染谷悠太(そめやゆうた)選手は、大学を卒業後、京都サンガF.Cに加入。セレッソ大阪、京都サンガF.Cを経て、2019年に柏レイソルに完全移籍。柏レイソルの鉄壁の守備陣を支えている染谷選手に、アッキーがインタビューしました。

柏レイソル×アッキー 子育てインタビューを更新しました!

大阪から柏へ

(アッキー)
お子さんはおいくつですか?

(染谷選手)
4歳の女の子です。現在幼稚園に通っていて年中になりました。

(アッキー)
お子さんはこれまで大阪で生まれ育っているんですよね。柏に一緒に引っ越してきたんですか?

(染谷選手)
僕だけ単身赴任で3か月程先に柏で生活していました。娘は学期が終わるタイミングで妻と一緒に引っ越してきました。3人で幼稚園の見学に行き、今の園に通っています。

(アッキー)
染谷選手もお子さんのために一緒に見学に行くんですね。関西と関東では環境が違うと思いますが、その辺の戸惑いはありましたか?

(染谷選手)
見学などは一緒に行くようにしていましたね。娘の様子を見ていると、今すごく楽しそうに生活していますし、僕たち夫婦も居心地よく生活しています。娘がとてものびのびしているので、柏は子育てに良い環境なんだなと思います。

(アッキー)
どのような所でそう感じますか?

(染谷選手)
僕が住んでいる地域は子どもたちがたくさんいますし、すごくコミュニティがしっかりしていると思います。みんなで子育てしあえているなと感じることがあります。

柏レイソル×アッキー 子育てインタビューを更新しました!

切り替えが課題!パパとサッカー選手

(アッキー)
お子さんは今何に夢中ですか?

(染谷選手)
ディズニー、LEGO、おままごとですね。あとはドレスを着たがりますよ。プリンセスのドレスがあるんですが、それを着て出かけたがるんですよね。恥ずかしいので制止してますけど(笑)。その代わり妻がドレスに似たワンピースをよく娘に着せています。家にいる時はドレスを着せてあげたりしますけどね。とにかく何をしていてもかわいいですね。

(アッキー)
「ドレスを着て出かけたがる」は女の子あるあるですね(笑)。LEGOやおままごとも好きなんですね。一緒に遊びますか?

(染谷選手)
LEGOも今すごいですよ。女の子用やブロックが大きいものもあるんです。おままごとは一緒にしますけど、正直やったことが無くて分からないから中途半端になってしまうこともあるんですよね…。キッチンで料理作ってくれて、「食べて」って言うので「おいしいね」とか言って遊んでます。でもちゃんと食べたふりをしないと怒られちゃうので真剣にやります(笑)。

(アッキー)
パパがサッカー選手っていうのはもう分かっていますか?

(染谷選手)
「今日何点入ったね」とか言うので、理解はしていますよ。でもパパよりクリスティアーノの方が好きです(笑)。

(アッキー)
得点するからですかね?(笑)
話は変わりますが、サッカー選手の場合、一般の方と比べて子どもと関わる時間が多いと思いますがいかがですか?

(染谷選手)
そうですね。ありがたいことに接する時間は多いですが、ふとした時にサッカーのことを考えてしまいます。娘が遊んでほしい時に変に気を遣わせてしまっていることもあるかもしれません。子どもといる時間をもっと大切にしなければいけないなと思います。寝る前も「もっとしっかり遊べばよかったな」とか「もう少し優しく言えばよかったな」と反省します。僕たちが思っている以上に子どもは親のことを見ているので。

(アッキー)
偉いですね!何か言われたことがあるんですか?

(染谷選手)
サッカーのことを考えている時はすごく険しい顔をしているようなので、「パパこわい」って言われたり。以前所属していたチームで娘と一緒に試合前に入場しようとした時に、パパの顔が普段とあまりに違いすぎて泣いてしまったんですよ。

(アッキー)
試合前だと戦う男の顔になってますからね!(笑)レイソルに来てからはお子さんと一緒に入場していないんですか?

(染谷選手)
まだないですね。一緒に入場したい気持ちもありますけど、娘が「いや」ってなるかもしれませんね。

(アッキー)
次は泣かないで入場できたらいいですね。でもパパが仕事しているところは中々見せることができるものではないので、その点ではいいですよね。

(染谷選手)
そうですね。あとは家の近くにレイソルのことが好きな娘の友達がいるんですけど、その子が娘に「パパかっこよかったね」と言ってくれたり、僕の応援歌を歌ってくれたりするんですよ。その時に娘が喜んでいるのを見ると僕もうれしくなりますね。

(アッキー)
お子さんの友達や他のママにも見られているから頑張らないとですね。

(染谷選手)
別に大丈夫なんですけど、気を遣っていただいていると感じることはありますね。勝った時は「やりましたね!」みたいな挨拶なんですけど、負けた時は「おはようございます」だけみたいなこともあります(笑)。

(アッキー)
試合中とても熱いですもんね!

(染谷選手)
そうなんですよ。そのままの流れで帰ってしまうので(笑)。負けた時はむすっとした顔をしているみたいで、妻と娘が気を遣ってくれているので、本当に申し訳ないですね。

(アッキー)
家での様子が目に浮かびます(笑)。試合中あれだけ熱い選手だと家に帰っても抑えるの難しいだろうなと。

(染谷選手)
飼っている犬ですら気を遣ってますからね(笑)。反省しています。

柏レイソル×アッキー子育てインタビュー

家庭での染谷選手は…?

(アッキー)
奥さんとは子育ての話はしますか?

(染谷選手)
しますよ。僕のスタンスとしては、妻の方が子どもと接している時間が長いので、妻が感じたことをまず優先して、その中で見えてきた課題を試行錯誤して一緒に改善したりとか。でも難しいですよね。

(アッキー)
例えばどんなことがありましたか?

