生きててヨカッタ!

最終更新日 2020年6月15日

ページID 055194

印刷

ああ・・・無事でよかった

あの時、運が悪かったらオレは命を落としてたな

ってコトないですか?

オレはあります

今でも考えるだけで布団の中でプルプルと震えます

布団の中って不思議ですよね

目を閉じると突然、過去のことが蘇る

ああ・・・恥ずかしい

あの時、なんでオレあんなコト言ったんだろ?

ってフイに思い出して布団の中で身悶えする

よし!イイこと思いついた!オレって天才!

と、布団の中で一人ニヤニヤする

つまり・・・布団は脳を活性化させる

もしくは暗闇で視界ゼロ環境なので

視覚に使われるエネルギーが思考回路に注入される

ではないのではないか?と思われるのではないかと存じます(適当)

さて、冒頭の「運が悪かったら命が・・・」の話ですけど

そうアレは1976年、オレが高校一年16才の時です

原付免許を取得したんですよね

バイクは買わなかったんですけど乗ってみたかったんです

で、友達にスズキ50ccを借りて走りました、国道6号

バイク00


当時はまだヘルメット着用義務は無かったんです

Tシャツ一枚、ヘルメット無しで

国道6号を原付でフラフラ走る初心者

16才は怖いもの知らずです

ゴォォォォォ~~~~!

すぐ横を大型トラックが猛スピードで抜き去る

運転してる自分も「これは危ないな」と、うっすら感じてはいる

でも16才ですからね

最悪の事態ってのを想像できない

ゴォォォォォ~~~!

オレの体スレスレをダンプが通り過ぎる

当時はまだ交通戦争なんて言われた時代の名残もあって

国道6号には危険な香りが漂ってた

今はラーメンの香りが漂ってますけどね

だがしかし、なにせ16才ですから好奇心が先に来る

オレは柏と松戸を原付で何往復もしましたね

もし、もしもだ・・・

あの時、ダンプに巻き込まれてたら

すべって転んでダンプにひかれてたら

ギャアアアアアアァァッァ!

もうね、考えるだけで寒くなります、ハイ

もう一枚、布団持ってきて!

ラッキーだったのはオレが飽きっぽい性格だったこと

1週間でバイクに飽きました

国道6号を何往復かしただけで

もうバイクには乗らず、免許も期限切れで更新せずです

ほんと、免許更新ぐらいすればイイのにと思いますけど

全ッ然、興味が無くなったんでしょう

バイク02
   麻雀したりギター弾いたり忙しかったんですね

そして19才になって普通免許を再取得

で、中型バイクに乗るようになったのは大人になってから

おかげで超・安全運転バイカーになりました

あの時、国道6号が命の大切さを教えてくれたんですよ

いまでも松戸~柏をクルマで走ると

ああ、あのとき転ばなくてヨカッタ

ああ、生きててヨカッタ

と思うのです、メデタシ、メデタシ

(つづく・・・バイクを貸してくれた友達も生きてます)

情報発信元

パッパラー河合の とことん!KASHIWAマイ・ラブ


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート