赤ちゃんの写真(男の子)赤ちゃんの写真(女の子)

小児慢性特定疾病医療支援事業とは

平成27年1月1日に児童福祉法の一部を改正する法律が施行されました。法に基づく良質かつ適切な 小児慢性特定疾病医療支援の実施と児童等の健全な育成に係る施策の推進を図るため基本方針が定められました。小児慢性特定疾病に係る新たな公平かつ安定的な医療費制度の確立、小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の実施、小児慢性特定疾病の治療方法等に関する研究の推進を目的としています。

もくじ

対象となるお子さん

申請の手続き

自己負担金について

申請書等様式ダウンロードコーナー

指定医療機関の申請手続

指定医の申請手続

小児慢性特定疾病情報センターについて(外部リンクが開きます)

対象となるお子さん

以下項目のすべてに該当するお子さんは、医療費支給認定の対象となります。

  1. 小児慢性特定疾病にかかっている18歳未満のお子さん(18歳の時点で受給していた場合の継続申請は20歳未満が対象)
    (注意)該当児童または申請者(保護者)のいずれかが柏市民であること
  2. 都道府県等で指定された指定医療機関等(薬局、訪問看護ステーション含)で治療を受けている場合
  3. 児童福祉法第6条の2第1項に基づく厚生労働大臣の定める小児慢性特定疾病及び疾病の状態の程度に該当している場合

対象疾患の区分は以下の16疾患です。16疾患群(756疾病)に追加されました。この16疾患区分に属し、疾病の状態の程度に該当するかどうか柏市小児慢性特定疾病審査会で審査を行い、認定を決定します。詳しくはお問い合わせください。

対象疾患区分表
番号 疾患区分 番号 疾患区分
01 悪性新生物 02 慢性腎疾患
03 慢性呼吸器疾患 04 慢性心疾患
05 内分泌疾患 06 膠原病
07 糖尿病 08 先天性代謝異常
09 血液疾患 10 免疫疾患
11 神経・筋疾患 12 慢性消化器疾患
13 染色体又は遺伝子の変化に伴う症候群 14

皮膚疾患

15 骨系統疾患 16 脈管系疾患

もくじへ戻る

申請の手続き

手続きの流れ

  1. 申請
  2. 審査会(月1回)で審査
  3. 結果発送および医療受給者証発行
  4. 受診時指定医療機関の窓口で提示
  5. 次年度継続申請
  • 申請時に提出いただく医療意見書などの「文書料」はすべて申請者の負担となります(小児慢性特定疾病審査会で不承認となった場合も同様です)。
  • 審査会で認定されると、認定後約1カ月で「柏市小児慢性特定疾病医療受給者証」(桃色の券)と自己負担上限額管理ノートを交付します。
  • 医療受給者証と管理ノートを指定医療機関等の窓口に提示することにより、医療費の一部を市が公費負担します。

柏市では、小児慢性特定疾病医療受給者証をお持ちの18歳未満のお子さんは特定疾病療養者見舞金制度を受けることができます。詳しくは、市役所障害福祉課(電話番号04-7167-1136)へお問い合わせください。

申請方法

以下の必要書類等をお持ちになり、柏市保健所地域保健課へご提出ください。
書類不備のものは受理できませんので、ご確認のうえご提出ください

対象期間

申請書類を保健所窓口に提出した日から最初に到来する9月30日までとなります。

ただし、6月1日から9月30日までに申請書類を提出した場合には、2度目に到来する9月30日までが対象期間となります。

必要なもの

(補足)平成28年1月から、新規申請及び変更申請(保険者変更、保護者変更の場合)については、対象者(お子さん)、扶養義務者の個人番号(マイナンバー)の記載が必要となります。通知カードまたは個人番号カードをご持参ください。
必要書類 備考

小児慢性特定疾病支給認定申請書

下記申請書等様式ダウンロードからダウンロードするか、または、保健所窓口で配布しています。
保護者がご記入ください。

医療意見書は指定医が作成します

都道府県等で指定された指定医に記入してもらいます。(有効期限3カ月以内)

(補足)小児慢性特定疾病情報センター(外部リンク)から指定医がダウンロードし作成

世帯調書

下記様式ダウンロードからダウンロードするか、または、保健所窓口で配布しています。

保険者からの情報提供に係る同意書

下記申請書等様式ダウンロードからダウンロードするか、または、保健所窓口で配布しています。
加入している医療保険の所得区分の確認に必要です。

市民税(非)課税証明書又は承諾書

(補足)平成30年1月1日時点で柏市に住民登録がある方は、承諾書の提出をもって、税証明を省略できます。(承諾書下記様式ダウンロード
(補足)血友病の方は、税証明書類は不要です。

  1. 柏市国民健康保険・国民健康保険組合 世帯全員分
  2. 上記以外(会社の健康保険等) 被保険者分

健康保険証

(注意)ご加入の健康保険証によって異なります

  1. 柏市国民健康保険・国民健康保険組合 世帯全員分
    (注意)限度額適用認定証、限度額適用、標準負担額減額認定証のいずれかをお持ちの方はその写しで代用できます。
  2. 上記以外(会社の健康保険等) 被保険者とお子さん本人分
印鑑

訂正箇所がある場合必要ですので認印をご持参下さい。

個人番号(マイナンバー)が確認できるもの
(対象者及び同一世帯全員分)

対象者(お子さん)及び同一世帯全員分の個人番号カードまたは通知カードをご持参ください。
通知カードを持参の場合、身元確認書類が必要になります。

身元確認書類(申請者又は委任者)
(通知カード持参の場合)

運転免許証または旅券等の写真表示がされているもの。
上記で困難な場合 健康保険証、年金手帳や官公署から発行・発給された書類であって、氏名、生年月日、または住所が記載されているもの2つ以上

委任状 申請者(被保険者)以外の方が申請書を持参される(例 申請者が父、持参するのが母)場合

以下は該当する方のみ提出してください。

  • 重症患者等認定認定申請書
    小児慢性特定疾病重症患者認定基準に該当すると思われる方は、申請者(保護者)がご記入ください。(下記書式ダウンロード)
  • 人工呼吸器等装着者申請証明書
    人工呼吸器及び対外式補助人工心臓等を使用している方は医師に証明書を記入してもらってください。(下記書式ダウンロード)
  • 同じ保険証の世帯内(家族)に小慢又は指定難病の受給者がいる方
    小慢の医療受給者証の写し
    指定難病の医療受給者証の写し
  • ⼾籍全部事項証明書
    以下の要件をどちらも満たす方が世帯の中にいる場合には、みなし適用の対象となる可能性がありますので、確認のできる証明書の提出が必要となります。(より自己負担の少ない階層区分に決定されることがあります。)
    ・法律上の婚姻をすることなく、父または母となった方 
    ・現時点(申請時及び前年末)において、婚姻をしていない方 
    リーフレット(PDF形式 126キロバイト)

もくじへ戻る

自己負担限度額について

自己負担限度額(月額)は以下のとおりです。自己負担上限額(PDF形式 31キロバイト)

  • 自己負担の割合は2割。
  • 自己負担限度額(月額)入院・通院の区別なし。
    受診した複数の指定医療機関等の自己負担をすべて合算した上で自己負担限度額を適用。
    (注意)薬局での保険調剤及び医療保険における訪問看護ステーションが行う訪問看護を含む。
  • 入院時の標準的な食事療養に係る負担は、2分の1を自己負担。
  • 所得を把握する単位は、医療保険における世帯。
  • 同一世帯(同じ医療保険の世帯)に複数の小児慢性特定疾病又は指定難病の患者がいる場合は、
    世帯内の対象患者の人数で負担限度額を按分。

申請書等様式ダウンロード

小児慢性特定疾病

指定医療機関の申請手続

指定医の申請手続

小児慢性特定疾病情報センターについて

小児慢性特定疾病の患者さんの治療・療養生活の改善等に役立つさまざまな情報の一元化を図り、小児慢性特定疾病の患者さんやご家族、また小児慢性特定疾病に関わる関係機関の皆様に、できるだけわかりやすい情報を提供するために、ポータルサイト「小児慢性特定疾病情報センター」が立ち上げられました。

  • 小児慢性特定疾病情報センター
    詳しくは、小児慢性特定疾病情報センター(外部リンク)をご覧ください。
  • 新制度では、疾病ごとに医療意見書の様式が違います。指定医が作成する医療意見書もこのサイトからダウンロードでき、各疾病の概要、診断の手引き等も確認できますので、ご活用ください。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

関連情報

お問い合わせ

柏市保健所 地域保健課
電話番号:04-7167-1257 / メールフォーム

ページID : 002418最終更新日 : 2019年6月28日(金曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。