ホーム > 生活・環境 > 上水道 > 市民のかたへ > 水道トラブル > いざというときのために飲料水の確保及び応急給水所の確認を!

更新日2021年5月17日

ページID1505

 

ここから本文です。

いざというときのために飲料水の確保及び応急給水所の確認を!

市では、水道施設の耐震化を計画的に進めていますが、地震(災害)の規模によっては水の出が悪くなったり、断水したりする場合があり、復旧までに時間がかかることも考えられます。

ご家庭でもいざという時に備えて、「飲料水の確保」にご協力ください。

飲料水の確保

確保する飲料水の量は?

1人1日3リットル×3日分が目安です。

飲料水の保管の仕方は?

水道水をくみ置く場合は、清潔でふたのある容器(ポリタンクやペットボトル等)いっぱいに入れ、密閉します。できるだけ空気に触れないようにしてください。浄水器によっては消毒用の塩素を取ってしまうものもあります。また、水道水を煮沸することで塩素の効果が失われるので、蛇口から直接くんだ水を備蓄してください。

ミネラルウォーターを保管する場合も、水道水をくみ置く場合も、直射日光の当たらない暗く涼しい場所や冷蔵庫で保存してください。

飲むときは直接口から飲まず、コップ等に入れてから飲んでください。

保存期間は?

保存期限は冷暗所で3日間、冷蔵庫で1週間くらいが目安です。保存期限を過ぎた水は、塩素の消毒効果がなくなるので、洗濯や散水など飲用以外に使ってください。

生活用水の確保

飲料用以外にも、トイレや火災時の消火用として水が必要になります。お風呂の残り湯を溜め置きしておくか、保存期限が過ぎた水を活用しましょう。

お近くの応急給水拠点の確認を

地震等で断水した場合は、被害状況に応じて、応急給水拠点で「1人1日3リットル」の給水を行います。
いざという時のため、お近くの応急給水拠点の確認をお願いします。

  • 駐車場がないため、徒歩・自転車でお越しください
  • 市でも給水袋を用意しますが、できるだけ水を入れる容器の持参をお願いします
  • 給水タンク設置による給水所(下記マップ内Ⅰ~Ⅵ)については、道路等の被害状況によっては設置できない場合があります

詳しくは応急給水拠点マップ(PDF:1,310KB)をご覧ください。

お問い合わせ先

所属課室:水道部給水課

柏市千代田1丁目2番32号(水道部庁舎2階)

電話番号:04-7166-3182

ファックス番号:04-7167-1269

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?