柏人への道(ぐる~っと手賀沼)

更新日 2019年5月17日(金曜日)

【第106号】令和元年手賀沼あれこれ

【第106号】令和元年手賀沼あれこれ
長かった10連休もすみ、ふだんの手賀沼が戻ってきました。今回は、10連休も過ぎた手賀沼歳時記をお届けします。

【手賀沼自然ふれあい緑道の芝刈り】5月9日
手賀沼ふれあい緑道は、沼の南側の柏市北柏橋から、手賀曙橋に至る堤防を利用して整備された全長9.4キロメートルの緑道です。そこには、自転車道、歩行者道があり、緑道と並行してグリーンベルトが整備されています。
伸びきった雑草を整備していただいてる作業風景を取材しました。

a
このように芝刈り機で刈った後は、きれいになっています。ここを散歩するのもいいですね。
この芝生の地中には、直径3メートルの導水管が通っていて、手賀沼の浄化に役立っています。

aa
細かいところは手作業です。女性社員も頑張っています。

a
最新鋭の外国製芝刈り機が、快調に作業を進めています。

aa
小回りが利く優秀な芝刈り機だそうです。緑道管理業者さんも、この4月から、新しく担当することになってまだ勝手が分からず、戸惑いもあるようですが、5月一杯で全長9.4キロメートルをひとまず終えるようです。
この作業は、年間を通して行われます。緑道の景観を維持していただいていることに感謝です。

【マコモタケの田植え】5月11日
もはや、手賀沼の名産品とまで言われている<マコモタケ>。そのお田植え風景を見せていただきました。マコモタケとは、大きなイネのような姿をした高さ2メートル以上に成長したイネ科の多年草「マコモ」の肥大化した茎の部分のことをいい、その成長したマコモの茎の部分に黒穂菌(くろぼきん)とよばれる菌が寄生し、茎の根元を肥大させます。これをマコモタケと呼び、食用として食されています。その田植えをしてる風景です。今年もいよいよスタートしました。4カ月~5カ月後立派なマコモタケに生長します。

こうして一株、一株丁寧に植えられていきます。株が大きいのでお米の田植えと違って機械に頼ることができません。

a

泥に足元をとられながらの、結構な重労働です。

aa
東経140度00分00秒(柏市戸張付近)に位置するマコモタケ田んぼ。地上7メートルm上空からの空撮です。

a
田んぼを提供している農家のHさんと、マコモタケを守るボランティアのみなさん。

aa
育てていた苗を取り、田んぼに植えて替えていきます。人手に頼よっています。
今年も、9月末から10月にかけて出荷されます。



【手賀西小学校のいちご狩り】5月13日
きょうは、待ちに待ったいちご狩りの日。創立134年の柏市立手賀西小学校の楽しみの行事です。
全校生徒約170名が、近くの手賀沼の近くにあるいちご園に招かれました。
aa
いちご園は学校から近い距離にあるので大きな入れ物を抱えながら、遠足気分で歩いて行きました。

a
いちご園の方から、採り方の説明をうけたあと、クループに分かれて8棟のいちご園で摘み取り開始です。

a
園内はいちごのあま~~い香りがいっぱい。たくさんのイチゴを食べたり、採ったりで楽しい時間を過ごしました。先生も一生懸命でした(笑)

aa
これは、家族へのお土産です。たくさん採れましたね。いちごジャムもできそうですね。

a
帰りの荷物を整理しているところです。約1時間余りでいちご狩り終了です。
このいちご園のご家族も、手賀西小学校の卒業生で、十数年前からお世話してるとのこと。
いちご狩りが、学校行事に毎年組み込まれているなんて、贅沢ですね。小学校時代の楽しい思い出です。

<最後に手賀沼の日の出をどうぞ> 5月5日 こどもの日 午前4時53分
どんどん日の出時刻が早くなってきます。今週は4時半ごろでしょうか?

a
長くなりましたが、今週はこの辺で。それでは次回まで。

更新日 2019年4月26日(金曜日)

