フレイル予防で健康長寿(フレイルチェック講座 現在開催見合わせ)

最終更新日 2020年4月16日

ページID 041562

印刷

柏市から全国へ

東京大学高齢社会総合研究機構が柏市で行った「栄養とからだの健康増進調査」から得られた知見をもとに、「フレイル予防」の考え方とフレイルの兆候をチェックするプログラムが、全国へ広がっています。

  1. フレイルってなんだろう?
  2. やってみよう「フレイルチェック」
  3. もっと詳しくチェックしたい
  4. フレイルチェック参加者の声
  5. フレイルチェックのさらなる拡充のために
  6. フレイルを予防するために

フレイルってなんだろう?

年をとって心身の活力(筋力、認知機能、社会とのつながりなど)が低下した状態を、「フレイル」と言います。
多くの人が健康な状態からこのフレイルの段階を経て、要介護状態になるとかんがえられています。
(補足)フレイルとは、「frailty(虚弱)」という英語から作られた言葉です。

フレイルってなに?
出典:フレイル予防ハンドブック(監修・飯島勝矢)

やってみよう「フレイルチェック」

自分の現在のフレイル兆候について、自己チェックしてみましょう。

指輪っかテスト

まずは自分の筋肉量を測ってみましょう。計測器は使わずに自分の指を使う簡易型のチェックです。

指輪っか

もしも、隙間ができてしまったら

サルコペニア

もっとくわしくチェックしたい

フレイルチェックでは、筋肉量やお口の機能について詳しく測定することができます。
フレイル予防を自分のこととして捉えるために、ぜひご参加ください。

フレイルチェック

フレイルチェック講座予定表(市内在住概ね65歳以上の方対象)

柏市では、毎月市内いずれかの地域でフレイルチェックを実施しています。
年に1回など、定期的にチェックを受けて、ご自分の健康づくりに役立てましょう。

出前講座でもご利用いただけます

高齢者の方を対象としたサロンやサークル等でも、出前講座としてフレイルチェックをご利用いただけます。

詳しくは、フレイル予防・健康づくり出前講座のページをご覧ください。 

重要:新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在フレイルチェック講座の開催を見合わせています。

フレイルチェックをリピートしてくださっている方の声

フレイルチェックに繰り返し参加してくださっている方々にお話を伺いました。

フレイルチェックのさらなる拡充のために

令和元年11月26日、介護支援サポーターの研修会でフレイルチェック体験会を実施しました。

現在、柏市では約70回(予定含む)のフレイルチェックを実施しており、うち半数は「通いの場」と呼ばれる地域のふれあいサロンやコミュニティカフェから依頼を受け、出前講座として実施しています。

通いの場は、身近な地域におけるフレイル予防の拠点としての役割が期待されており、平成30年度末で市内に226箇所が設置されました。最終的には、全ての町会・自治会さんにご協力いただいて、およそ300箇所の通いの場が設置されることを目指しています。

そして、介護支援サポーターの多くは通いの場の運営に携わっています。そこで、さらに多くの通いの場でフレイルチェックを実施していただけるよう、研修会で体験会を実施することになりました。

当日は雨にもかかわらず、40名近くの方がご参加くださり、皆さん楽しそうにフレイルチェックを体験なさっていました。最後にフレイル予防サポーターから「ぜひ、皆さんのサロンでもフレイルチェックを行ってください」と説明があった際には、大きくうなずく姿も見られました。

介護支援サポーター1.
多くの方に参加いただきました
介護支援サポーター2.
グループワークも楽しそう

フレイルを予防するために

東京大学高齢社会総合研究機構の研究により、フレイルを予防するための3つのポイントが見えてきました。
それが「栄養(食・口腔機能)」・「運動」・「社会参加」です。
フレイルチェックを受けた後は、青だった方は次回も青のままでいられるように、赤だった方は次回は青になるように、フレイル予防に取り組みましょう。
市では、この3つの柱をテーマに様々なフレイル予防事業を実施しています。ぜひご参加ください。
(補足)市内在住の概ね65歳以上の方が対象です。

3つの柱
出典:フレイル予防ハンドブック(監修・飯島勝矢)

フレイルサポーターになりませんか?

フレイルチェックは、フレイルサポーターが中心となって実施されています。専門職ではなく、皆さんと同じ地域に暮らし、一定の研修を受けた方がまちの健康づくりの担い手として活躍されているのです。「市民の、市民によるフレイルチェック」が最大の特徴であり、柏市のフレイル予防のまちづくりの軸となる活動です。
フレイルサポーター養成講座については、広報かしわや市のホームページでお知らせします。

サポーター

情報発信元

保健福祉部地域包括支援課

所在地 柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)
電話番号 04-7167-2318
ファクス 04-7167-8381
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート