ホーム > 安心・安全 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナワクチン特設サイト > 新型コロナワクチン3回目(追加)接種に関するよくある質問

更新日2022年9月23日

ページID27495

 

ここから本文です。

新型コロナワクチン3回目(追加)接種に関するよくある質問

  1. 接種対象者と接種時期について
  2. 接種券について
  3. 接種会場について
  4. 予約について
  5. 接種証明書について
  6. ワクチンについて
  7. その他

 1 接種対象者と接種時期について

 2 接種券について

 3 接種会場について

  4 予約について

 5 接種証明書について

 6 ワクチンについて

 7 その他

 1 接種対象者と接種時期について

 1-1 接種対象者はどのような人か。

初回(1回目・2回目)接種が完了した5歳以上のすべてのかたが接種の対象者となります。

ただし、5~11歳の接種は小児用ファイザー社製ワクチン、12~17歳の接種はファイザー社製ワクチンとなります。

 1-2 海外で国内未承認のワクチンを2回接種したが、3回目接種の対象になるのか。

海外・国内での接種を問わず、国内承認済みのワクチン(ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社)を2回接種を終えた場合、3回目接種の対象となります。したがって、国内未承認ワクチンを2回接種した場合は、接種回数にカウントされないため、3回目接種対象にはなりません。

海外で国内承認済みワクチンを接種した場合の接種券申請方法については、「2-5」をご覧ください。

 1-3 柏市に住民票を置いていないが、接種を受けられるか。

原則、住民票を置いている自治体での接種となります。ただし、遠方からの下宿生や単身赴任で一時的に柏市にて生活されているかた及び出産等で一時的に柏市に帰省しているかたなどは「住所地外接種届出」の手続きが必要です。手続きについては「コロナワクチンナビ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」にアクセスしていただくか、もしくは市のコールセンター(04-7179-2313、04-7179-2663)にお問い合わせください。

 1-4 1回目・2回目接種後、新型コロナウイルスに感染した場合、3回目接種は必要か。

既感染者に対する3回目接種については、感染から3カ月以上経過後に追加接種を行うことを目安としています。なお、感染から回復後、期間を空けずに追加接種を希望する方についても、引き続き接種の機会を提供していきます。ただし、追加接種は2回目接種から5カ月が経過している場合に限ります。

(参考)初回(1回目・2回目)接種後、新型コロナウイルスに感染した場合、追加(3回目)接種は必要か。(厚生労働用のサイトへリンク)

ページの先頭へ戻る

 2 接種券について

 2-1 3回目接種券はいつ届くのか。

柏市では、令和3年12月末までに2回目接種を終えたかたへ、令和4年5月27日(金曜日)に発送します。令和4年1月以降に2回目接種を終えたかたについては、5カ月経過後に毎週金曜頃に発送していきます。

 2-2 1・2回目は、他市の医療機関や他市会場(職域接種や大規模接種会場等)で接種したが、3回目の接種券は届くのか。

柏市では、政府のワクチン接種記録システム(VRS)で転入者の氏名・生年月日等で接種記録を確認しているため、2回目の接種から5カ月経過後に発送します。なお、2回目のワクチン接種時期から6カ月以上経過しても3回目のワクチン接種券が届かないかたは、「新型コロナワクチンの接種券の申請方法について」から、ご申請ください。

 2-3 1・2回目接種を受けた後、柏市に転入した。柏市から3回目の接種券は届くのか。

国内で1・2回目の接種を終えているかたは接種券の申請は不要です。政府のワクチン接種記録システム(VRS)で転入者の氏名・生年月日等で接種記録を確認しているため、2回目の接種から5カ月経過後に発送します。

転入者のかたへ(新型コロナワクチン接種について)

 2-4 柏市に転入する前に、転入元の自治体で発行された接種券は使用できないのか。

使用できません。柏市へ転入した際に転入元で発行された接種券をお持ちのかたは、柏市で新たに発行いたします。接種券の申請は不要です。転入後、2回目の接種時期に応じて発送します。

 2-5 1・2回目接種を国外で受けたが、3回目の接種券はどのように申請すればよいのか。

国外で接種した場合は、接種記録を確認できませんので、発行申請が必要です。「新型コロナワクチンの接種券の申請方法について」から申請ください。

 2-6 3回目の接種券を失くしてしまった。再発行はどのように申請すればよいのか。

新型コロナワクチンの接種券の申請方法について」から受付しております。

 2-7 自衛隊による大規模接種会場で3回目接種を受けたい。専用接種券はあるのか。

1・2回目の接種時は、大規模接種会場用に接種券を発行しましたが、3回目接種では、柏市から送られる接種券で接種できます。詳しくは、「自衛隊による第3回目接種を目的とした大規模接種会場の設置について(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 3 接種会場について

