骨粗しょう症検査

最終更新日 2018年4月18日

ページID 040067

印刷

柏市では、早期に骨量減少者を発見し、骨粗しょう症を予防することを目的として、健康増進法に基づき骨粗しょう症検査を実施しております。

期間

平成30年6月1日(金曜日)から平成31年2月28日(木曜日)まで

場所

指定医療機関など

対象者

柏市民で、40歳から70歳までの5歳刻みの女性。なお、既に骨粗しょう症等の疾患で治療・経過観察中の方、職場等で骨粗しょう症検査を受ける機会のある方は対象となりません。

対象者

生年月日 年齢
昭和53年4月1日~昭和54年3月31日 平成31年3月31日時点で40歳
昭和48年4月1日~昭和49年3月31日 平成31年3月31日時点で45歳
昭和43年4月1日~昭和44年3月31日 平成31年3月31日時点で50歳
昭和38年4月1日~昭和39年3月31日 平成31年3月31日時点で55歳
昭和33年4月1日~昭和34年3月31日 平成31年3月31日時点で60歳
昭和28年4月1日~昭和29年3月31日 平成31年3月31日時点で65歳
昭和23年4月1日~昭和24年3月31日 平成31年3月31日時点で70歳

 

通知方法

40、45、50、55、60、65、70歳の女性へ、5月下旬に受診券、問診票等のご案内を郵送しています。

検査方法と費用

 

検査方法と費用
区分 検査方法 部位 検査の特徴 検査場所

自己

負担額

1.

DXA法

(デキサ法)

腰椎 2種類のX線を用いて撮影し、骨量を測定する方法です。診断にも用いられる、より精密な検査方法です。 個別 1500円
2.

DXA法

(デキサ法)

腰椎以外 X線を用いて撮影し、骨量を測定する方法です。1の方法と比べ、より簡便に骨量を測定でき、一次検査でよく使用されている方法です。 個別 800円
2.

SXA法

(セキサ法)

前腕骨・

第2中手骨

X線を用いて撮影し、骨量を測定する方法です。1の方法と比べ、より簡便に骨量を測定でき、一次検査でよく使用されている方法です。 個別 800円
2.

DIP法

CXD法

第2中手骨 X線を用いて撮影し、骨量を測定する方法です。1の方法と比べ、より簡便に骨量を測定でき、一次検査でよく使用されている方法です。 個別 800円
3. 超音波検査

踵骨

(かかと)

X線を使用しないため、妊娠中でも受けることができます。骨密度(骨の硬さ)を測ります。

集団

個別

300円

問合せ先 

柏市保健所 健康増進課

  • 電話番号 04-7168-3715
  • ファクス 04-7164-1263

情報発信元

柏市保健所 健康増進課 成人健診担当

所在地 柏市柏下65番地1(ウェルネス柏3階)
電話番号 04-7168-3715
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート