ホーム > 選挙 > 不在者投票 > 特例郵便等投票

更新日2022年6月20日

ページID26136

 

ここから本文です。

特例郵便等投票

特例郵便等投票とは

新型コロナウイルス感染症により「自宅療養」又は「宿泊療養」されている方が郵便等で投票できる制度です。対象となる方は、投票用紙の請求の時点で、外出自粛要請又は隔離・停留の措置にかかる期間が、選挙期日の公示又は告示の日の翌日から当該選挙の当日までの期間にかかると見込まれる有権者の方です。

但し、濃厚接触者の方は特例郵便等投票の対象ではありません。投票所での投票ができます。なお、その場合は、投票所におけるマスクの着用や手指の消毒等の感染拡大防止の徹底をお願いします。

総務省(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

投票手続きの案内用チラシ(PDF:508KB)(別ウィンドウで開きます)

特例郵便等投票の流れ

投票用紙等の請求の手続き

  1. 選挙期日4日前(必着)までに、下記の請求書(本人の署名が必要です。)に必要事項を記入してください。

    特例郵便等投票請求書(ワード:33KB)(別ウィンドウで開きます)
    (参考)請求書記入例(PDF:222KB)(別ウィンドウで開きます)
  2. 下記の送付封筒宛名をお持ちの封筒に貼り付けてください。こちらは料金受取人払となりますので、切手の貼付は不要です。また、封筒表面の「請求書在中」に丸をつけてください。
    送付封筒宛名(PDF:236KB)
  3. 保健所から交付された外出自粛要請や就業制限通知等の書面がある場合は、請求書に添付して、請求用封筒に同封してください。添付できない場合は、その理由を「請求書」に記載いただければ、当該書面がなくても投票用紙を請求することは可能です。
  4. 請求用封筒はなるべくファスナー付きの透明なケースに入れて、表面をアルコール消毒してください。ファスナー付きの透明なケースの入手が困難な場合には、自宅にある透明なケースや袋等に、あて名がわかるように封筒を入れてテープ等で密封し、表面をアルコール消毒してください。
  5. 本人ではない同居されている方、知人等にポストへの投かんを依頼してください。
  • 電子メールやファックスでの請求はできませんのでご注意ください。

投票用紙の到着後の流れ

  1. 柏市選挙管理委員会から本人宛に投票用紙等を交付します。
  2. 本人が投票用紙に候補者名等を記載してから、投票用紙を内封筒に入れ、さらに外封筒に入れて封をしてください。その後、外封筒の表面に、投票した年月日と場所を書き、本人が署名してください。
  3. 記入の終わった外封筒を返信用封筒に入れて、返信用封筒表面の「投票在中」に丸をつけます。
  4. 返信用封筒を柏市選挙管理委員会事務局が返送用封筒とあわせて送付するファスナー付き透明ケースに入れて、表面をアルコール消毒してください。
  5. 請求書送付の際と同様に、同居人、知人等(患者ではない方)にポストへの投かんを依頼してください。

    特例郵便の流れ

請求書および投票用紙等の送付にあたってのお願い

  1. 選挙人の方は、一連の作業をされる前に、必ずせっけんでの手洗いやアルコール消毒をしてください。また、できる限りマスクをつけ、清潔な使い捨てビニール手袋を着けるようにしてください。
  2. ファスナー付きの透明のケースに入れて郵送してください。(ファスナー付きの透明ケース等が入手困難な場合は、自宅にある透明のケース、袋等に入れてテープ等で密封し、表面を消毒してください。)
  3. 同居人等へ封筒を渡す場合は、接触しないようにしてください。
  4. 同居人等は、必ず作業前後にせっけんでの手洗いやアルコール消毒をするとともに、マスク着用及びビニール手袋の着用をしてください。

特例郵便投票に係る罰則

特例郵便等投票の手続においては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪(1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金)、詐偽投票罪(2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金))が設けられています。

お問い合わせ先

所属課室:選挙管理委員会事務局 

郵便番号277-0004 柏市柏下73(中央体育館管理棟1階)

電話番号:04-7167-1092

ファックス番号:04-7167-1163

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています