズームシステム付きドローン(下期購入)だそうです。

a

救命ボートと無人航空機(ドローン)が連携

aa
訓練で使用された救命艇
   

筆者も個人的にドローンを所有してますので、興味をもって、訓練風景を拝見できました。
市消防局のドローン活用もますます重要性を増してくるでしょう。

【参考資料:柏市ホームページ、消防局配布資料(転載許可済み)】


それでは最後に、梅雨明け間近な手賀沼の風景をどうぞ。
a
7月25日 5:15 撮影 霧が出てきました

それでは、次回また。

更新日 2019年7月12日(金曜日)

【第108号】蓮見舟水路刈り取り作業

【第108号】蓮見舟水路刈り取り作業
毎年、7月下旬になると、手賀沼名物「蓮見舟」が運航されます。その前に蓮見舟の水路を確保するためのハスの刈り取り作業が、7月8日に行われました。その模様をお伝えします。
連日の曇り空、梅雨寒の気候が続く中、この日は珍しく青空が広がりました。
aa
今年は、例年よりハスの生育が遅れているようです。背丈もそうですが、ハスの花はまだありません。

a
蓮見舟にのって、現場に向かい、草刈り機、鎌などを使い、刈り取っていきます。

aa
まだ、背丈も低く、刈り取り作業としては、いま一つ満足した結果ではありませんでした。

a
この水路は、民間の蓮見舟運航会社のほか、道の駅しょうなんの納涼船の水路、ハス祭りの水路としても利用されます。
    
さて、これはジャングルのようですが、例年行われる「ハス祭り」で運航される蓮見舟の船着き場付近の葦(あし)を刈り取っている様子です。
手賀大橋より東へ500メートルほどの手賀沼自然ふれあい緑道に隣接した場所です。
aa
細かいところは、鎌を使って刈り取っています。

a

今年も、きれいなハスが鑑賞できるといいですね。

aa
特定外来生物「ナガエツルノゲイトウ」が繁殖していました。困ったものです。
今回はこの辺で、また次回!

更新日 2019年6月28日(金曜日)

【第107号】ハスの群生地は今

【ハスの群生地は今】

1か月ぶりの投稿です。もう6月も残すところ、あとわずかとなりました。今回は「手賀沼ハスの群生地」最新情報をお伝えします。
10日ほど前になりますが、ご覧のような状況です。

aa
柏側、手賀沼自然ふれあい緑道から見るハスの状況は、このように<ハスの茎>が見当たりません。

a

年々、ハスの群生箇所が沼の中心方向(手前から向こう側)へ移動しています。

a
残念ながら、ついに今年は、陸側から直接肉眼でハスの花を見ることは難しいようです。

a
7月後半からは、蓮見舟が就航(有料)しますのでそれに期待するしかありません。
今日現在は、この写真を撮影した時より生育してると思いますが、それにしても茎の生えてない場所はこのままでしょう。
原因は、よくわかりませんが、コブハクチョウに新芽を食われたのか、老木の茎になってしまったのか、ほかの原因なのか
悲しいハスの群生地になりそうです。次号で、引き続き最新情報をお伝えします。
    
それでは、いつもの手賀沼の朝(午前4:30ごろ)をご覧ください。
<6月14日>

a
日の出の瞬間

a
日の出から5分経過で、こんなに日が昇っています。

<6月17日>

a
日の出前が一番美しい

a
日の出の瞬間

a
朝日に照らされた手賀沼の水面がきれいです。カワウも気持ちよさそうに、湖面を見ています。

<6月18日>
a
前夜からのストロベリームーン。曇り空の一瞬の間隙をぬって撮りました。(4時14分)
ちなみに 満月の呼び名をアメリカでは
5月は、花が咲く頃で「Flower Moon」
6月は、イチゴが熟す頃で「Strawberry Moon」
7月は、雄ジカの枝角が伸びきる頃で「Buck Moon」というらしいですよ。
来月の満月は6月と同様17日です。しっかりBuck Moonを拝見したいと思っております。

a

日の出から5分後
いつも見ても、手賀沼の朝はすがすがしいし、気持ちいいですね。
それでは、次回まで。

更新日 2019年5月17日(金曜日)

