トップ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症情報 > 感染症に関するお知らせ > 【警報!】インフルエンザ流行中!

更新日令和5(2023)年12月14日

ページID35232

ここから本文です。

【警報!】インフルエンザ流行中!

千葉県で警報が発令されました

2023年第37週(9月11日~9月17日)におけるインフルエンザ定点当たり患者報告数が14.54人となり、国が定める注意報基準値(10)を超えたことから、2023年9月20日に「インフルエンザ注意報」が発令されていましたが、さらに患者数が増加したため、インフルエンザの予防対策を更に徹底していただくことを目的にインフルエンザ警報」が発令されました。

警報の発令は2018/2019シーズン以来5シーズンぶりです。前回に比べ、5週早い発令となっています。

インフルエンザ警報の発令について(外部サイトへリンク)

流行シーズン別インフルエンザ定点当たり報告数の推移

出典:千葉県ホームページ

 

柏市においても定点当たりの患者報告数は28.79人となり、増加傾向が続いています。柏市内の保育施設や小・中学校等で、インフルエンザ(インフルエンザ様疾患を含む)の集団発生および学級閉鎖も多数確認されています。

家庭や保育園、学校や職場などにおいて感染予防策を徹底し、体調不良時には、早めに医療機関を受診しましょう。

啓発

出典:厚労省公式ポスター(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

インフルエンザの主な症状

インフルエンザは38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的に急速に現れます。小児ではまれに急性脳症を、高齢者や免疫力の低下している者では二次性の肺炎を伴う等、重症になることがあります。

インフルエンザの感染予防について

  • 外出から帰宅したらせっけんで十分な手洗いやうがいをしましょう。
  • 室内は適度な湿度を保ち、こまめに換気をしましょう。※冬場は暖房器具の近くの窓を開けることで、入ってくる冷気が暖められ、室温の低下を防ぐことできます。
  • 十分な休息とバランスのとれた栄養をとりましょう。
  • 「咳エチケット」を心がけましょう。咳やくしゃみがでるときは、他人に移さないためにマスクを着用しましょう。詳しくはこちらのページ(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。(外部サイトへリンク)
  • (流行期は)人混みや繁華街の外出を避けましょう。

インフルエンザにかかってしまったら

医療機関を受診した後は、できるだけ安静にし、十分な睡眠をとることが大切です。発熱により、脱水症状を起こしやすいので、お茶・スープ等で水分を十分に補給しましょう。またバランスのとれた消化の良いものを食べるようにして休養を取り体力をつけることも大切です。

インフルエンザにかかってしまった人のいる部屋はこまめに換気をし、室内の温度を20℃~22℃、室内の湿度を60~70%に保つよう心がけましょう。

インフルエンザは、適切な休養をとれば、多くは3日~1週間で治る病気です。インフルエンザウイルスは熱が下がっても体内には残っているため、咳などの症状がある場合は咳エチケットに心がける等、まん延防止にご理解とご協力をお願いします。


お問い合わせ先

所属課室:健康医療部保健予防課 (保健所)

柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)

電話番号:

お問い合わせフォーム