 3-1 接種可能な個別医療機関はどこか。

新型コロナワクチンが接種できる市内医療機関一覧(3回目接種)」をご確認ください。

 3-2 接種当日の持ち物を教えて欲しい。

受け取った封筒の中身一式、本人確認書類(マイナンバーカードや、運転免許所、健康保険証等)とお持ちのかたはお薬手帳が必要になります。また、妊婦のかたは母子手帳をお持ちください。お薬手帳や母子手帳は、医師の診察の際にご提示いただく場合がございます。

 3-3 在宅療養中のため、接種会場に行くことができないが、どのように接種を受ければよいか。

在宅療養を行っている方は、主治医にご相談ください。

 3-4 市外にあるかかりつけの医療機関で接種できないか。

原則、住民票を置いている自治体での接種となります。ただし、長期入院患者や遠方からの下宿生等、やむを得ないご事情がある場合については、市外での接種が可能となります。この場合、接種を受ける市外の医療機関が、柏市の接種券をお持ちのかたの接種の受け入れについてご承諾いただけることが必要です。同時に「住所地外接種届出(外部サイトへリンク)」の手続きが必要となる場合がありますので、接種を希望する市外の医療機関が所在を置く自治体にご相談くださいますようお願いします。

  3-5 ワクチンを受ける際の、保護者の同意とは。

16歳以上のかたはご本人の同意に基づき接種が行われますが、12~15歳のかたの接種には、保護者の同意が必要となります。必ず、予診票に保護者の署名をしてください。なお、中学生以上のかたが、保護者の同伴なしに接種する場合には、予診票の「電話番号」記載欄に、予診や接種の際に保護者の方と連絡のつく電話番号を記載してください。

  3-6 ワクチンを受ける際に、保護者の同伴は必要か。

12歳~15歳のかたは原則必要、16歳以上のかたは必要ありません。ただし、中学生以上のかたで、接種医療機関が認める場合は、保護者の同伴がなくても保護者の同意(3-5参照)があれば、ワクチンを接種することができます。

ページの先頭へ戻る

 4 予約について

 4-1 どのように予約すればよいか。

柏市内の個別接種の予約方法は、市への予約(予約システムとコールセンター)と医療機関へ直接予約の2通りがあります。詳しくは、「追加(3回目)接種の予約について」をご確認ください。

 4-2 かかりつけ医がいない場合どうすればよいか。

かかりつけ患者以外のかたの接種受け入れが可能な医療機関もありますので、詳しくは「新型コロナワクチンが接種できる市内医療機関一覧(3回目接種)」の備考欄をご覧ください。「かかりつけ患者のみ」を対応している医療機関について、備考に表記しておりますので、表記のない医療機関をお選びください。

 4-3 市内医療機関での個別接種と市の集団接種の予約を、予約専用サイトから行うことはできないか。

3回目接種では、1・2回目の接種予約方法と異なり、各医療機関の個別接種も市の予約システムから予約できるようになりました。なお、1・2回目の接種の時と同じく、個別に予約を受け付ける医療機関もありますのでご注意ください。詳しくは、「追加(3回目)接種の予約について」をご確認ください。

 4-4 予約なしで接種できるか。

医療機関でのワクチン接種には、事前の予約が必要です。事前予約していないかたはワクチン接種ができないため、必ず予約をしてください。

 4-5 市外在住者の避難者であるが、どのように柏市内で接種の予約をしたらよいか。

避難により住民票所在地以外での接種となることの届け出をしたことを証する「住所地外接種済届出済証」が、避難元自治体から発送されている場合は、それを所持していることをお伝えの上、接種する医療機関や市のコールセンター(04-7179-2313、04-7179-2663)で予約の申し込みをしてください。(なお、予約システムでの予約は受け付けができませんので、お電話(市のコールセンター(04-7179-2313、04-7179-2663))で予約のお申込みをしてください)

ページの先頭へ戻る

 5 接種証明書について

 5-1 接種証明書を発行してほしい。

新型コロナワクチン接種証明書の発行方法については、「新型コロナワクチン接種証明書の発行について」からご申請できます。

 5-2 電子版接種証明書の接種記録に誤りがある場合はどうすればよいか。

ちば電子申請サービスから届出をしてください。詳しくは、アプリで発行した電子版接種証明書の接種記録に誤りがある場合(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

 5-3 ワクチンの接種済証を紛失してしまったので、再発行してほしい。

ワクチン接種の後に接種券に貼りつけられる接種済証は再発行できませんが、接種済証に代わって「予防接種証」を交付することができます。「ワクチン接種証明書」の交付を希望するかたは、新型コロナワクチン接種証明書の発行についてをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 6 ワクチンについて

 6-1 ワクチンは選べるのか。

3回目接種では、市内各医療機関ではファイザー製のワクチンとモデルナ社製ワクチンを使用しております。医療機関により、取り扱うワクチンの種類は異なります。医療機関や接種会場で取り扱うワクチンの種類を公開していますので、参考にしてください。

ただし、12~17歳の接種はファイザー社製ワクチンとなります(令和4年3月25日現在)。

なお、市内医療機関での個別接種及び市の集団接種において、アストラゼネカ社製ワクチン、武田社ワクチン(ノババックス)を使用する予定はありません。

 6-2 1・2回目接種とは異なるワクチンを使用(交互接種)について問題はないのか。

追加接種に使用するワクチンは、初回接種に用いたワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社のワクチン又はモデルナ社のワクチン)を用いることが適当であるとされています。詳しくは「厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

 6-3 ファイザー社ワクチン及びモデルナ社ワクチンの有効期限の取扱いについて

ファイザー社ワクチンの有効期限について

ファイザー社ワクチン(12歳以上用)については、薬事上の手続きを経て、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が、令和3年(2021年)9月10日に6か月から9か月へ、令和4年(2022年)4月22日に9か月から12か月へ、更に令和4年(2022年)8月19日に12か月から15か月へと延長されました。

有効期限が「6か月」「9か月」として印字されているワクチンの延長後の有効期限は、以下のPDFファイルをご確認ください。

ファイザー社ワクチン対象(12歳以上用)ロット一覧表(PDF:548KB)

モデルナ社ワクチンの有効期限について

モデルナ社ワクチンについては、薬事上の手続きを経て、令和3年(2021年)7月16日に-20℃±5℃で保存する場合の有効期間が6か月から7か月に延長され、また、令和3年(2021年)11月12日にこれが7か月から9か月へと更に延長されました。

※有効期限の延長に伴う読み替え対象のロットにつきましては、以下の資料をご確認ください。

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。モデルナ社ワクチン対象ロット一覧表(PDF:531KB)

 6-4 オミクロン株対応ワクチンを接種したい。

3回目接種券で、オミクロン株対応ワクチンが接種できます。オミクロン株ワクチン対応医療機関等については、決まり次第、市ホームページでお知らせします。

ページの先頭へ戻る

 7 その他

 7-1 接種費用はかかるか。

無料(全額公費負担)となります。

 7-2 接種は必ず受ける必要があるのか。

接種は任意で、受けるかたの同意に基づき、接種を実施します。

 7-3 他の予防接種との接種間隔を知りたい。

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種は可能です。ただし、インフルエンザワクチン以外のワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
(例)2月1日に新型コロナワクチンを接種した場合、インフルエンザワクチン以外のワクチンを接種できるのは、2月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。

【参考】新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか。(外部サイトへリンク)

 7-4 新型コロナウイルスに感染したことのある人は、接種を受けることはできるか。

既に新型コロナウイルスに感染した人も、新型コロナワクチンを受けることができます。
感染歴のある方に対する追加接種については、感染してから追加接種までの間隔について、暫定的に3カ月を一つの目安にすることとされています。ただし、この場合も、追加接種は2回目接種から5カ月が経過している場合に限ります。

詳しくは、厚生労働省「新型コロナウイルスに感染したことのある人は、ワクチンを接種することはできますか。」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 7-5 3回目接種ではどのような副反応があるのか。

詳しくは、厚生労働省「追加(3回目)接種ではどのような副反応がありますか。2回目より重いのでしょうか」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 7-6 ワクチン接種後に健康被害が生じた場合はどうすればよいのか。

予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生が見られます。万が一ワクチン接種後に健康被害が発生した場合は、救済給付を行う国の予防接種後健康被害救済制度(外部サイトへリンク)がありますので、お尋ねになりたいかたは市のコールセンター(04-7179-2313、04-7179-2663)までお問い合わせください。

 7-7 1・2回目接種はまだ受けられるか。

1・2回目接種につきましては、ワクチン接種できる市内医療機関のページでご確認ください。

ページの先頭へ戻る

新型コロナワクチン関連情報

お問い合わせ先

所属課室:保健所健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種担当

柏市柏下65番地1(ウェルネス柏3階)

電話番号:04-7128-7252

ファックス番号:04-7164-1263

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?