【第105号】手賀沼の新緑

【第105号】手賀沼の新緑
<新緑> 平成31年4月16日撮影
手賀沼自然ふれあい緑道には、中高木の樹木が多く植えられています。桜の季節も過ぎ、花ばかりに目がいきがちですが
新緑の木々も次々と目に入ってきます。生き生きして元気をもらうようで、天気のいい日の散歩もいいものです。
a

aa

a

<手賀大橋> 4月16日撮影
快晴の朝は、湖面も「手賀沼はこんなに素晴らしかったのか」と思うほどきれいな姿を見せてくれます。
こうやってじっくり手賀大橋を眺めると、圧巻ですよね。いつも見慣れてる風景が変わって見えます。
渡り鳥の白鳥もすっかり姿を消し、いよいよ手賀沼の留鳥、コブ白鳥の季節になってきました。
今年はハスの群生地付近に多くのコブ白鳥がエサを求めて寄ってきています。
a

a

<夜明け> 4月16日
夜明けがあっという間に早くなってきました。この日の日の出は5時10分。その30分間が黎明時ですばらしい風景が手賀沼にあります。ご覧ください。すばらしいグラデーションの朝焼けですよね。この瞬間を独り占めしている優越感に浸っています。
もうすぐ平成も幕を閉じます。そして「令和」。令和元年5月1日の日の出時刻は4時52分。晴れることを願っています。
a

aa

a

<野草>
緑道の傍らの野草
~マツバウンラン~
道端や芝生に群生する細い雑草。茎をす~と伸ばしその先に薄紫色の花をつけています。
マツバ(松葉)の名の通り葉は線形をしています。

a

aa

~コメツブツメクサ~
 黄色い小さなボール型の花をつけています。シロツメクサに比べて、花や葉が小型で米粒みたいなので「米粒詰草」なんですね。
a

aあ

<大相撲柏場所の相撲のぼり>
手賀沼に注ぎ込む大堀川の近くにある「柏市中央体育館」4月20日、大相撲柏場所が行われました。
その時の相撲のぼりをパチリ。柏市ゆかりの力士。5月場所も頑張ってほしいですね。

a

a

最後に手賀沼の日の出。5月17日 5時08分
a

それでは次回。令和で会いましょう。

更新日 2019年4月11日(木曜日)

【第104号】手賀沼のさくら

【第104号】手賀沼のさくら
今週は、寒の戻りとかで4月になっても、冬のような天気が続いています。そんな中、快晴の4月9日に
桜を愛でてきました。

<手賀沼自然ふれあい緑道> 4/9撮影
北柏橋の手賀沼自然ふれあい緑道スタート地点、そんなに歴史は古くありませんが、芝生の中に桜が約200mにわたって植えられています。
あけぼの山農業公園、太堀川のほとりほど有名ではありませんが、混雑もせずゆったりできる場所です。
駐車場は、柏市民体育館を使えますし、近くにはコンビニ、パン屋さんもあり便利なところです。

a
快晴の空にソメイヨシノが映えてます

aa
まだまだ咲き誇っています。

a
青空も雲も桜を一層引き立てています。
傍らには。緑道があり、ウォーカーが散歩したり、ランナーたちが気持ちよく走っていました。
   

<手賀の丘公園> 4/9撮影
柏市の中心地から離れた南部(旧沼南町)の手賀地区にある<手賀の丘公園>。
テニスコート、野球場もそしてアスレチックも併設されている素敵な公園です。
エンタランスの「どんぐりの家」横の桜も綺麗に咲き誇っていました。

a
駐車場の桜も負けじと咲いています。

aa
そして何と言っても、ここでしか見られないキャンプ場まで行く道筋の<桜の森>と称された山の斜面一杯のさくらです。

a
頭上をぐるりと見渡すと、覆いかぶさるように桜の森がやさしく私たちを包んでくれます。

aa
今は、運営してませんがキャンプサイトのテントは張られるように斜面を平らにしてあるところが10ヵ所ぐらいあります。
ここで寝そべって桜を見るのもいいですね。野鳥の声もあちこちで聴くことができます。

a
こんな<桜の森>、いかがでしょう?

a

<東経140度00分00秒> 4/9撮影
さて話は変わって、手賀沼の話題です・
手賀沼には隠れた名所?があります。手賀沼西部を東経140度が貫通してるのです。

a
柏市戸張新田から見る手賀沼(パノラマ写真でどうぞ)

a
このコンパスが 140度00分00秒を示しています
a
ここから見る北の方角は、コチラ いずれ北極につながってますね。

a
ここから見る南の方角は、コチラ。南極につながってます。

最後に、緑道で見た<タンポポ>をどうぞ。
a

a
それで、今回はこの辺で。

更新日 2019年4月5日(金曜日)

【第103号】春爛漫

【第103号】春爛漫

手賀沼自然ふれあい緑道も、一段と春めいてきました。今回は緑道に咲く草花をご覧いただきます。
どうぞご覧ください。主に平成31年3月下旬の撮影です。

<辛夷(コブシ)> 3月22日撮影

a

aa
春一番を告げてくれますね。
   

<仏の座> 3月20日撮影
ボランティア団体が植えているニホンスイセンの傍らで、雑草とも称される<仏の座>が群生しています。

a

aa

aa
雑草とはいえ、近づくと綺麗な姿を見せてくれています。
   
<馬酔木(あせび)> 3月22日撮影

「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から付いた名前。有毒植物であり、葉を煎じて殺虫剤に利用されるそうです。

a

aa
びっしり花がついてますね。ボリュームたっぷりです。

<土筆> 3月20日撮影
ご存知<ツクシ>。春を感じさせてくれますね。

a

aa

一生懸命、空に向かって生きてる感じですね。

   
<ラッパスイセン> 3月22日撮影
緑道のかたわらに、綺麗に咲いています。

a

aa
可憐な花ですよね。

<メタセコイヤ> 3月19日撮影
今までの綺麗な花とは違って、きれいに剪定された中高木<メタセコイア>【涙】。
手賀沼自然ふれあい緑道の指定管理業者が3月末日で変更になりました。K社が13年間担当していたのですが最後の仕事として実施したようです。
これからどんな風に成長していくのでしょうか?
4月からは新たにS社が担当しています。今まで通りの管理をしていただきたいと思います。

aa

<最後に>
3月20日 5:50 の日の出です。

a

それでは、又。

更新日 2019年3月15日(金曜日)

【第102号】春の訪れ

【第102号】春の訪れ
去る、平成31年3月3日、手賀沼に春を告げる「手賀沼デュアスロン大会」が手賀沼自然ふれあい緑道で行われました。
当日はあいにくの天気で雨。気温4度,それと風の極めて厳しい大会となりました。約200名の方が参加されたようです。(5kmランー40kmバイクー5kmラン)と皆さんガンバッテいましたね。
a

aa

秋山柏市長も、参加されてましたね。結果はいかがだったのでしょう?

aa

当日は、季節が冬に逆戻りしたような気温で、低体温症で救急搬送された方もいたようです。
参加者の皆様お疲れ様でした。

   

次に、毎年春と秋に行われている野草塾に参加してみました。3月2日「樹木医と巡る季節の樹木」緑道の指定管理会社の主催によるものです。
緑道のビジターセンター付近の樹木をめぐりながら樹木の説明を受けました。参加者は20数名。
トチノキ、ムクノキ、クスノキ、ハナミズキ、ユリノキ、ソメイヨシノ、モチノキ、イロハモミジ、ケヤキ等
緑道に植えられている樹木の特長など詳しい説明をしていただきました。

a

aa

イイギリ、アジサイ、ハクチョウゲ、ムラサキシキブ、カツラ、フジ・・・などなど

a

どんぐりの実にもいろいろあると。

aa

a

13年間、指定管理会社として緑道を面倒見ていただいたK社から別れの挨拶もありました。

あ

13年間で印象的だった出来事を5つ挙げていただきました。

① 年間来客が100万人を超える

② 新聞やテレビで取り上げられた

③ コウノトリが飛来した

④ ボランティア活動が芽生えた

⑤ 3.11を経験した

ということでした。
筆者も②と④には積極的にかかわらせていただきました。

手賀沼自然ふれあい緑道は、野草の宝庫。100種類以上の野草が植生しています。これから本格的に春を迎え、楽しみな季節になってきました。

ということで。今回はこの辺で・・・

お問い合わせ先
広報広聴課 / 電話:04-7167-1175 メールフォーム