柏市の創業支援について

最終更新日 2015年8月26日

ページID 018792

印刷

柏市創業支援事業計画

柏市創業支援事業計画は、市と民間の創業支援事業者が連携した創業・起業の促進を行う取り組みとして、産業競争力強化法に基づき、平成26年3月20日付けで国の認定を受けました。

柏市では、この計画に基づき、市内で創業・起業しようとする方の支援に取り組みます。

柏市創業支援計画(概要)(PDF形式:116KB)

創業支援事業者

創業支援事業

 次の創業支援事業の内、かしわ創業塾は特定創業支援事業として認められていますので、受講者は法で定められた各種メリットを受けることが可能になります。

創業支援事業 実施主体 内容
相談窓口 柏商工会議所 創業者又は創業を目指す方の課題や悩みに対し相談や指導を行います。
相談窓口

柏市

創業者又は創業を目指す方の各種相談に応じます。
柏市インキュベーションマネージャーによる個別相談 柏市 創業者又は創業を目指す方に対し、経営・販路等の助言を行います。

創業フェア

柏商工会議所

創業を検討している方や創業後悩みを抱えている方に対し、創業経験者による講演、創業支援機関等による相談を行います。

また、かしわ創業塾参加のきっかけとなる情報提供も行います。

かしわ創業塾

柏商工会議所 創業後の事業が円滑に進むよう、経営、財務、人材育成、販路開拓等の創業に必要なテーマに関してのセミナーを行います。
KOIL(柏の葉イノベーションラボ)のスタートアッププログラム TXアントレプレナーパートナーズ TEP会員またはKOIL会員であるベンチャー企業に対し、毎日午後3時~午後6時に専門家によるメンタリングを提供。その他個別支援の実施。

特定創業支援事業

かしわ創業塾

(補足)特定創業支援事業は、創業者の経営、財務、人材育成、販路開拓等の知識習得を目的として継続的に行う支援で、創業支援事業のうち柏創業塾が該当します。

受講のメリット

特定創業支援事業として認定されたかしわ創業塾の修了者は、次の特例の適用を受けることができます。

特例の適用にあたっては市が交付する認定特定創業支援事業による支援を受けたことの証明書が必要になります。(申請方法は特定創業支援事業による支援を受けたことの証明書の交付申請

対象となる制度 特例の内容 対象者
株式会社設立時の登録免許税

市内で株式会社を設立する際の登記にかかる登録免許税の軽減

  • 資本金の0.7パーセントを0.35パーセントへ
  • 最低税額15万円を7.5万円へ
  • 事業を営んでいない個人が新たに創業する場合
無担保、第三者保証人なしの創業関連保証

創業関連保証の限度額の拡充

  • 1,000万円を1,500万円へ
  • 事業を営んでいない個人が新たに創業する場合または、創業から5年未満の場合
  • 中小企業者が新たに会社を設立し事業を開始する場合、または開始してから5年未満の場合

創業関連保証の対象の拡大

  • 創業2ヶ月前を創業6ヶ月前へ

事業を営んでいない個人が新たに創業する場合

中小企業者が新たに会社を設立し事業を開始する場合

柏市内のインキュベーション施設

施設名 設置者
東葛テクノプラザ 千葉県
東大柏ベンチャープラザ 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

国・県の産業支援情報

中小企業庁 中小機構

J-NET21 千葉県産業振興センター

関連ファイル

情報発信元

経済産業部商工振興課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館4階)
電話番号 04-7167-1141
ファクス 04-7162-0585
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート