ホーム > 安心・安全 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 市からのお知らせ・お願い > 新型コロナウイルス感染症に関するよくある質問

更新日2021年4月26日

ページID359

 

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関するよくある質問

新型コロナウイルス感染症に関するよくあるご質問をまとめています。

新型コロナウイルス感染症に関すること

感染予防に関すること

消毒液・マスクに関する

事業者のみなさまへ

新型コロナウイルス感染症に関すること

柏市内の感染状況が知りたいのですが。

  • こちらのページ(市内の感染者情報)で詳細をご確認いただけます。
  • 情報の公表にあたっては、感染拡大防止の観点から積極的な公表が必要となりますが、一方で個人情報保護の観点から個人を特定されないようにすること、また、いわれのない差別や偏見が生じないよう十分配慮することが求められています。柏市においても個人情報の保護に十分留意しながら適切に感染症対策を進めてまいります。

ページの先頭へ戻る

よくある症状が知りたい。

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第3版」では、以下の記載があります。

多くの症例で発熱、呼吸器症状(咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻閉など)、頭痛、倦怠感などがみられる。下痢や嘔吐などの消化器症状の頻度は多くの報告で10パーセント未満であり、SARSやMERSよりも少ないと考えられる。初期症状はインフルエンザや感冒に似ており、この時期にこれらとCOVID-19を区別することは困難である。

ページの先頭へ戻る

発熱等の症状があるが、どうしたらいいか。

柏市における発熱等の症状がある方の相談・受診の流れは、下の図のとおりです。発熱フロー

まずは、かかりつけ医等の地域で身近な医療機関に電話相談してください。かかりつけ医がいない等、相談する医療機関に迷う場合には、下記相談窓口、または、千葉県のホームページ(外部サイトへリンク)に掲載されている相談窓口に相談してください。

なお、柏市内で公表されている発熱外来はこちら(外部サイトへリンク)

ページの先頭へ戻る

発熱等の症状があるので、検査を受けたい。

検査(PCR検査、抗原検査)は、医師の判断に基づいて実施されるものであり、希望制ではありません。かかりつけ医等を受診した結果、医師が検査の必要性があると判断した場合は、検査可能医療機関で鼻の粘液や唾液を採取し、検査を実施します。

ページの先頭へ戻る

ビジネス渡航者や無症状者は、どうしたら検査を受けられるのか。

ビジネス渡航者や無症状者については、自費診療としてPCR検査を実施している医療機関があります。詳細については、厚生労働省が情報の一元化と公開を準備していますが、それまでの間は、インターネット検索等でお調べいただけますようお願いします。

ページの先頭へ戻る

濃厚接触者かもしれません。

濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は、1.距離の近さと2.時間の長さです。必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があった場合に濃厚接触者と考えられます。
新型コロナウイルス感染者から、ウイルスがうつる可能性がある期間(発症2日前から入院等をした日まで)に接触のあった方々について、関係性、接触の程度などについて、保健所が調査(積極的疫学調査)を行い、個別に濃厚接触者に該当するかどうか判断します。

ご不安な場合は、柏市受診相談センター(☎04-7167-6777)にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

「接触確認アプリCOCOA」について知りたい。

利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。利用者は、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性が分かることで、保健所のサポートを早く受けることができます。詳細は、こちら(新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application)(外部サイトへリンク)をご確認ください。

ページの先頭へ戻る

感染予防に関すること

日頃の感染予防はどうしたら良いか。

  • 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様におひとりおひとりの咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。風邪症状があれば外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。
  • 集団感染の共通点は、特に「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。
  • 5つの感染リスクが高まる場面が、みなさまの生活の中に潜んでいないか、是非ご確認してください。
    1. 飲食を伴う懇談会
    2. 大人数や長時間におよぶ飲食
    3. マスクなしでの会話
    4. 狭い空間での共同生活
    5. 居場所の切り替わり
  • 一般的な感染予防対策(PDF:975KB)
  • 新型コロナウイルス感染症の集団感染を防ぐために(PDF:557KB)

ページの先頭へ戻る

消毒液・マスクに関すること

家の中などの消毒方法を知りたい。

  • 消毒する場所
    ドアノブ、窓の取っ手、電気のスイッチ、テーブル、椅子、手すり、水道の蛇口などの「手指がよく触れる場所」
  • 消毒作業の注意点
    1. 必ずビニール手袋、マスク等を着用する。
    2. 十分に換気する。
    3. 作業後はせっけんでよく手を洗い、うがいをする。
    4. 作業時に着用していた衣服は、家庭用洗剤を使用し洗濯機で洗濯し、完全に乾かす。
    5. 作業後のビニール手袋や、消毒に使用したペーパータオル等は、ビニール袋に入れ、密閉して処分する。
  • 消毒方法
    ペーパータオルやきれいな雑巾等に0.05パーセント以上(トイレなどは0.1パーセント)の濃度の次亜塩素酸ナトリウム液(補足作り方は以下で紹介)を十分に含ませて拭きます。
    金属部位に使用した場合は、錆びることがありますので、10分程度経ってから水拭きします。
    スプレーボトルでの噴霧は、不完全な消毒やウイルスの舞い上がりを招く可能性があるため推奨しません。
    使用後の雑巾は次亜塩素酸ナトリウム液に充分浸した後、水ですすぎ、完全に乾かします。

身のまわりを清潔にしましょう(PNG:52KB)次亜塩素酸ナトリウム液(PNG:39KB)

(画像をクリックすると別ウィンドウで開きます)

ページの先頭へ戻る

マスクの作り方を知りたい。

マスクは自作することもできます。マスクの作り方について、以下の文部科学省が作成した動画内でも紹介されていますので参考としてください。

ページの先頭へ戻る

事業者のみなさまへ

中小・小規模事業者対象の給付金(法人 200万円上限、個人事業主 100万円上限)について知りたい。

こちらのページ(経済産業省HPへリンク)(外部サイトへリンク)をご確認ください。

ページの先頭へ戻る

各種支援を知りたい。

こちらのページ(事業者の支援)でご確認いただけます。

お問い合わせ先

所属課室:保健所総務企画課

柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)

電話番号:04-7167-1255

ファックス番号:04-7167-1732

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています