8時間目「校長先生のお仕事を教えてください!」

最終更新日 2016年9月9日

ページID 036866

印刷

皆さん、小学校時代の校長先生を覚えていますか。こんにちは、KASHIWA先生です。

皆さんが覚えている校長先生といえば、全校朝会や始業式・終業式で話を聞く程度で、普段あまり顔を合わせることは少なく、まして話しかけるなんて畏れ多かったですよね。記憶に残っていない方も多いのではないかと思います。
しかし、今どきの小学生たちは校長先生に親近感を覚えているようで、校長先生に「ハイタッチ」なんてしている風景を見かけることもあります。昔とは様変わりしていますね。

そんな校長先生ですが、普段は何をしているか、意外に知らない方が多いのではないでしょうか。今回は、校長先生のある一日を通して、校長先生の仕事をご紹介したいと思います。
 

  • 7時30分 出勤

 通学路や校門で「おはようございます」と挨拶を交わし、子供たちを出迎えます。

朝の登校指導 
ある小学校の通学風景。
交通量の多い交差点で、子供たちの安全を見守ります。


 

  • 8時20分 職員打ち合わせ

 校長先生の話で、職員の「やる気スイッチ」がオンになるんですよ!

職員室での打合せ風景
ある小学校の打合せ風景。
今週の予定や事務連絡、指導事項から校長先生の思いまで、
いろいろなことを伝える場です。


 

  • 9時00分  各教室を巡回

 子供たちの学習の様子を見て回ります。
 「集中して学習に取り組んでいるかな。」
 

  • 11時30分  給食検食

 子供たちに提供する給食の味や量をチェック。 

検食
検食した結果は「検食簿」というものに
毎回記録します。


 

  • 12時30分 各教室の巡回

 子供たちの給食の様子を見て回ります。
 「朝、いつもより挨拶の声が小さかった○○さん。元気を取り戻したかな。」
 

  • 13時00分 校庭の巡回

 子供たちは昼休み中。誘われれば、子供たちと一緒に遊ぶことも!
 

  • 14時00分 来客対応

 地域の方が来校しました。地域は学校の応援団。地域の方々と教育について語り合うことも、校長先生の大切な仕事の一つです。
 

  • 15時30分 書類の決裁、文書作成

 校長室では、事務仕事をしながら、「もっといい学校にしたい!」と思いをめぐらします。 

校長室での仕事
 女性の校長先生も増えてきています。


 

  • 16時30分 職員との面談 

 職員とコミュニケーションをとり、風通しのよい職場づくりを目指します。 
 

  • 17時30分 退勤


いかがでしょうか?
これらの他に、卒業を控えた子供たちを校長室に招き一緒に給食を食べたり、暗唱や縄跳び検定の「ラスボス」として合格印を押したりする校長先生もいます。今どきの校長先生は、子供たちとの触れ合いの時間を大切にしているのですね。

校長先生の仕事はそれだけでしょうか。
もちろん、子供との触れ合いも大切な校長先生の仕事ですが、それだけではありません。
校長先生の仕事を簡単に表現するならば、学校という「チームの監督」です。
「こんな学校にしたい。こんな子供を育てたい。」という学校教育目標を打ち出し、それに基づいた教育がなされているか、リーダーシップをとりながら、日々監督しています。また、子供たちが安全に学校生活を送れる環境をしっかり保つことも大きな仕事です。

実は、毎日の各教室や校庭の巡回は、子供と触れ合うためだけではなく、教職員の教育活動や校舎の不具合の有無等を観察するという、大事な目的もあるのです。日々の授業観察や子供の様子から、教職員にアドバイスをしたり相談に乗ったりと、学校の教育活動がより良きものとなるよう、目を行き届かせているのですね。

校長先生の仕事は見えにくいかもしれません。
しかし、校長先生は、日々、学校や地域を「見ること、関わること、知ること」を通して、「子供たちが生き生きと充実した学校生活を送るため」「教職員がそれぞれの良さを発揮し充実した教育活動を行うため」に、頭の中をフル回転させているのです。

今度学校へ行ったときに校長先生を見かけたら、気軽に声をかけてみてください。きっと保護者の皆さんにも、あたたかいまなざしを向けてくれることでしょう!

情報発信元

教えて!先生~柏の学校あれこれ~


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート