こどもルームは、保護者が共に働いているなどの理由で、昼間帰宅しても保育する人がいない小学1年生~6年生の児童をお預かりして、児童が安心して過ごせるよう見守るとともに、適切な遊びや生活の場を提供し、児童の健全な育成を図るための施設です。こどもルームで働いている「こどもルーム指導員」、その仕事の魅力をぜひご覧ください。

こどもルーム指導員の仕事

こどもルーム指導員は、1日の流れにそって保育します。出欠確認や登所した子どもたちの健康観察、子どもたちが怪我をしないように見守ること、おやつの準備・片付けやそうじなどの仕事があります。チームワークで、子どもたちが安心して過ごせるよう保育を行います。保育に必要なスキルや知識は、こどもルーム内で先輩から教えてもらうほか、研修で学ぶこともできます。

こどもルームでの保育の流れ

こどもルームで働く魅力

子どもの成長への喜びを体験できる

小学生は多感な時期、成長が著しい時期です。現役のこどもルーム指導員は、次のような体験ができたと話しています。

「ルームを利用しているときは手がかかった子が、卒業式の日に挨拶に来てくれて、「ぼく、将来はお医者さんになるよ」と立派な姿を見せてくれて感動しました。それから、ルームを卒業した子が遊びに来てくれて、低学年の子を見ながら「ぼくたちもこんなときがあったよな」なんていいながら、ルームの行事のお手伝いをしてくれたことも嬉しかったです。」(指導員へのインタビューより)

子どもと共に悩み、共に喜べる

子どもたちは、いま悩んでいることをこっそり教えてくれることがあります。こどもルーム指導員は、子どもと一緒に悩み、考え、ときにはアドバイスすることも。そして、悩んでいたことが解決したとき、悩みから一歩前に踏み出せたとき、子どもたちと一緒に喜び、笑顔になることができます。

子どもたちの感性を感じられる

子どもたちの間で流行っている遊び・歌・ダンス、保育中の工作の作品など、さまざまな場面で子どもたちの感性を感じることができます。以下は子ども・こどもルーム指導員のハロウィーン工作の作品です。

ハロウィン作品1ハロウィン作品3ハロウィン作品2

子どもたちから元気をもらえる

元気いっぱいな子どもたち。現役のこどもルーム指導員も日々子どもたちから元気をもらっています。

「この日、3年生は校外学習で筑波山に登山に出かけていたので、登所の時には疲れがたまってグッタリしているのでは…と心配していましたが、買って来たお土産を見せてくれたり、楽しかったお話を教えてくれたりと、いつも以上に元気いっぱいでした。」(こどもルームの保育日誌より)

こどもルーム指導員の勤務地

こどもルームは柏市内の小学校の敷地内など、42ヶ所あります。勤務地はご自宅から通いやすい範囲で考慮します。

 こどもルーム指導員のご応募・お問い合わせ

学童保育課 電話番号  04-7167-1294 採用担当

 

お問い合わせ

学童保育課
電話番号:04-7167-1294 / メールフォーム

ページID : 042887最終更新日 : 2017年9月4日(月曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。