(染谷選手)
勉強の習い事をやっているんですけど、妻が毎日教えてくれているので、たまに口を出すと、「急に出てきて…」となってしまう可能性もありますし。なので、妻が思っていることをまずは第一として、「こんな考え方もあるよ」というような建設的な話し合いができるようにしています。

(アッキー)
いいですね。私も途中で夫が優しく入ってきて、子どもが優しい夫の方へ行って、「私が悪者?」っていう経験あります(笑)。

(染谷選手)
同じ経験を僕も経てきているので…(笑)。僕はサッカーで外に出ていますが、妻はずっと娘と一緒なので。そう考えると、まずは妻の意見を優先しないとなと思います。

(アッキー)
家事はしていますか?

(染谷選手)
お皿洗いと休みの日の掃除はしますよ。料理を作ってもらったらお皿洗いで恩返しをしたいという気持ちがあるので。僕たちの仕事は結果を出すと評価してもらえることもありますが、家事って目に見える数字とかで評価されるものではありませんし、終わりがないじゃないですか。なのでできる限りのことはしようと思っています。

休日のおでかけ

(アッキー)
休日のお出かけはどこに行きますか?

(染谷選手)
T-SITEにはよく行きます。近くに池があって、その周りの道路も舗装されているので、娘の自転車の練習をしています。あとはららぽーと柏の葉にも行きますよ。柏に来てからはあまり遠くに行っていないですね。家の近くにすべり台があるんですけど、娘がそこを気に入ってとても楽しそうなので、よく行きます。

(アッキー)
柏は他にもたくさん遊べるところがあるんですよ。市の南部には手賀沼があって、自然がいっぱいです!以前もレイソルの選手に子育てインタビューでオススメしましたが、キングフィッシャーガーデンとか行ってみてください。BBQやキャンプができて、カフェもあって。お子さんが外で遊ぶのが好きならぜひ。

(染谷選手)
手賀沼方面にも行きたいですね。今日しっかり覚えて帰ります!

(アッキー)
選手同士でも子育ての話はしますか?

(染谷選手)
次郎くん(鎌田選手)とかタニくん(大谷選手)とはよくしますね。

(アッキー)
どんな話をしますか?2人ともとても良いパパですよね。

(染谷選手)
そうですね。「子どもとここに遊びに行ってどんな様子だった」とか、「娘がこんな状態だけど、どうですか?」みたいなちょっとした相談とかしますね。

柏レイソル×アッキー 子育てインタビューを更新しました!

パパとしての自己採点

(アッキー)
自分の父親と父親としての姿を比べることはありますか?

(染谷選手)
小さい頃は父親がとてもこわかったんです。年を重ねるごとにその気持ちは無くなっていきましたけれど。なので、そう思われないようにしようと思っていたのですが、怒ったら「こわい」ってなってしまうじゃないですか。でも伝えなくてはならないこともあるし。そういう意味では、父親も怒りたくなかったけれど怒ってくれていたんだなと感じたし、子どもへの伝え方ひとつを取ってもよく考えなければならないなと感じました。

(アッキー)
親になると自分の親への感謝の気持ちも増しますよね。一般家庭からすると、レイソルの選手でかっこよくて、理想のパパだと思いますが、悩みなどはありますか?

(染谷選手)
たくさんありますよ!寝る前に反省もたくさんしていますし。子育てって答えがないじゃないですか。何が正解かも分からないし、前例はあっても娘に当てはまるとは限らないし…。ですが、できる限りのことはやろうと思っています。

(アッキー)
みなさんに聞いていますが、自分にパパとしての点数を付けるとすると何点くらいですか?

(染谷選手)
40点くらいですね…。

(アッキー)
低い!今までで1番自己採点が厳しいですね(笑)。比較的みなさん自己評価高いんですよ。

リンク:柏レイソル×子育てインタビュー2016
柏レイソル×アッキー 子育てインタビュー2018

(染谷選手)
毎日「もっとこうしてあげればよかった」の繰り返しなので。高い点数はきっと彼女が大人になってありがとうと言われた時に、僕の子育てが正しかったなと思って付けられる気がします。それに低い点数の方が伸びしろがありますしね。娘もまだ4歳なんで。

(アッキー)
それでも100点近い点数の人もいるのに差が出ますね。次にお会いした時には60点くらいになっているといいですね。

(染谷選手)
そうですね。もっともっと子育てに関わって、娘にも妻にも認められた時に、少しずつ点数は上がっていくと思います。頑張ります。

最後に…娘にこんな成長を期待!

(アッキー)
それでは最後に、お子さんにはどのように育っていってほしいですか?

(染谷選手)
何事も自発的にできる子に育ってほしいですね。誰かになにかを言われてやるのではなく、「私はこうしたい」と言える子になってほしいです。人から何かを言われても諦めずに挑戦してほしいですね。

(アッキー)
選手としても、パパとしても今後の御活躍を期待しています!ありがとうございました。

柏レイソル×アッキー 子育てインタビューを更新しました!

(2019年9月17日インタビュー)

レイ君のイラスト

試合中の熱い染谷選手が、子育て中にも顔を出しているというサッカー選手ならではのお話を伺うことができました。
三協フロンテア柏スタジアムには、授乳室やおむつ替えスペースもあり、小さな子ども連れでも安心して観戦できます。

みんなで柏レイソルを応援しましょう!

試合日程の詳細は、柏レイソルオフィシャルサイト(外部リンク)でご確認ください。

関連情報

お問い合わせ

子育て支援課
電話番号:04-7168-1034 / メールフォーム

ページID : 052113最終更新日 : 2019年10月17日(木曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。