地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
応急給水所
Emergency Water Stations
災害により断水した場合、被害状況に応じて給水を行う場所です。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
液状化しやすさマップ
Liquefaction Hazard Map
全県で同一の震度の揺れが発生した場合にどのような範囲で液状化が発生するかの目安とすることを目的として、東北地方太平洋沖地震のような継続時間の長い地震(2~3分程度)を想定したもの。
※千葉県が公表しているもの
しやすい
High risk
ややしやすい
Slight risk
しにくい
Low risk
きわめてしにくい
Very low risk
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
揺れやすさマップ
Shaking Hazard Map
地震動の周期特性の異なる波形を計算し,SI増幅率の最大値を揺れやすさの指標としたもの。
※千葉県が公表しているもの
かなり揺れやすい
Shakes very easily
揺れやすい
Shakes easily
やや揺れやすい
Shakes fairly easily
やや揺れにくい
Fairly resistant to shaking
揺れにくい
Resistant to shaking
かなり揺れにくい
Very resistant to shaking
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
洪水浸水想定区域
(想定最大規模)
Areas with Risks of Flooding
(Maximum Scale Estimated)
水防法の規定により定められた想定最大規模降雨による浸水想定区域及び浸水した場合に想定される水深を表示したもの。
※国管理河川は国土交通省,県管理河川は千葉県が公表しているもの

算出の前提となる降雨
利根川,利根運河
 利根川流域八斗島上流の72時間総雨量
 491mm
手賀川及び手賀沼
 手賀川・手賀沼流域の48時間総雨量
 815mm
0.0~0.5m未満の区域
0.0 to 0.5m flood area
0.5~3.0m未満の区域
0.5 to 3.0m flood area
3.0~5.0m未満の区域
3.0 to 5.0m flood area
5.0~10.0m未満の区域
5.0 to 10.0m flood area
10.0~20.0m未満の区域
10.0 to 20.0m flood area
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
洪水時避難不可施設
Facilities unsuitable for refuge during a flood
洪水時は,避難所として利用できない施設です。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
水位観測所
Water level gauging station
水位を観測している場所です。
アンダーパス
Underpass
立体交差で,掘り下げ式になっている下の道路です。大雨が降ると,道路が冠水して,通行が出来なくなる場合があります。
洪水浸水想定区域
(想定最大規模)
Areas with Risks of Flooding
(Maximum Scale Estimated)
水防法の規定により定められた想定最大規模降雨による浸水想定区域及び浸水した場合に想定される水深を表示したもの。
※国管理河川は国土交通省,県管理河川は千葉県が公表しているもの

算出の前提となる降雨
利根川,利根運河
 利根川流域八斗島上流の72時間総雨量
 491mm
手賀川及び手賀沼
 手賀川・手賀沼流域の48時間総雨量
 815mm
0.0~0.5m未満の区域
0.0 to 0.5m flood area
0.5~3.0m未満の区域
0.5 to 3.0m flood area
3.0~5.0m未満の区域
3.0 to 5.0m flood area
5.0~10.0m未満の区域
5.0 to 10.0m flood area
10.0~20.0m未満の区域
10.0 to 20.0m flood area
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
洪水時避難不可施設
Facilities unsuitable for refuge during a flood
洪水時は,避難所として利用できない施設です。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
水位観測所
Water level gauging station
水位を観測している場所です。
アンダーパス
Underpass
立体交差で,掘り下げ式になっている下の道路です。大雨が降ると,道路が冠水して,通行が出来なくなる場合があります。
洪水浸水想定区域
(想定最大規模)
Areas with Risks of Flooding
(Maximum Scale Estimated)
水防法の規定により定められた想定最大規模降雨による浸水想定区域及び浸水した場合に想定される水深を表示したもの。
※国管理河川は国土交通省,県管理河川は千葉県が公表しているもの

算出の前提となる降雨
利根川,利根運河
 利根川流域八斗島上流の72時間総雨量
 491mm
手賀川及び手賀沼
 手賀川・手賀沼流域の48時間総雨量
 815mm
0.0~0.5m未満の区域
0.0 to 0.5m flood area
0.5~3.0m未満の区域
0.5 to 3.0m flood area
3.0~5.0m未満の区域
3.0 to 5.0m flood area
5.0~10.0m未満の区域
5.0 to 10.0m flood area
10.0~20.0m未満の区域
10.0 to 20.0m flood area
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
洪水時避難不可施設
Facilities unsuitable for refuge during a flood
洪水時は,避難所として利用できない施設です。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
水位観測所
Water level gauging station
水位を観測している場所です。
アンダーパス
Underpass
立体交差で,掘り下げ式になっている下の道路です。大雨が降ると,道路が冠水して,通行が出来なくなる場合があります。
洪水浸水想定区域
(浸水継続時間)
Areas with Risks of Flooding
(Duration of Flooding)
水防法の規定により定められた想定最大規模降雨に伴う洪水により,河川が氾濫した場合の浸水の状況をシミュレーションにより予測したしたもの。
※国管理河川は国土交通省,県管理河川は千葉県が公表しているもの
12時間
12 hours
24時間(1日間)
24 hours (1day)
72時間(3日間)
72 hours (3 days)
168時間(1週間)
168 hours (1week)
336時間(2週間)
336 hours (2weeks)
672時間(4週間)
672 hours (4weeks)
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
洪水時避難不可施設
Facilities unsuitable for refuge during a flood
洪水時は,避難所として利用できない施設です。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
水位観測所
Water level gauging station
水位を観測している場所です。
アンダーパス
Underpass
立体交差で,掘り下げ式になっている下の道路です。大雨が降ると,道路が冠水して,通行が出来なくなる場合があります。
洪水浸水想定区域
(浸水継続時間)
Areas with Risks of Flooding
(Duration of Flooding)
水防法の規定により定められた想定最大規模降雨に伴う洪水により,河川が氾濫した場合の浸水の状況をシミュレーションにより予測したしたもの。
※国管理河川は国土交通省,県管理河川は千葉県が公表しているもの
12時間
12 hours
24時間(1日間)
24 hours (1day)
72時間(3日間)
72 hours (3 days)
168時間(1週間)
168 hours (1week)
336時間(2週間)
336 hours (2weeks)
672時間(4週間)
672 hours (4weeks)
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
洪水時避難不可施設
Facilities unsuitable for refuge during a flood
洪水時は,避難所として利用できない施設です。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
水位観測所
Water level gauging station
水位を観測している場所です。
アンダーパス
Underpass
立体交差で,掘り下げ式になっている下の道路です。大雨が降ると,道路が冠水して,通行が出来なくなる場合があります。
洪水浸水想定区域
(浸水継続時間)
Areas with Risks of Flooding
(Duration of Flooding)
水防法の規定により定められた想定最大規模降雨に伴う洪水により,河川が氾濫した場合の浸水の状況をシミュレーションにより予測したしたもの。
※国管理河川は国土交通省,県管理河川は千葉県が公表しているもの
12時間
12 hours
24時間(1日間)
24 hours (1day)
72時間(3日間)
72 hours (3 days)
168時間(1週間)
168 hours (1week)
336時間(2週間)
336 hours (2weeks)
672時間(4週間)
672 hours (4weeks)
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
洪水時避難不可施設
Facilities unsuitable for refuge during a flood
洪水時は,避難所として利用できない施設です。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
水位観測所
Water level gauging station
水位を観測している場所です。
アンダーパス
Underpass
立体交差で,掘り下げ式になっている下の道路です。大雨が降ると,道路が冠水して,通行が出来なくなる場合があります。
土砂災害
Landslides
土砂災害特別警戒区域(指定済)
Special Landslide Hazard Area (Designated)
土砂災害警戒区域のうち,建築物に損壊が生じ,住民に著しい危害が生じる恐れのある区域(土砂災害防止法)
※千葉県が指定しているもの
土砂災害警戒区域(指定済)
Landslide Hazard Area (Designated)
傾斜度30度以上かつ高さ5m以上の急傾斜地で,崩壊した場合に市民に危害が生じる恐れのある区域(土砂災害防止法)
※千葉県が指定しているもの
土砂災害特別警戒区域(調査済未指定)
Special Landslide Hazard Area (Proposed)
土砂災害警戒区域(調査済未指定)
Landslide Hazard Area (Proposed)
土砂災害危険箇所
Landslide Danger Point
傾斜度30度以上かつ高さ5m以上の急傾斜地で人家や公共施設に被害を及ぼす恐れのある急傾斜地及び近接地
※千葉県が公表しているもの
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
■問い合わせ先
土木部下水道経営課
所在地 柏市柏255(分庁舎1)
電話番号 04-7167-1409
内水浸水想定区域
Urban flood hazard area
市内全体に,1時間最大雨量79.5mm,30年に一度の確率で起こる可能性がある降雨があった時,既存の排水施設が所定の機能を発揮した状態で,処理しきれない内水による浸水を想定しています。
※実際の災害では,想定を超える可能性がありますので,着色されていない区域でも注意が必要です。
〜0.3m未満の区域
Up to 0.3m flood area
0.3〜0.5m未満の区域
0.3 to 0.5m flood area
0.5〜1.0m未満の区域
0.5 to 1.0m flood area
1.0m以上の区域
Over 1.0m flood area
地図上に示す記号の凡例
An explanation of the symbols on the map
広域避難場所
Safety Evacuation Area
一時避難場所での災害状況の情報から判断し、避難する最終的な避難場所です。これらの避難場所では、情報活動、応急·救援·救護活動を行ないます。
避難場所
Evacuation Area
災害発生時に学校·公園等のオープンスペースや施設を利用し、住民の皆さんが生命や安全の確保を図るために避難する場所です。
避難所兼避難場所
Evacuation Shelter and Area
避難所とは,災害により住居が被害を受けた住民の皆さんの受け入れ、宿泊、給食などの救援を実施する臨時の施設のことで、被害の状況により開設する避難所を決定します。
同じ敷地内に避難所と避難場所を併設しています。
災害拠点病院
Base Hospital for Disasters
災害医療協力病院
Hospital Providing Treatment in Disaster Situations
災害時における医療救護活動の拠点となる病院です。関係機関と連携し、主に重症傷病者への医療を行います。災害時に傷病者をトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先を決めること)の上、応急処置を行い、必要な患者を収容する病院です。
アンダーパス
Underpass
立体交差で,掘り下げ式になっている下の道路です。大雨が降ると,道路が冠水して,通行が出来なくなる場合があります。