【第106号】令和元年手賀沼あれこれ

【第106号】令和元年手賀沼あれこれ
長かった10連休もすみ、ふだんの手賀沼が戻ってきました。今回は、10連休も過ぎた手賀沼歳時記をお届けします。

【手賀沼自然ふれあい緑道の芝刈り】5月9日
手賀沼ふれあい緑道は、沼の南側の柏市北柏橋から、手賀曙橋に至る堤防を利用して整備された全長9.4キロメートルの緑道です。そこには、自転車道、歩行者道があり、緑道と並行してグリーンベルトが整備されています。
伸びきった雑草を整備していただいてる作業風景を取材しました。

a
このように芝刈り機で刈った後は、きれいになっています。ここを散歩するのもいいですね。
この芝生の地中には、直径3メートルの導水管が通っていて、手賀沼の浄化に役立っています。

aa
細かいところは手作業です。女性社員も頑張っています。

a
最新鋭の外国製芝刈り機が、快調に作業を進めています。

aa
小回りが利く優秀な芝刈り機だそうです。緑道管理業者さんも、この4月から、新しく担当することになってまだ勝手が分からず、戸惑いもあるようですが、5月一杯で全長9.4キロメートルをひとまず終えるようです。
この作業は、年間を通して行われます。緑道の景観を維持していただいていることに感謝です。

【マコモタケの田植え】5月11日
もはや、手賀沼の名産品とまで言われている<マコモタケ>。そのお田植え風景を見せていただきました。マコモタケとは、大きなイネのような姿をした高さ2メートル以上に成長したイネ科の多年草「マコモ」の肥大化した茎の部分のことをいい、その成長したマコモの茎の部分に黒穂菌(くろぼきん)とよばれる菌が寄生し、茎の根元を肥大させます。これをマコモタケと呼び、食用として食されています。その田植えをしてる風景です。今年もいよいよスタートしました。4カ月~5カ月後立派なマコモタケに生長します。

こうして一株、一株丁寧に植えられていきます。株が大きいのでお米の田植えと違って機械に頼ることができません。

a

泥に足元をとられながらの、結構な重労働です。

aa
東経140度00分00秒(柏市戸張付近)に位置するマコモタケ田んぼ。地上7メートルm上空からの空撮です。

a
田んぼを提供している農家のHさんと、マコモタケを守るボランティアのみなさん。

aa
育てていた苗を取り、田んぼに植えて替えていきます。人手に頼よっています。
今年も、9月末から10月にかけて出荷されます。



【手賀西小学校のいちご狩り】5月13日
きょうは、待ちに待ったいちご狩りの日。創立134年の柏市立手賀西小学校の楽しみの行事です。
全校生徒約170名が、近くの手賀沼の近くにあるいちご園に招かれました。
aa
いちご園は学校から近い距離にあるので大きな入れ物を抱えながら、遠足気分で歩いて行きました。

a
いちご園の方から、採り方の説明をうけたあと、クループに分かれて8棟のいちご園で摘み取り開始です。

a
園内はいちごのあま~~い香りがいっぱい。たくさんのイチゴを食べたり、採ったりで楽しい時間を過ごしました。先生も一生懸命でした(笑)

aa
これは、家族へのお土産です。たくさん採れましたね。いちごジャムもできそうですね。

a
帰りの荷物を整理しているところです。約1時間余りでいちご狩り終了です。
このいちご園のご家族も、手賀西小学校の卒業生で、十数年前からお世話してるとのこと。
いちご狩りが、学校行事に毎年組み込まれているなんて、贅沢ですね。小学校時代の楽しい思い出です。

<最後に手賀沼の日の出をどうぞ> 5月5日 こどもの日 午前4時53分
どんどん日の出時刻が早くなってきます。今週は4時半ごろでしょうか?

a
長くなりましたが、今週はこの辺で。それでは次回まで。

お問い合わせ先
広報広聴課 / 電話:04-7167-1175 メールフォーム