更新日2021年4月9日

ページID22328

 

ここから本文です。

 新型コロナウイルス感染症にかかったら

新型コロナウイルス感染症にかかったら、感染させる恐れがなくなるまでの間、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)による就業制限、消毒命令、入院勧告などのほか、ご本人や同居しているかた(濃厚接触者)に日ごろの生活において気を付けていただきたいことがあります。ご理解のうえ感染を拡げないための行動にご協力ください。

 感染者となったご本人のかたへ

新型コロナウイルス感染症にかかってしまったかたの内『入院治療の必要がない軽症者や無症状者のかた』については、大切なご家族やお友達などに感染させないよう、また、症状の急変に速やかに対応できるよう、宿泊療養等をお願いしています。

  宿泊療養されるかたへ

千葉県のホームページに宿泊療養をする際、入所、退所、必要な持ち物などの注意点などが掲載されています。ご確認ください。

千葉県ホームページ『宿泊療養施設に入所される方へ』(外部サイトへリンク:別ウィンドウで開きます)

このページの最初に戻る

 

  やむを得ず自宅で療養することになったかたへ

宿泊療養の要件に合致しないかたや入院加療や宿泊療養に移るまでの間、自宅で療養することになった方は、保健所の職員があなたの療養をサポートします。

このページの最初に戻る

定期的に健康観察をします

自宅で体調の悪化などがないか確認をするために定期的な健康観察を毎日、午前と午後の2回行っていますのでご協力ください。

なお、体温や酸素飽和度の確認もしますので、連絡をする前に測定しておくとスムーズに進むことができます。※酸素飽和度は、測定器(パルスオキシメーター)を持っている方のみです。

健康観察方法
 LINEによる健康観察ができます

スマートフォンやタブレットなどをつかってLINEで届く質問に答えることで健康観察をすることができます。詳細はこちらをごらんください。⇒LINE健康観察システムの使い方について(別ページで開きます)

AiCall(自動音声システム)による健康観察ができます

AIによる自動音声システムで自宅の電話や携帯電話などに電話し、質問に答えることで健康観察をすることができます。

自動音声による電話がかかってきた際に「LINEによる回答がなかったため…」といった内容の音声が流れますがそのまま回答を続けてください。

電話による健康観察

LINEやAiCallを使用しないかたは、毎日9時30分と15時に保健所に電話していただき、保健所の職員が電話で体調等を確認します。

このページの最初に戻る

こんな時は必ず保健所に連絡してください

自宅療養中に次のような症状がみられたときは、緊急性が高い可能性があります。健康観察の連絡に関係なく直ちに保健所に連絡してください。(柏市保健所保健予防課電話04-7128-2231)

【表情・外見】
  • 顔色が明らかに悪い
  • 唇が紫色になっている
  • いつもと違う、様子がおかしい
【息苦しさ】
  • 息が荒くなった(呼吸数が多くなった)
  • 急に息苦しくなった
  • 日常生活の中で少し動くと息があがる
  • 胸の痛みがある
  • 横になれない、座らないと息ができない
  • 肩で息をしている、ゼーゼーしている
【意識障害等】
  • ぼんやりしている(反応が弱い)
  • もうろうとしている(返事がない)
  • 脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

連絡先:柏市保健所保健予防課TEL04-7128-2231

留守電の場合は、案内に従い緊急電話にかけて下さい。

このページの最初に戻る

 ご家族(同居している人)が陽性者となったかたへ

ご家族(同居している人)が新型コロナウイルス感染症にかかってしまったり、感染が疑われる時は、ご本人は外出を避けてください。また、同居しているかたも熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避けて、特に咳や発熱などの症状があるときには、職場などにはいかないでください。

このページの最初に戻る

家庭内でご注意いただきたい8つのポイント

1.部屋を分けましょう

個室にしましょう
  • 食事や寝るときも別室にしてください
  • 子どもがいたり部屋数が少ないなど、居住スペースを分けることができないときは、少なくとも2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをお薦めします
  • 寝るときは頭の位置を互いに違いになるようにしましょう
ご本人はなるべく部屋から出ないようにしましょう
  • トイレ・バスルームなど共有スペースの利用は必要最小限にしましょう

2.感染者のお世話はできるだけ限られたかたで

心臓、肺、腎臓に持病があるかた、糖尿病のかた、免疫が低下しているかた、妊婦のかたなどは感染者のお世話をするのは避けてください

3.マスクをつけましょう

  • 使用したマスクは、ほかの部屋に持ち出さないでください
  • マスクの表面には、触れないようにしてください
  • マスクを外すときは、ゴムやひもをつまんで外しましょう
  • マスクを外した後は、必ず石鹸で手を洗いましょう(アルコール手指消毒剤でも可)

4.こまめに手を洗いましょう

  • こまめに石鹸で手を洗いましょう
  • アルコール消毒をしましょう
  • 洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください

5.換気をしましょう

共有スペースや他の部屋も窓を開放するなど定期的に換気してください。

6.手で触れる共有部分を消毒しましょう

  • ドアの取っ手・ノブ・ベッド柵などは、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤またはアルコールで拭いた後に水拭きしましょう
  • トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒しましょう
  • 洗浄前のものを共用しないようにしてください。特にタオルはトイレ、洗面所、キッチンなどでは共用しないように注意しましょう

7.汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけて、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください

8.ゴミは密閉して捨てましょう

鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨ててください。その後すぐに石鹸で手を洗いましょう。糞便からウイルスが検出されることがあります。詳しくは、「ごみの出しかた」をご覧ください。

このページの最初に戻る

 ごみの出しかた

自宅療養中や感染が疑われる方やその同居している方がごみの出すときは、収集作業員の感染防止のため、次の点に気を付けてください

直接触れない、外に漏れないようにする

  • ゴミ袋にごみをまとめるときには、中身に直接触れないよう注意してください
  • 可燃ごみ(燃やすごみ)のごみ袋は中身が外に漏れないよう、しっかりしばって、二重袋にしてください
  • ごみ出し作業の前後には、必ず手を洗いましょう
  • 収集作業員が回収するときに袋が破裂しないよう、ごみ袋内の空気を抜いてください。

容器包装プラスチック類は『可燃ごみ(燃やすごみ)』

「容器包装プラスチック類(プラスチック系ごみ)」は、「可燃ごみ(燃やせるごみ)」の袋に他の可燃ごみと一緒に入れ「可燃ごみ(燃やすごみ)」の日に出してください。

資源品・不燃ごみは一時的に保管してください

「資源品(資源ごみ)」、「不燃ごみ」は、自宅療養が解除された後に集積所に出してください。

このページの最初に戻る

  療養終了後の生活について

厚生労働省が定める退院基準を満たすと療養終了となります。退院基準を満たすと感染力が急激に低下することがわかっていますが、療養終了後も次の項目について気を付けてお過ごしください。

健康状態を毎日確認してください

健康観察期間は、療養が終了した翌日から4週間です

毎日、体温測定をおこない、発熱(37.5℃以上)や症状の有無を確認してください

咳や発熱などの症状が出たときは、柏市保健所の保健予防課または退院時に指示された医療機関の主治医に連絡のうえ、必要に応じて受診してください

一般的な衛生対策を徹底してください

石けんで手を洗い、アルコール消毒をしましょう

マスクを着用し、咳エチケットを守りましょう

定期的に換気しましょう

療養終了後に行動制限はありますか?

発熱等の症状が出てから7~10日程度経つと、新型コロナウイルス感染者の感染性は急激に低下し、感染性は極めて低いことがわかってきました。PCR検査を行わない場合も含めて、退院基準を満たして療養終了した後の制限などはありません。

新型コロナウイルス感染症に関する療養期間を証明するものはありますか?

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)に基づく通知があります。

就業制限通知書…感染症の予防のため就業を制限するもの(陽性と診断された日)

就業制限解除通知書…就業制限を解除するもの(療養が終了した日)

入院勧告書(入院した方のみ)…入院日(入院期間が確認できるものではありません)

就業制限の日から制限が解除された日が療養期間となります。

通知は、保健所からご自宅に郵送します。通知が届くまでは、療養終了後から概ね10日程度です。(陽性者の発生状況により前後します)

これらの通知は、新型コロナウイルス感染症にかかったことの証明として、生命保険会社等のお手続きに使うことができます。

療養終了する際にPCR検査を受けることができますか?

退院基準を満たして療養終了される場合は、新型コロナウイルス感染者の感染性は極めて低いと言われています。したがいまして、療養終了時のPCR検査は必要ありませんので、保健所からのご案内はしておりません。

このページの最初に戻る

 

お問い合わせ先

所属課室:保健所保健予防課

柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)

電話番号:04-7167-1254

ファックス番号:04-7167-1732

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています