施設等利用費の支払方法

幼児教育・保育の無償化の施設等利用費に関して、利用施設により以下のとおり支払方法が異なります。

幼児教育・保育の無償化の制度について

対象施設 ・幼稚園
・認定こども園
(1号、2・3号)
・認可保育所
(小規模保育・
事業所内保育含む)
幼稚園・
認定こども園(1号)
の預かり保育
保育ルーム 認可外保育施設等
支払方法 毎月施設へ
現物給付
(保護者の請求
手続不要)
償還払い
(3か月に1度請求)
毎月施設へ
現物給付
(保護者の請求
手続不要)
償還払い
(3か月に1度請求)

目次

  1. 幼稚園・認定こども園(1号)の預かり保育
  2. 認可外保育施設等
    認可外保育施設(扶助費支給対象施設)をご利用のかた
  3. 請求に必要な書類(請求書のダウンロードはこちら)


幼児教育・保育の無償化の制度について


幼稚園・認定こども園(1号)の預かり保育

預かり保育にかかる利用料の払い戻し頻度(回数)を四半期毎(3か月に1回)とします。
利用施設を経由して市へ提出してください。

年度 請求対象月 施設への提出期限 市への提出期限
支給月
(予定)
令和2年度 第1期
(4月分~6月分)
各施設の提出期限に従ってください 令和2年7月20日(月曜日) 令和2年9月中
第2期
(7月分~9月分)
令和2年10月20日(火曜日) 令和2年12月中
第3期
(10月分~12月分)
令和3年1月19日(金曜日) 令和3年3月中
第4期
(1月分~3月分)
令和3年4月20日(火曜日) 令和3年6月中
令和3年度 第1期
(4月分~6月分)
令和3年7月20日(火曜日) 令和3年9月中
第2期
(7月分~9月分)
令和3年10月20日(水曜日) 令和3年12月中
第3期
(10月分~12月分)
令和4年1月20日(木曜日) 令和4年3月中
第4期
(1月分~3月分)
令和4年4月20日(水曜日) 令和4年6月中

(補足1)請求書類は各施設で取得可能です。
(補足2)提出期限を過ぎた場合は、次期以降の支払いとなります。ただし、年度最終期(第4期)を過ぎての提出は受け付けることができませんので、ご注意ください。
(補足3)提出書類に不足や不備がある場合は、支給が遅れることがあります。

申請の流れ

《提出必要書類》

番号 書類名 備考
1 施設等利用費請求書
(償還払い用)
ダウンロードはこちら
2 利用料に係る領収書
(補足2)
幼稚園・認定こども園から発行される書類
3 特定子ども・子育て支援提供証明書
(補足2)
4 振込先口座の通帳の写し 請求書に記載した振込先口座の情報が確認できる部分を添付してください

(補足1)請求書及び添付書類は、利用施設を経由して市へ提出してください。
(補足2)利用する幼稚園等の預かり保育が「教育時間を含む平日の預かり保育の提供時間が8時間未満または開所日数200日未満」に該当し、認可外保育施設等を併用利用する場合は、月額11,300円または16,300円(日額上限450円)に加えて請求できます。
上記表のNo.1「施設等利用費請求書」に認可外保育施設等利用分も記入し、認可外保育施設等が発行するNo.2「利用料に係る領収書」とNo.3「特定子ども・子育て支援提供証明書」を併せて添付し、幼稚園等に提出してください。

目次へ戻る

認可外保育施設等

認可外保育施設等(一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業含む)の保育料の払い戻し頻度(回数)を四半期毎(3か月に1回)とします。

原則、利用している認可外保育施設等を経由して市へ提出してください。

年度 請求対象月 施設への提出期限 市への提出期限
支給月
(予定)
令和2年度 第1期
(4月分~6月分)
各施設の提出期限に従ってください 令和2年7月20日(月曜日) 令和2年9月中
第2期
(7月分~9月分)
令和2年10月20日(火曜日) 令和2年12月中
第3期
(10月分~12月分)
令和3年1月19日(金曜日) 令和3年3月中
第4期
(1月分~3月分)
令和3年4月20日(火曜日) 令和3年6月中
令和3年度 第1期
(4月分~6月分)
令和3年7月20日(火曜日) 令和3年9月中
第2期
(7月分~9月分)
令和3年10月20日(水曜日) 令和3年12月中
第3期
(10月分~12月分)
令和4年1月20日(木曜日) 令和4年3月中
第4期
(1月分~3月分)
令和4年4月20日(水曜日) 令和4年6月中

(補足1)請求書類は各施設で取得可能です。
(補足2)提出期限を過ぎた場合は、次期以降の支払いとなります。ただし、年度最終期(第4期)を過ぎての提出は受け付けることができませんので、ご注意ください。
(補足3)提出書類に不足や不備がある場合は、支給が遅れることがあります。

申請の流れ

《提出必要書類》

番号 書類名 備考
1 施設等利用費請求書
(償還払い用)
ダウンロードはこちら(利用施設により書式が異なります)
2 利用料に係る領収書
(補足2)
認可外保育施設等から発行される書類
3 特定子ども・子育て支援提供証明書
(補足2)
4 振込先口座の通帳の写し 請求書に記載した振込先口座の情報が確認できる部分を添付してください

(補足1)請求書及び添付書類は、原則利用している認可外保育施設等を経由して市へ提出してください。施設への提出期限を過ぎた場合などは、市への直接提出も可能です。
(補足2)複数の認可外保育施設等を併用利用している場合は、上記表No.1「施設等利用費請求書」にすべての利用施設の内容を記載し、各利用施設から発行されるNo.2「利用料に係る領収書」とNo.3「特定子ども・子育て支援提供証明書」を併せて添付し、提出してください。

目次へ戻る

認可外保育施設(扶助費支給対象施設)をご利用のかた

  • 3歳児~5歳児

上記提出必要書類を、利用している認可外保育施設等に提出してください。
(注意)請求書及び領収書、支援提供証明書が、他の認可外保育施設等と異なります。

  • 施設等利用給付の新3号認定(0歳児~2歳児で住民税非課税世帯)を受けているかた
  1. 委託乳幼児扶助費(以下、「扶助費」という。)支給対象者
    施設等利用費(42,000円を上限)を優先に支給し、差額を扶助費にて支給となります。
    扶助費を請求する際は、上記提出必要書類に加え、「柏市委託乳幼児扶助費請求書」の提出が必要です。
    (注意)施設等利用費(42,000円を上限)を請求せずに、全額扶助費として支給することはできません。
    柏市委託乳幼児扶助費とは
  2. 扶助費支給対象でないかた
    施設等利用費の請求のみとなります。

    目次へ戻る

請求に必要な書類

預かり保育

認可外保育施設(扶助費支給対象施設)

上記以外の認可外保育施設等

施設発行書類(扶助費支給対象施設以外)


目次へ戻る

ページID : 053247最終更新日 : 2020年11月2日(月曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。