更新日令和6(2024)年2月1日

ページID359

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関するよくある質問

新型コロナウイルス感染症に関するよくあるご質問をまとめています。

目次

新型コロナウイルス感染症に関すること

感染予防に関すること

よくある質問と回答

新型コロナウイルス感染症に関すること

柏市内の感染状況が知りたい。

ページの先頭へ戻る

 よくある症状が知りたい。

発熱、呼吸器症状(咳、喉の痛み)、頭痛、倦怠感などのインフルエンザ様症状や味覚・嗅覚障害がみられることが多いです。

ページの先頭へ戻る

発熱等の症状があるが、どうしたらいいか。

発熱などの症状がある場合は、日ごろ通院している医療機関かお住まいの近くにある医療機関に電話で相談してください。

また、かかりつけ医がいない方,受診の目安や医療機関が分からない方,療養中の体調不良などの相談をしたい方は『柏市新型コロナウイルス感染症相談センター(令和6年2月29日で終了します)をご確認ください。

ページの先頭へ戻る

発熱等の症状があるので、検査を受けたい。

検査(PCR検査、抗原検査)は、医師の判断に基づいて実施されるものであり、希望制ではありません。かかりつけ医等を受診した結果、医師が検査の必要性があると判断した場合は、検査可能医療機関で鼻の粘液や唾液を採取し、検査を実施します。

ページの先頭へ戻る

 

コロナ療養解除後も症状が続いていて辛い/後遺症に困っている。

  • 後遺症の主な症状は、味覚・嗅覚障害、記憶障害・集中力低下、不安症状、強い疲労感、咳・息切れなど多岐にわたります。
  • 現時点の主な対応方法は、経過観察と対処療法です。また、他の疾患との見極めも必要になります。
  • 新型コロナウイルス感染症を診断された主治医またはかかりつけ医へ、電話連絡のうえ診療できるか確認してから受診してみましょう。
  • 【参考】療養終了後も続く症状(いわゆる後遺症)について(千葉県ホームページ)

ページの先頭へ戻る

感染予防に関すること

日頃の感染予防はどうしたら良いか。

  • 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様におひとりおひとりの咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。風邪症状があれば外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。
  • 集団感染の共通点は、特に「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。
  • 5つの感染リスクが高まる場面が、みなさまの生活の中に潜んでいないか、是非ご確認してください。
    1. 飲食を伴う懇談会
    2. 大人数や長時間におよぶ飲食
    3. マスクなしでの会話
    4. 狭い空間での共同生活
    5. 居場所の切り替わり
  • 一般的な感染予防対策(PDF:975KB)
  • 新型コロナウイルス感染症の集団感染を防ぐために(PDF:557KB)

ページの先頭へ戻る

家の中などの消毒方法を知りたい。

  • 消毒する場所
    ドアノブ、窓の取っ手、電気のスイッチ、テーブル、椅子、手すり、水道の蛇口などの「手指がよく触れる場所」
  • 消毒作業の注意点
    1. 必ずビニール手袋、マスク等を着用する。
    2. 十分に換気する。
    3. 作業後はせっけんでよく手を洗い、うがいをする。
    4. 作業時に着用していた衣服は、家庭用洗剤を使用し洗濯機で洗濯し、完全に乾かす。
    5. 作業後のビニール手袋や、消毒に使用したペーパータオル等は、ビニール袋に入れ、密閉して処分する。
  • 消毒方法
    ペーパータオルやきれいな雑巾等に0.05パーセント以上(トイレなどは0.1パーセント)の濃度の次亜塩素酸ナトリウム液(補足作り方は以下で紹介)を十分に含ませて拭きます。
    金属部位に使用した場合は、錆びることがありますので、10分程度経ってから水拭きします。
    スプレーボトルでの噴霧は、不完全な消毒やウイルスの舞い上がりを招く可能性があるため推奨しません。
    使用後の雑巾は次亜塩素酸ナトリウム液に充分浸した後、水ですすぎ、完全に乾かします。

身のまわりを清潔にしましょう(PNG:52KB)次亜塩素酸ナトリウム液(PNG:39KB)

(画像をクリックすると別ウィンドウで開きます)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

所属課室:健康医療部保健予防課 (保健所)

柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)

電話番号:

お問い合わせフォーム